レア作品シリーズ

オーダーしても、常に手に入るとは限らないのがインディアンジュエリーの醍醐味でもあります。アーティストの感性に任せたその幅を楽しむ、特に石とのバランスはアーティストに任せることが多いのですが、そんな中でできた至極の作品たちが続々と仕上がっています。

まずは、フィリスコーンシスビズビーターコイズを使ったクラスターシリーズ。

ラフのビズビーが手に入ったけど??と聞かれ、ぜひぜひクラスターのジュエリーにしてください!とお願いしたこのシリーズ。これはナチュラルの素材しか使わないフィリスの仕事だからできる作品たち。ピアスやリングでも、ビズビーの渋みとしっかりしたシルバー使いの高級感あふれる作品になりました。レディースのファッションとしてクラスターのジュエリーが人気ですが、こういった一点ものアーティストクラスターもぜひおすすめしたいです。


こちらはハワードネルソン。信頼できるハワードネルソンには今回、ただただお任せで石からイメージを湧かせて作ってもらいましたが、言葉を失うほどの素晴らしい作品に仕上がりました。


ペリーショーティのシンプルバングルもようやく入荷しました。前回この3ラインが入荷したのは7年以上は前のような。

そして新アーティスト、マークアンティアのヘヴィーヘヴィーゲージバングル。とにかくヘビーゲージにこだわるマークは、ガタイがとてもよいケンカが強そうな、でもフレンドリーなアパッチ族。あらゆるスタンプが曲がってしまうという凄腕。

これはぜひ触って感じていただきたい「過去最高のヘビーゲージ」です。

 

デルバートゴードンのバングル

季節の変わり目になりましたね、これから秋冬に向けて使えるシルバー物が新着にどんどんと入荷してます!!

とりあえず、見ていただきたいこの作品たち。

その時にちょっと予算が足りなくても、買わずにはいられないデルバートゴードンの作品。この細工だけに作品を作るのにはとても時間がかかり、でも手を抜くことは絶対にしないまさにシルバースミス、「ザ・職人」

一目見るだけですぐにデルバートゴードンの作品だと分かる、豪華ながらきれいに仕上げられたオールドスタイルです。

裏面は、こんな風にスタンプが施されてます。

デルバートゴードンの作品、店舗にも少しずつ増えていますのでぜひ生でご覧になってみてください。

 

ハリケーン被害とセルフガススタンドの話

テキサスのハリケーン「ハーヴィー」の甚大な被害に胸が痛い毎日です。自然には逆らえないですが、それとは違って北朝鮮のニュースはまた心配です。

アリゲーターやサメが洪水の中に侵入してしまっている地域もあるそうです。駐在日本人の方で避難をしているご家族もいらっしゃると聞きました。被害がこれ以上大きくならないことを祈ります。

ヒューストンという大都市のハリケーン被害で、郵送関係や日常品などにも少しずつ影響が及んでいます。昨日から、ガソリン代が跳ね上がる!とうわさされていましたので一応今朝ガソリンを満タンにしておきました。

そう、アメリカのガソリンスタンドのセルフで日本のクレジットカードを使おうとすると、ZIP(郵便番号)を入力する画面になり、日本の郵便番号を入れても使えない。。。どうしたらいいのですかという質問を時々受けます。

国際カードはセルフのガソリンスタンドではどうやら使えないようです。駐車してガソリン台の番号を覚えて、満タン=「Number 3 Full if Up」と店員さんに、伝えてカードを通してもらい、入れ終わったらまた中へ、「レシートプリーズ」

せっかくのセルフで外で終わらせたい所ですが、現金でも中に入らなくてはいけないのでどちらにしても店員さんとの会話をしなくてはならないようです。使えるところもあるのかもしれませんが、ニューメキシコでは今のところ聞いたことはありません。そんな豆情報でした。

ロンベドニーの新作、入荷してます。

いつもの表情とは少し違った一点ものとなってます。