アーティストインタビュー ハーヴィーメイス

週末、ハーヴィーメイスの所へ行きインタビューをしてきました。

ハーヴィーとマライカ駐在は長い付き合いなのですが、実は作る所をしっかり見たのは初めて。改めて、ずっと変わらずに人気の作品を作る理由が分かりました。

 

アメリカ駐在(アメ駐):今回は製作風景も見せてもらいながら、色々話を聞かせてください。まず、ハーヴィーがシルバースミスになったきっかけは何ですか?

ハーヴィーメイス(以下、ハーヴィー):始めたのは・・・1972年、16歳の時だったかな。最初は兄であるTedに習って始めたんだ。一番初めに、一番難しいロウ付けの技術から教わったんだ(笑)。そこから色々なトレーディングポストに商品を作るようになった。

最初、1970年代は特に石ものがとても流行っていたし石が安かったから、今のフェザーではなくて石ものやスタンプワークを作って売ってたよ。

アメ駐:いつからフェザーのデザインを作るようになったんですか?

ハーヴィー:正確には覚えてないけど、1980年代に入ってからかな。リーフのモチーフが人気で、それをたくさん作っていたからそこからフェザーのデザインを思いついたんだ。リーフとフェザー、同じように見えて作り方が実は少し違うんだよ。それは企業秘密(笑)。

僕はその頃アート(絵を描く方の)もやっていて、それで鉛筆でフェザーやイーグルの絵を描いていて、それをそのまま小さくしてシルバーワークにしたのが始まりかな。

アメ駐:へぇーそうだったんですね。だから色々なデザインが作り出せるんですね。

ハーヴィー:絵を描いてそれを作品にしようとすると、その絵のままのカーブと質感をシルバーに描き出さなければいけないから、僕はまずその作品ごとに合うスタンプを作ることから始めた」んだ。

同じように見えても出来上がりの大きさが違うから、リング、ペンダント、ピアス、それぞれ違うカーブのスタンプを使っているんだよ。

アメ駐:そうだったんですね!だから仕上がりの時に同じようにフェザーの質感を出せるんだ、なるほど。イーグルフェザーのモチーフを作る作家は多くいると思うんですけど、「ハーヴィーにとってのイーグルフェザーの意味」というのはどう考えていますか?

ハーヴィー:うーん、イーグルフェザーの意味というのは「プロテクション(身を守るもの)とグッドラック(幸運)」ネイティブアメリカンのダンスで衣装にイーグルフェザーを使うけど、ダンス中にイーグルフェザーが落ちてしまったら、ダンス全体がストップして、そのフェザーを浄化して着け直さないといけない。それぐらいイーグルフェザーというものはネイティブアメリカンにとってパワフルな意味を持っているんだよ。

僕の作品には、必ずイーグルフェザーの「テール」がついているんだ。

アメ駐:羽根の上のぐるぐるのワイヤー部分のことですね??

ハーヴィー:そう僕はこのテールがついていると、「Alive(生きている)」、ついていなければ「Dead(死んでいる)」と解釈している。だからこのテール部分をつけるときにフェザーに命が吹き込まれてそこにお守りや幸運をもたらす力が付けられると考えてるんだ。だからワイヤーを一番最後に巻くんだよ。

アメ駐:なるほど、すごく興味深い話です。ハーヴィーは他のアーティストの比較とか何か他に考えてることはありますか?

ハーヴィー:ゴールドフィルドを使ったコンビネーションの作品は他の人と違うところかな。

アメ駐:確かに、コンビの色味はとても人気ですもんね。

そしてここから、このテーブルから、ハーヴィー一人の手からこの作品がすべて作り出されているというのがとても感慨深いですね。たくさんオーダーを受けて市場に出ると、作家による「ハンドメイド」というところがあいまいになりがちですからね。

ハーヴィー:そうだね。オーダーをたくさん受けて値段を落とさないで作るには効率化しなきゃいけないけど、質を落とさないためには細かいところに気を配らなければいけない。

アメ駐:なるほど。

ハーヴィー:フェザーのデザインはたくさんの人がコピーして作っているけど、その細かいこだわりがない作品はやっぱり魅力的じゃないと思うよ。

アメ駐:確かに、そういったこだわりがあるから長い間人気でいられるんですね。

ハーヴィー:もうでも僕も歳だから、娘と息子たちに技術を教えてるんだ。

アメ駐:そうなんですね、とても楽しみです。私も今後に向けて色々新しいアイディアがわきました。ありがとうございました。

 

「信念とこだわり」というのはどの作家にも共通することだなと思いました。

ハーヴィーメイスの作品はこちらから。

キーヤジーの世界

マライカインディアンジュエリーのツイッターアカウントで新着情報やうんちくなど流していますのでぜひフォローしてくださいね!

新着アップをした、キーヤジー

彼の何がすごいかって、その多彩さにつきます。

 

ちょうど今日、キーヤジーの作品が好きで好きでたまらないアメリカ人のお客様とお話をしたのですが、何が一番好きなんですか⁉って聞いてみたら、「すべてが一点もので、全部の作品にインパクトがあるところ。」だそうです。

(ちなみに彼女は大ぶりのローンマウンテンの稲妻デザインのバングルをしています。)

一個の作品だけを見ると伝わりにくいのですが、こうやってたくさん入荷したときにその多彩さが分かります。

しかも、私たち日本人が小さいアイテムが着けやすくて人気ということを言わなくても知っているので、ちゃんと、マライカ用に小さいアイテムで着けやすいものを持ってきてくれるんですよね。アメリカ人の好みは大きくて豪華なものなので、通常はそういうものをカスタムオーダーで作っているんです。

しかし今回したものは全部、サイズなどオーダーで指定したものではなくて、キーヤジーが作って私たち用に持ってきてくれたものです。なので、「このサイズ感のキーヤジー」というのですでにレア。

一見見ると「インディアンジュエリー」というカテゴリーにはハマらないかもしれないけれど、よく見るとハンドメイド感や砂漠のデザインなどがネイティブっぽい。

新着の作品はこちらから。

現在大急ぎで出荷準備中。一部チラ見せ。

 

 

 

ハードミュージアム報告

フェニックスから一転、まだ寒いギャラップに戻ってきました!

ハードミュージアムは、ジュエリー部門一位、

リズウォレス!!

ボロタイ部門2位、ベネットカゲンヴェマ

ブレスレット部門2位、スティーブアルビソ

ショーにはいつもの顔ぶれがそろいましたね。

アーニーリスター

フィリスコーンシス

ハリソンジム

サンシャインリーブス(カッコつけてます)

ジェラルドロマベンテマの奥さんと娘さん。

 

オールドスタイルからコンテンポラリーへ、そしてまたオールドスタイルへ復帰したり、そのままコンテンポラリーを貫いたり、

アーティストの個性がどんどん出てきたなぁという印象でした。

少しオーダーと買い付けもしましたよ!

ダンジャクソン新入荷

今週は年に一回の確定申告の返納金があったり、今日は3月1日で年金支給日ともあり、この田舎町ギャラップもなんだかごたごたしています。

そんな中、早くも今週末はハードミュージアムのショーとなりました!

ハードミュージアム! Part.1

何か新しいものがないか、毎年楽しみです。

 

さて、前回のアーティストインタビューを、マライカHPのインタビューの方にも掲載しました!

かなりいい感じでまとめてもらいましたのでこちらもぜひご覧ください!

同時に、ダンジャクソンの細身リングとポストピアスも入荷しています。

 

 

雪の恵み

今日は大雪、モンスターストームというものが来ています。

学校も銀行も、ウォルマートもお休みだそうです。

そんな中、二時間かけてきてくれた人。

「こんな雪たいしたことない!昔はこんな雪の中でも学校に行ったもんだ・・・。」ハーヴィーメイス

雪でも映えるジュエリー。

数はたくさん作っているので信じてもらえないことが多いのですが、これはすべて彼一人の手からハンドメイドで作られています。

 

さぁまだ大雪警報が出てるし、早く帰ります!!

皆様良い週末をお過ごしください。

新入荷、ジョー&アンジー

先週の金曜日から雪が降ったりやんだり。三連休の週末でしたがどこにも出かけられずおとなしくしていました。今年は雪が多い冬。

ちょうどホピでは大きな儀式が行われていたので、「雪の恵み」はそのせいかもしれません。

さて、新入荷はこちら。

どどーんと一気に明るくなる、ジョー&アンジーレアノのモザイクインレイの作品。

いつも明るい夫婦から出来上がる、気分が上がる作品です。

シェルを主体にしているので、手間はかかっているもののシルバーの細工ものよりもお手頃で、しかもエスニックやナチュラルテイストのスタイルにとてもよく合います。

「インディアンジュエリー」感よりも、「ナチュラル感」があるのは古い古い手法を使って作られているジュエリーだからかもしれません。

 

久々!サントドミンゴモザイクインレイ

海と貝殻の結婚式

新入荷、レイアダカイ

HAPPY VALENTINE’S Day!!!

早朝にナバホ族の母にもらったお花とチョコレート。女性から女性にもギフトをあげてハッピーバレンタイン!!!っていう文化、素敵ですね。

 

さて、今日はレイアダカイの入荷のご紹介です!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ナバホ族、ニューメキシコ州ギャラップ出身のジュエリーアーティスト。父Jack Adakaiは1960年ごろから長きに渡り活躍し伝統的手法で知られた名職人。父からシルバーを学んだレイは道具全てを自身の手で造り、ナバホの伝統的生活の中でジュエリーを製作しており、ファッション界でも多く取り上げられる独特の美学に満ちた作品を生み出している。

『Double Stamp』と呼ばれる両面スタンプワーク作品のシリーズが人気が高く、日本では特に注目度の高いアーティストである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

表も裏もスタンプが入っていて、表にはバンプアウトが入っているという一見、え⁉って思うこのスタイル。

実はスタンプを施したシルバーの二枚重ねになっています。

最近ではインレイとのコラボワークも人気です。

 

これはヘアバレッタ。バレッタはかなり貴重だと思います。

素朴なスタンプワークがいいですね。

亡きアーティストのコレクション

今日私たちのもとにやってきたこのコレクション。

2017年に73歳でこの世を去った、Orville Tsinnieの石のコレクションです。

オーヴィルはヘビーゲージのシルバーを使い、「伝統的なナバホ族の仕事」でありながらもただのナバホのジュエリーという存在感を逸脱した作品を多く作っていました。

その中でも彼が好きだったのが、大きな石を使った作品。

シンプルながらも存在感は抜群で、でもごつごつしすぎた感じがしない作品。

彼が長年集めてきた石を、奥様が「誰か使える人がいたらぜひアーティストに使ってほしい」と持ってこられました。

たくさんのアーティストを見てきましたが、こんな量の石を持っている作家を見たことがありません。

特に大きなキャブは近年本当に目にすることができなくなってきました。

大きなターコイズの母岩自体がまず見つからないという理由が大きいですが、それに合わせてターコイズの金額が高くなってしまって、大きくカットすると高くなって売れないからあまり大きくカットする人が少ない、というのもあります。

オーヴィルの奥様ダーリーンは、「彼が一番作るのが好きだったのはこういう大きな石を使ったすごく重量感のある作品だったのよ。」と言っていました。

早速、サンシャインリーブス、エディソンスミス、スティーブアルビソが石を見て、それぞれ作品を作ることが決まりました。

こんな風にアーティストのコレクションを他の作家に譲り、新しい命を吹き込むお手伝いができるということにとても感無量の本日。

ちなみに写真はすべてロイストンターコイズですが、パイロットマウンテンやキングマンもお譲りいただきました。

 

ちなみに亡きオーヴィルの作品は、この若手アーティスト、アルバートリーの作品とどこか似ているところがあります。(だからアルバートリーの作品に惹かれたのかもしれません。)

アメリカのバレンタイン

そうツイッターでもつぶやいた通り、アメリカのバレンタインデーは、日本でいう恋人たちのクリスマス的な感じです。

チョコレートというのもありますが、

いわゆる「本命」の恋人や家族にはジュエリーなどのギフト、バラの花束などを贈るのが一般的。

ちゃんとしたレストランはカップルの予約でいっぱい。

 

バレンタインデーは日本では「女性から男性」というイメージがありますが、アメリカには「ホワイトデー」というものが存在しないので、バレンタインデーはどちらかというと男性が女性に何かを渡して愛を確かめる日

前日になって焦ってギフトを買っている男性をよく見かけます笑

(これらのバレンタインの写真はアメリカの最大スーパーマーケット、ウォルマートの本日の様子。子供たちにもバレンタインのカードやチョコレートを渡すんですよ。)

Happy  Valentine’s Day!!ってメッセージを添えて、男性女性にかかわらずギフトを渡しあう。

定番のチョコレートもいいですが、今年は一味変えてギフトを贈り合うっていうのはいかがでしょうか??

比較的お手頃価格のジュエリーもオンラインショップに揃っています。

ギフトジュエリー特集はこちらから。

 

ジェラルド新作入荷

アーティストインタビュー記事、再びたくさんの方に読んでいただきありがとうございます!

その間にたくさんの入荷がオンラインショップに入っているんですが、全然紹介できていません。笑

その中の一つ、久々にどんっと入荷したホピ族、ジェラルドロマベンテマの作品。

ジェラルドのモチーフはキュートで人気です。

色々なスタイルを作るジェラルドの作品はすべて一点ものなので、定番物も、少しアートな一点ものも、全てが少しずつ違ってそれがいいところです。

ホピのジュエリーは奥が深いです。

ジェラルドのお宅訪問の記事↓

ジェラルドお宅訪問