現地レポートはツイッターからお届けします。

マライカインディアンジュエリーツイッターから、最新情報をお届けすることになりましたー!フォローお願いします。

 

アイコンはクラスターを施したマライカ象。

世界の民芸、工芸品のすばらしさを伝えるマライカです。

 

ではサンタフェインディアンマーケットに行ってまいりまーす!

8月はネイティブアメリカンの夏祭り。

フィデルバヒという人

「表に出ない巨匠」というにふさわしいフィデルバヒ

彼の作品がオンラインストアにアップされました。

まずは彼の経歴から。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1949年生まれのナバホ族。アリゾナ州セブダカイで育ったフィデルバヒは、2人の姉妹と5人の兄弟の8人の子供の長男です。24歳で銀細工を始め、彼自身の創造的な才能からデザインされる伝統的なナバホ族スタイルのジュエリーを作り続けています。

1976年にプレストン・モノンギはフィデルを弟子として受け入れ、職人になるための基礎と技術を教えました。 10か月の見習いの後、フィデルはサンタフェインディアンマーケットでジュエリーを持っていき、エントリーしたすべての作品で受賞しました。

クラフトの基礎を学んだ後、彼はビクター・ベックと見習い、現代のスタイリングを学びました。チャールズ・ロロマは彼の作品のインスピレーションでもあり、フィデルに彼の芸術を新しい方向に導くためのアドバイスを与えました。

溶接学校に通っている間、フィデルはエジソン・スミスと彼の親戚のウィルソン・ジム、トーマスカーティスに会いました。彼らにインスピレーションを受けて、伝統的なデザインを作品に戻しました。それ以来、フィデルは品質、一貫性、独自性、文化的および芸術的価値に重点を置いてきました。

長年にわたりサンタフェ・インディアン・マーケットで多くの作品に参加し、1991年まで1位のリボンと2位の2つのリボンを獲得した後、競争に戻らないことを決めるまで毎年リボンを獲得しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インディアンジュエリー界では知らない人はいない、名だたるアーティストたちと共に仕事をしてきたフィデルバヒ氏。

「お客様に伝統を届ける」という一貫性があったので、アメリカでも自身が信用できる数少ないギャラリーでしか取り扱いがなく、それなのになぜか自分の作品は日本にたどり着いているということを疑問に思っていたという彼。

「伝統の継承」「インディアンジュエリー界の底上げ」という使命も持っていて、彼と話すと背筋が伸びる、そんな素敵な魅力があります。

デザインが簡単にコピーできる今、「伝統的」というものの価値がよく分からなくなっている。

「売れるか売れないか」の前に、「伝統を継承する」「アートをつなぐ」という使命がある人がアーティストだ。

フィデルバヒの名言はまだまだ続きそうです。

8月はネイティブアメリカンの夏祭り。

アメリカ、ニューメキシコ州では今週、来週とお祭りの賑わいをみせています。

ギャラップではセレモニアルというお祭りが今週末行われ、

 

来週は、サンタフェインディアンマーケット。

↓2018年

インディアンマーケット

↓2017年

インディアンマーケット

 

アーティストたちもせっせと作品作りに励みます。

サンシャインリーブスのコンチョベルト、スタンプワークを施したところです。ここにセットする石を選んでいました。

この時期のお祭りには、ニューメキシコ州近辺の人だけではなく全米のネイティブアメリカンのアート作家が集まります。

というわけで8月は全米からたくさんのお客様やコレクターが集まり、アーティストにとっては寝る間を惜しんで働きづめになるという一年で最も忙しい月。

お客様や地域の人々にとってはお祭りですが、アーティストにとっては多忙を極める時期でもあります。

フェアにお越しいただきありがとうございました。

ご無沙汰しております、ニューメキシコ州に帰ってきた駐在Rです。

時差ボケ真っ只中ですが、帰ってきて早速、メキシカン料理を食べました。

 

お礼が遅くなってしまいましたが、心斎橋店、青山店のフェアにお越しいただいたお客様、本当にありがとうございました!!

 

気づいたらこんなレポートが出来上がっています。ありがとうございます。

Steve Arviso in AOYAMA 2019 イベントレポート

 

青山店のカウンターを直していたとは(笑)

 

アーティストを日本に招くと毎回学びが多いです。

現地にいると当たり前のことでブログや口頭で説明してもまだまだ伝わっていないことも多いなぁと実感します。

どこからどこまでが手仕事なのか、なぜそこを手仕事で作るのか、ほかのアーティストとこの人の違いは何か。

感覚的にとらえているこういった少しの違いを言葉にするのはとても難しいのですが、その部分をもっと届けていきたいと思っています。

アーティストインタビューはその一環で、知ることができないアーティストの姿が覗けると思いますのでぜひ見てくださいね!!

お客様と直接お話しできて私自身もかなり充電され、新しいアイディアもたくさん生まれました。

 

以下、STORYの青山店店長さんからの素敵な言葉。

Dear Steve Arviso
また来てください 。あなたの作る力強くも落ち着き払った佇まいのシルバーワーク、
またターコイズなど石との調和からは、言葉が必要なくなる気品が生まれ、身に着ける私達の背筋がシャンっ!とします。
ありがとうございました。
from 青山店 担当 N