ハーヴィーメイスのメイキング動画

こんにちは。

久々のSouthwest Channelのアップ、第一弾は待望のハーヴィーメイスとなっております。

フェイスカバーをしながらの彫金風景っていうのも、なんだか不思議でありながらでもこれを画像に残すことの意味もあるような。。。

たくさんの数をリーズナブルな価格で提供してくれるハーヴィー。だからこそ本物かどうかとか疑われることもありますが、こうやって一つ一つ羽を刻んでいるんですよ。そしてリングとバングル、ペンダント、さらに形によって微妙に違うカーヴのラインスタンプを一つ一つトントンと刻んでいきます。

ハーヴィーの作品を持っている方はとても多いと思います。

こうして作られているんだというのを知ると、やはり改めて感銘を受けてジュエリーを磨きたくなります。メイキング動画、ぜひゆっくりご堪能ください。

さてアメリカでは今週は明日、午前中だけで閉まるお店が多いです。

次の日はサンクスギビングデー。

別名、家族で集まって七面鳥を食べる日。今年は約2年ぶりに帰郷して家族に会うという人たちも多く、飛行機もかなり混雑している様子です。

そして金曜は日本でも知られてきた「ブラックフライデー」、月曜は「サイバーマンデー」

オンライン商戦が激化して、これからは完全なるクリスマス一色になっていきます。

こちらは2年前のサンクスギビングデー。

七面鳥に欠かせないのはマッシュポテトとグレイビーソース。

ネイティブ式なのは横に「グリーンチリ」奥に見えるのは「マトンシチュー」

そして欠かせないのはフライブレッドまたはトルティーヤ。

日本では感謝祭の文化はありませんが、この日はどこでも

「Happy Thanksgiving Day!」というフレーズで溢れる1日となります。

インレイバングル入荷

インディアンジュエリーの手法といえば、スタンプワーク、インレイ、ヒシ、オーバーレイ、ニードルポイントというのが王道の手法ですが、そのうちのインレイワークに従事する作家は本当に減ったなという印象があります。

マライカでも人気のストーンウィーバー社のジュエリー。

 

コロナでのロックダウンにより、この会社もロックダウンして1年弱作品を作ることができませんでした。インレイの作業は一つの場所にたくさんのインレイヤーと呼ばれる職人が作業台を並べてやるものだったので、そういった人が密になる作業はできなくなってしまいました。

その後再開したものの、40人近くいたインレイヤーのうち戻ってきたのは一人。現在はインレイのジュエリーはほとんど作ることができていません。

これはストーンウィーバー社に限らずの話です。コロナの他にもたくさんの理由があるとは思うのですが、手間ひまのかかる手作業の仕事をそれなりの価格で提供することができるという時代は終わりつつあるのかもしません。

今まではどのインディアンジュエリー店にいっても見ることができたインレイジュエリーは、どんどん貴重なものになっています。

こちらは新入荷で、ウェインマスキットというナバホ族のアーティストから直接仕入れているものです。「ターコイズだけ」「マルチカラー」とか色を相談しながら一本一本作ってもらっています。石の選び方がしっかりしているのはもちろんのこと、シルバーの厚みがしっかりしているのも彼の作品の特徴です。

 

 

その他今後はなかなか見られなくなるであろうインレイの作品、オンラインショップにたくさんアップしています。

マライカの店頭にもまだインレイの作品はたくさんあるかと思いますが、ターコイズものやシックなカラーのものはスタイルを選ばずに付けやすいのでオススメです。

一つ一つ石をカットして合わせていくインレイワーク。見た目だけ見ると簡単なように見えますが、よく見てその手間を想像してみると鳥肌が立つぐらいです。

 


 

 

年末に向けての新入荷

ニューメキシコ州はサマータイムが終わり、本格的な冬へと突入していきます。薪をいっぱいに詰んだトラックを見ながら、我が家も早く薪割りをしなければと焦っている今です。

今はというと、ギフトのお問い合わせやその出荷準備に追われています。

アメリカ国内の物価高騰はニュースでも見ることがあるかもしれませんが、ガソリン代だけならずナバホネーションの屋台のメニューまで総値上げするぐらいにネイティブアメリカンの地もインフレが進んでいます。

労働者不足により時給も軒並み上がり、材料も軒並み値上げし、その中で「インディアンジュエリーを作る意味」を確保していくのが本当に大変になってきています。ジュエリー店では在庫がどんどんなくなっていく店が多く、この先にどういう未来が待っているのか少し不安を抱えているインディアンジュエリー界といった感じです。今は本当に、日本のインディアンジュエリーの在庫量と価格にはアメリカも勝てないのかもと思うぐらいです。

そんな中ネットショップでは、ここ現地ニューメキシコ州にいても今ではほとんど手に入れられることができなくなってきたズ二のインレイものが新着です。

今後このような価格帯では絶対に仕入れることはできないと言い切れる作品たち。

こちらはハーランandモニカ コーンシス夫婦の作品ですが、最近はこういった凝ったインレイはほとんど作ることがなく、シンプルな2色とかのものが多いです。年齢を重ねて視力が衰えてくると、やはり細かいものがだんだんと作れなくなっていきます。

「象嵌」

というと伝統工芸感が増しますが、インレイはまさに手間ひまのかかる伝統工芸です。それをオシャレに身につけられるというのがインディアンジュエリーの一番の魅力。

個人的に最近は、あえてズニやホピのジュエリーをコーディネートに取り入れるようにしています。身につけてみると改めていいなーと思い、こういったジュエリーを残していかないとと思えたりします。

引き続き人気のネックレス

こちらニューメキシコ州、今朝はマイナス3度、昨日は初雪が降りました。

例年寒さ自慢になってますが、今年は「夏の間多かったから寒い冬になる」と多くの人が言っています。そこに根拠はないみたいですが、ネイティブアメリカンの間ではそういう風に言われているそうです。

早くも雪が降り、薪を売る人が増え、今月末のハロウィンを飛び越えてすでに店頭ではクリスマスデコレーションが始まっていて、パンデミック禍から少しずつ回復しているアメリカではクリスマスの商戦がすでに開始しています。

今日は再びたくさんのジュエリーを送り出しました。

この頃メンズもレディースも限らずネックレスが人気です。もちろんペンダントにチェーンでネックレスにするというのも定番ですが、インディアンジュエリーのネックレスはやはりインパクトがあって、これからの季節に一本着けるのに重宝します。

ハーマンスミスのネックカフ。見ているだけではわかりにくいですが、着けてみるととても首周りにしっくりきて、病みつきになる作品。

最近は大きいものや細かい作品を作る人がどんどん減る中、「昔はあったけど今は全然見ない」という作品をもう一度作ることも伝統工芸を守る使命であったりします。

こちらもその一つ。

大振りのコンチョネックレス。アメリカではこういう作品をつけていると、「ステキだね」と地元のスーパーのレジのおばちゃんとかに声をかけられます。

大振りだけど、重すぎないのがポイント。シルバーの厚みをどのぐらいにするか、デザインをどうするか、石をどれにするか、全てアーティストと相談しながら出来上がった作品です。

 

Zuniのニードルポイント、クラスター作品は顕著に少なくなっているアイテムの一つ。作っている人のほとんどが、おばあちゃん世代。

アメリカではすでにどんどんと価格が高騰していますので、日本にある作品の方が安いんじゃないかと思うものもたくさんあります。

いつでもあるように見えますが、全てが一点もので「財産としてのジュエリー」だということを時代が変わっていく中で改めて感じることができます。

 

こういったターコイズのシンプルなネックレスというのも敢えて作らないとないという今。こちらは今まで見向きもされなかった緑色のスリーピングビューティのナゲットだけを集めて作ったもの。スリーピングビューティはもう閉山していますので、「安くていつでもある」というイメージのスリーピングビューティの姿はもうアメリカにはありません。

 

メンズにもネックレスは人気です。ナジャ、ハンドメイドビーズのもの、一本でネイティブ感、ビンテージ感の出るロングネックレスなど、夏の間は短めにつけていた方は一本長めのネックレスを試してみることをお勧めします。

最近の買い付け裏話

こちらNM州は連日雨が降っています。急激に寒くなってきて、明日から10月というのをしっかりと肌でも実感できるような気候。

コロナと共生しながらもジュエリーを見に来られるお客様も増え、アーティストも少しずつペースを取り戻しつつありますが、やはりインレイやニードルポイント、クラスターなどの手の込んだジュエリーの作り手はみるみると減ったなと思います。

お店やネットショップに到着する商品のほとんどにどうして買うことになったかというストーリーがあるわけですが、売れるだろうというよりもパンデミック禍でのアーティストとの付き合いの中で買う流れになったという作品もたくさんあります。

こちらは先日、ダレルキャドマンが持ってきたリングたち。

こんな風にサイズを表記してることに感心して思わず写真を撮りましたが、これはこれからハンティング(狩り)に行くための資金稼ぎとして急いで仕上げる!と持ってきたもの。オーダーではないのですが、このリングはとても人気があるのでよしとしました。狩りでエルク(大鹿)がとれたらエルクのジャーキーも持ってきてあげるというおまけ付きです。

先週も弓での狩りに行ってきたところでしたが、残念ながら仕留めることはできなかったそうです。来月は銃を使った狩りのライセンスが取れたということで(こちらは抽選です)来月も半分ぐらいは家にいないそうです。

出来上がりはこの作品になります。

シルバーのものが人気なのでシルバーばかりオーダーしてしまうのですが、「たまには石付きももっと作りたい」とダレル自身が言っていたので、石付きのスタイルもオーダーしようかと思っています。

同じくハンティングシーズンになると、そのために作品を作るアーティストはこちら。

大体いつでもハンティング用の服を着ているハーマンスミス。

伝統的な弓矢を使ったハンティングをするハーマンスミス。そう考えるとハーマンが作っているこれらの作品の見方が変わってきますよね。

ハーマンの家に行くと、いつも奥さんがエルクで作ったシチューを出してくれます。(というかいつもリクエストしてます。)

冬の間の食べ物を確保するための狩り。そのためのジュエリー作りです。

 

そして最後はベラタワホングバ。

一つ一つのカットの細かさは、個人的にはホピのオーバーレイアーティストの中でNo. 1だと思っています。その分お値段は高いけれど、同じものは二つはなく、全てフリーハンドでカッティングされているその技術と込められている祈りにお金を払っているという感じ。

モチーフは本当に独特だけれど、それこそがホピの伝統であり、家族とは全てホピ語で会話してカチナのモチーフや伝統的なモチーフを刻み続ける姿はいつも圧巻ささせられています。

一体ずつ違うフルートプレーヤー。絵を描くようにカットされた作品たち。

ベラは今年の春、持病から片足を切断せざるを得なくなってしまいました。急なことでベラ自身も今でも車椅子生活に体を慣れさせているところ。ジュエリーをカットする集中力と手の力も一時期なくて、次にいつ作れるかわからないという状況でしたがここ最近はまたジュエリーを作り始めています。

状況の変化でメンタルバランスを崩し全てに気力がなさそうだったベラ。それでなくても数少ないホピアーティスト、優秀なアーティストは一人欠けたらとてもとても残念なのでずっと励まし続け、家族の支えでなんとかジュエリーを作っています。

ホピの儀式も、現在少人数制で行われているそうです。

みんなで回して使うパイプも、一回一回消毒して使うとか。それでも儀式を行わなければいけない理由は、人々の幸せを祈りたいからだそうです。

 

ブルースモーガンバングルの色々

こちらニューメキシコ州は秋模様。フリーマーケットにはたくさんのトウモロコシやスイカ、スクオッシュと呼ばれるたくさんの瓜を売るネイティブアメリカンの姿でいっぱいです。

10月になると売り場はハロウィン、そしてもうクリスマスのデコレーションが所狭しと飾られるようになっています。一年の早さを実感するこの時期です。

さて、銀価格、金価格の上昇とともになかなか入荷することが難しかったブルースモーガンのバングル。

定番の6ミリ、8ミリ幅では物足りないという方には是非是非この機会に見ていただい幅広のバングルがたくさんオンラインショップに入荷することができました。

これからの季節、肌寒いけれど朝冷やっとするシルバーバングルを身につけて、それがだんだん体温に馴染んでくるその感覚がたまらなく好きです。

 

シンプルなスタイルから、スタンプワークびっしりのスタイルまで。こんなに幅広のバングルが勢揃いするのはオンラインショップ初です。

一点着けるだけでスタイルの格が一気に上がる、幅広バングルです。

プチシルバーもの入荷

お久しぶりです。更新をしばらくサボってしまいましたが、こちらニューメキシコ州はすっかり秋に差し掛かってきました。

と言っても日中は25度以上になるので、朝晩はジャケットを羽織り、昼はエアコンをかけて仕事をしている毎日です。

どんどんと規制がなくなり、マスクをしているという以外は本当にパンデミック禍というのを忘れそうになるアメリカの今。その中で開催されたインディアンマーケットは相変わらずの盛況ぶりでしたが、やはり例年に比べて人の数は少なくまだまだ本調子じゃない少しいつもとは違うインディアンマーケットでした。

そしてインディアンマーケットの翌日から、再びYoutubeチャンネルの撮影をしていました。まだ動画を出すのは先になると思いますが、たくさんの新しい技法やアーティストの背景などを勉強させてもらいあらためてインディアンジュエリーの素晴らしさを伝えていきたいと思ったこの頃。

 

夏が終わり、秋冬に向けてシルバーものが入荷しています。

こちらはジェニファーカーティスの作品。これが入荷した時はまだパンデミック真っ只中で会いに行って受け取ることも憚られたので作品を送ってもらったのですが、連日ジェニファーから「着いた?」「見た?」と電話がかかってきました。

新作のピアスを送ってくれたというのは分かっていたのですが、開封して即ジェニファーに電話。

「このピアス、すごい!」

「そう、初めて作ったし多分今後作ることはないと思うよ」とジェニファー。めちゃくちゃ手間がかかっているし、いつもとは違うフープタイプでスタンプの柄もとても豊富。


写真をクリックすると他の柄も見られますのでどんなスタンプが入荷しているかぜひ見てみてください。

これからの季節にさりげなく身につけられる新作。ギフトにもおすすめのピアスは個人的に購入したいのをグッと我慢して日本の皆様の元へ。

 

そしてずっとお願いしていてなかなか仕上がらなかったコンチョも入荷。ヘアタイやキーホルダー、革紐を通してブレスレットにと色々と楽しめるコンチョ。

シンプルに楽しめるインディアンジュエリーも今後たくさん紹介していきます。

明日から始まるインディアンマーケット

早くも八月は半ばですね。こちらは連日雨が降ったり、カリフォルニアの火事で毎日煙かったり、例年にないような局地的洪水が起こったり、毎日天気の変化があります。

こちらニューメキシコ州では再び、店内ではマスク着用となりました。アメリカでも再び感染者数が増え始めていまして、以前はワクチン接種者はマスクはしてもしなくてもOKというアメリカらしい規則だったのですが、再び全員が店内ではマスク着用に。

そんなニュースを見るのが欠かせない毎日に戻ってしまいましたが、なんとか今週末のインディアンマーケットは無事開催できるようです。

サンタフェインディアンマーケット、去年は中止(オンラインのみでの開催)でしたが、今年は約半数のアーティストが参加して開催されます。

アーティストもお客様も誰もが、「行ってみなければどんな感じか分からない」という中で、作品をどれだけ作るか、どれぐらいの人が来場するのか、例年と違うインディアンマーケットはまた一味違ったものになりそうです。

ちなみに例年、この人がリングのカテゴリーの1位をとりました!などとブログで紹介しているのですが、今年は「各カテゴリーでの受賞」というものがなくて、「ジュエリー部門全体」と「ショー全体」の作品での受賞しかないそうです。なので、通常はたくさん紹介できる受賞者というのが今年はかなり難関。

準備時間や会場の人数制限など、例年と勝手が違うインディアンマーケットですが、とにかく再び作家たちの作品を拝めることが何よりです。

こちらは二年前のレポート。

 

インディアンマーケット2019

 

というわけで、いつもは雨がうれしいニューメキシコですが土日は雨が降らないことを祈って、サンタフェに行ってまいります!

 

トゥファキャスト作品

ナバホ族は完全復活!とまでは行きませんが、去年中止になったナバホネーションでのお祭りの一部は再開が決定しています。野外会場がたくさんあるのでイベント自体は日本よりもやりやすいかと思いますが、やはり屋内のイベントはまだ完全復活はしていない様子です。

さて、トゥファキャストの作品もたくさん入荷しているので今日はそちらをご紹介します。

アーロンアンダーソンに、日本のお客様向けで、小さく、細く作ってもらったこちらのリング。

受け取った時に、かわいい!と叫んでしまった作品たちです。

この小ささに、これだけのディテールを詰め込めるのはさすがアーロンのトゥファキャストの削りの技です。

 

そしてこちらはダリルビゲイのトゥファキャスト作品。

主題「ナジャ」サブタイトル「シンプルイズベスト」と言った感じの、言葉はいらない美しさ。

ダリルビゲイの仕上げってどのジュエリーを見ても本当にきれいです。

 

そしてこちらは久々の入荷になるあの人。

 

この作風だと少し分かりにくいかもしれませんが、フィランダービテイの作品です。なめらかなテクスチャーと、残されたラフ感のバランスが絶妙。

下の台形型のペンダントは、カトルフィッシュボーンで鋳造された銀板を使い、スギライトをセットした作品です。実はこのスギライトも近年非常に高価になった石の一つ。深い紫は日本でも高貴な色として昔から好まれていますよね。この色には魅了される人も多いですが、スギライトメインの作品はなかなか見ることができないと思います。

アーティスティックな一点物作品の入荷も久々です。

 

一点物シルバー作品のご紹介

今日もターコイズと格闘しながらオーダー準備。

石と作品を合わせる作業はとても気を遣う作業であったりします。

さて続々とネットショップに入荷している新作、ご紹介しきれていないものがたくさんあるので今回も引き続き作品を紹介していきます。

 

まずはロンベドニーのシンプルバングル。

メンズに絶大な人気を誇るロンベドニー。彼の作品を自分のものにいつかしたいと思っているファンの方も多いと思います。しかし、一度手にしてしまうとそのたまらない重みとスムーズな着け心地に、もう一点、さらにもう一点と欲しくなってしまうのもロンベドニー作品の魅力。

お客様を虜にしてやまないロンベドニー。本当に才能の塊の人だなと思います。

このバングルはゴツめのロンベドニーに慣れている人は少し物足りないかもしれませんが、レディースでロンベドニーを身につけたい方や、ゴツくないロンベドニー作品をサラッと身に着けたいという人にぜひおすすめ。細バングルは実はなかなか作ってもらえず、貴重だったりします。

さらにジェニファーカーティスの一点物作品も入荷しています。

長年住んでいた家がオーナーが変わって引越しをせざるを得なくなり、今は貸しスタジオでジュエリーを制作しているジェニファー。たくさんの道具を引越しして一時期はジュエリー制作ができませんでしたが、落ち着いてたくさんの新作を作ってくれています。

このバングルタイプ、実はアメリカでとても流行っています。(英語だと、開口部のあるバングルはカフ、丸くなっているタイプをバングルと言うんですね、ややこしい。)インディアンジュエリーのまん丸バングルはイメージがないかもしれませんが、今現地で大流行りのバングルを流行りに乗ってジェニファーが作ってくれたという流れ。さらりと一本つけるだけでスタイルが全然違ってきますよ。

 

そしてこちらはノーバートペシュラカイの作品。

シンプルなノーバート作品は、いつ見てもうっとりしてしまいます。

本日最後はこちら、ハリソンジムの作品。

「レイルロード」(線路)と名付けられたこの力強いチゼルワークの作品。

身に着けるだけで力がみなぎりそうな、そんな作品です。

 

アーティストたちはみんな元気に制作をしています。それぞれが家族や親族を亡くしたり色々な経験を経ている人たちもとても多いですが、日本に自分のジュエリーを求めてくれている人たちがいるということは彼らの支えにもなっている気がします。

インフレで銀価格、さらに道具や材料もアメリカではどんどん値上げしているので、ジュエリーも今後少しずつ値上げしていかなければいけないかもしれません。古くていいものはまだまだ店舗に眠っているので、私自身も日本に帰ってジュエリーを買いたいぐらいです。