限定、バグデザインの話②

前回のブログでご紹介した、
限定デザインのバグシリーズ
前回誕生の由来などについて書きましたが、
今回は、こだわって制作してもらった限定作品の製作風景をお届けします。
Studio

自ら「脳」と呼ぶスタジオ。たくさんのものが散りばめられたスタジオは、リンドンの創造の場。

コインシルバーに使うコイン。

シルバープレートを鋳造する様子。トゥファストーンを重ねる。

このカップの中でコインやシルバーを溶かし、重ねたトゥファストーンの間に流し込む。

バグシリーズには、特別に厚みのある銀板を鋳造してもらっている。

ブレスレットになる型のトゥファ。

流し込んで少しデザインしたものを型に戻してもらうと、こうなった。

端のいらない部分をカットし、デザインする。

スタンプを施していく。非常に小さいメタルの上で豪快に打たれていくスタンプ。

頭の中でデザインを考えながら、数えきれないスタンプの中から選んでいく。
どんどん出来上がるデザインの速さは、まさに脱帽。

次回につづく。
商品はこちら、限定デザインのバグシリーズから。

限定、バグデザインの話①


お待たせしました。
LYNDON TSOSIE × MALAIKAの限定デザイン、バグデザインがネットショップに登場しています。
こちらこちらのブログで少しご紹介したバグデザイン
まずはこの作品が誕生した経緯についてのお話です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
○昆虫とのつながり
ナバホ族の古いジュエリー(1920年代ごろまで)のジュエリーには、アリやバッタなどのバグ(昆虫)が登場する。白人トレーダーの登場によって見られなくなったバグデザインは、現在ワシントン州などの博物館に飾られるほどとても貴重なものになっている。
ナバホ族の神話では、現在の世界は5つ目の世界となっている。その1番目の世界はなんと昆虫
の住む世界だった
というところからも、ナバホ族と昆虫とのつながりが見られる。
すべての生き物に意味があるように、昆虫が存在するのにもすべて意味がある。
毒グモを食べる毛虫、家を守る虫など、そういった役割を持つと信じられていた昆虫は昔から人々と近い存在だった。
○リンドンが伝統的手法にこだわるようになったきっかけ
23年前、リンドンのジュエリーのはじめはまずスタンプワークからだった。当初は売れることを優先としたデザインを作っていた。その後様々なアーティストにインスピレーションを受け、インレイやキャストなどコンテンポラリーなジュエリーで名をはせるようになる。
そんな中15年前、博物館で古いナバホ族のスタンプワークのジュエリーを見て、伝統的なスタイルのジュエリーへの感銘をうけ、1年に1作品ほどのペースで、伝統的スタイルへの尊敬をこめて作品を作るようになる
今でも古い手法にこだわっているのは、道具が少なかった時代、工具屋に行くのに2週間ほどかかっていた時代、あるもので代用し最低限のスタンプでジュエリーをアートにしていた先祖への
尊敬が込められている。
今も、コンテンポラリー(現代的)、トラディショナル(伝統的)、両方の手法でのジュエリー製作を行うリンドン。
コンテンポラリーアーティストとして有名になった彼に、伝統的手法をつかうことに対してどう思うか聞いた。
先祖がこれを見ていたら、絶対に笑われてる。たくさんの進化した技術があるのに、なぜそれを使わないのかって。昔は、限られた道具しかなかった。それしか使えるものがなかったから、そういうジュエリーしか作れなかったんだ。」
○デザインの誕生
今回のバグデザインは、バグデザイン、ナバホの伝統的スタイルの巨匠であるマッキープラテロの勧めによって完成されたシリーズ
非常にプライベートな性格で知られるマッキーに認められたリンドンは、彼の製作の様子を見ることが許された数少ないアーティストで、2012年、彼との話の中で、伝統的スタイルとは何か、ただスタンプを打つだけではなく、ジュエリーがアートとして確立するにはどうするかなど、様々な教えを受けた
人のデザインをコピーするアーティストが少なくない中で、コピーではなく、マッキーの許可を得たうえで、彼から受けた感銘を独自のバグで表現しているデザイン。
「伝統的なジュエリーはすべてのスタンプがひとつのデザインとして溶け混み合ってデザインとして美しく見えるものでなければならない。」これはこの作品を通してのやり取りの中で、リンドンが何度も口にしていた言葉。
リンドンの表現するバグは、セミ、カブトムシ、ハエ、毛虫、カナブンなど
もともと実在するバグや神話に出てくるバグを、リンドン流にデザインしたもの。両方に頭があったり、羽がたくさん生えていたり、リンドンらしさが感じられる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんな背景の込められた作品です。
バグデザインについて、まだまだ続きます。
商品はこちらから。

ニューランダーのグレード

今日は「ターコイズのグレード」についてのお話。
ナチュラルターコイズのグレードは硬いほど高いというのはみなさんご存じだと思いますが、
どれくらい硬いのかというのは見た目だけではわかりにくいです。
硬度と色は比例していく事がほとんどなので、「詰まってギューッと密度が濃くなる=硬い」ほど透明感があり、硬いほど濃い色味になっていくのが鉱物のしくみです。
青みやウェブのあるターコイズは比較的見た目にもたくさん比べてみればわかりやすい。
が、色味やウェブの表情など、グリーン系の石、特にニューランダーキャリコレイクはグレードがかなりわかりにくい!個人的に思っていました。
ターコイズを長年カットしているカッターさんでもあり、石のディーラーでもある人に、この二つのターコイズ(カルコシデライト)について勉強させてもらいました。
まずは成分的にはターコイズではなく、カルコシデライトになる、「ニューランダー
様々な表情があり、とても人気のある石です。


↑硬度低


↑硬度中

↑硬度高
この中はすべて「ハイグレード」に分類されますが、中でも

右側の丸4個。
ブラックウェブから染み出るような「ウォーターウェブ」がじんわりとターコイズに染み渡っているのが分かりますか??マニアの中では、ディープブルーウェブ(黒と緑が混じった所が何となく紺色のようなブルーに見えます)と呼ばれていまして、非売品にしているところもあるそうな。
左側の丸の中は、クラシックなニューランダーの見た目です。
こうやって見ると、ウェブの入り方、見た目のプリッと感、色味などの違いが分かりますね。
どのターコイズにも言える事ですが、マトリックスの入り方、ようするに見た目の表情で見た場合はもちろん個人の好みになりますので、

そのディーラーさんは、個人的にはこの硬度は低いと分類される中の石がナンバーワンだそうです。
ちなみに、このニューランダーはネバダから採掘されるカリコシデライトですが、アリゾナからもとれるそうで、アリゾナのものは

こういった表情の物が多いのだそうです。
そういった視点から見てみると、現在ネット掲載中のニューランダーの商品、かなーりクオリティ高いものばかりです。
長くなってしまったのでキャリコレイクについては次回にします!

新作ビズビー

最近ネットに公開された新作たちの中には、ビズビーのアイテムがたくさんあります!!
値上がりを続けるビズビー。
すばらしいハイグレードビズビーをたくさん入手することができまして、たくさんの大作が出来上がりました。ビズビージュエリー放出中です。
どんどんいきます。
商品の詳細は、写真をクリックしてチェックしてくださいね。

Wilson Jimの重厚シルバーバングル。

Leonard Nezのオーバーレイ×ハンドメイドベゼルバングル。

Charlie Johnのハンドメイドビーズ×シャドーボックスネックレス。

Arnold Goodluckのオールドスタイル豪華5個付きバングル。
この色味、何とも言えず魅力的です。

Pat Bedonie

オンラインショップに掲載してます!クールな女性アーティスト、パットベドニー
革ジャンをさらっと着こなしてしまう、ロングヘアーの素敵な女性です。
洗練されたスタンプワークは女性ならではの繊細さがにじみ出ています。
美しいです。

久々に、14金を少し使ったジュエリーも入荷してます。
こちらからどうぞ

新作勢ぞろい

連日、夕立の様に雨が降っていて気持ちのいいニューメキシコです。
さて新着のこちらはもうチェックされましたでしょうか??
ブログでは紹介しきれない、素晴らしい作品の数々がオンラインショップに掲載されましたよ。盛夏に向けて、どんどんなくなっていっていますので、ぜひ早めに見てみてください!
Ervin Tsosieの大作!!

これぞ伝統芸術というアーティストであるエルビン。
以前事故で腰を悪くしてから、彼の製作数はほんとうに少なくなりました。この時も、松葉づえをつきながら持ってきてくれました。

こちらは、カウボーイである彼だからこそできる技。
シルバーのエングレービング(削り)でウェスタンデザインを彫っています。
オーバーレイも見事ですが、こんなエングレービングもできるとは、さすがです。

何とも、品があります。
そういえば最近、少しずつバックルが増えているのをご存知でしたでしょうか??
その中でも、かなり感動したバックルの新作は、こちら。

このディテール、素晴らしすぎです。
Marcusが10年ほど前に作った作品だそうです。

恵みの雨

昨日は、独立記念日でした。
アメリカの独立記念日と言えば、花火。
テレビでも中継で花火大会、ここニューメキシコでもたくさんの花火があがっていました。
が、今年は干ばつがひどく、乾燥が激しい為、火事が起こる危険性がとても高いので花火を自粛する人たちも多かったようです。
今日は本当に久々の、

恵みの雨です。
久々にザーザーと降ってます!雷もごろごろいってます。
コロラド、アリゾナ、ニューメキシコと近辺で大きな火事がまだ続いているので、本当の命の恵みの雨です。
ナバホの人に日本の梅雨について説明したら、ものすごーくうらやましそうでした。所変わればです。
さてもう7月になっちゃいましたが、こちら、結婚式のギフトにも喜ばれそうなウエディングベースです。

ナバホ族の結婚式には欠かせないウェディングベース。
シルバーのもの、陶器の物など種類はいろいろありますが、二人の命が吹きこまれ一つになるという意味があるそうです。
儀式の前に、この中に水を入れ、お互いの手を洗い清める役割があります。
Sunshine Reevesにお願いし、ミニサイズで作ってもらいました。
そしてそして、大阪に新しくオープンしている、うめきた店、ハイグレードジュエリーがたくさん入っています。大阪駅から直結ですのでお近くのかたはぜひ見に行ってみてくださいね!

偉大なアーティスト

まだ信じられませんが、
たくさんの思い出を残し、偉大なアーティストが旅立ちました。
シスター!といつもハグをしてくれて、たくさんのナバホ語を教えてもらいました。
いつまでも、私たちの心の中に。
ありがとう、トーマス。

Thomas Curtis