アーティストインタビュー「ダンジャクソン」

ラグデザインで定番人気となっているダンジャクソン。

御年76歳のベテランアーティスト、Dan Jackson。今年はもうリタイアだと言いながらも、コレクターの熱に押されまだ現役でラグパターンの人気ジュエリーを作り続けるダンジャクソン。マライカアメリカ駐在にとっても、オーダーがなくてもただお店に顔を出して世間話をしに来てくれる、アーティストを超えた存在です。

今日はそんなダンジャクソン氏へのアーティストインタビューを記録しました。(敬語は省いてフランクな形で訳してみました。)


アメリカ駐在

ダンジャクソン(以下ダン)はどうやってジュエリー制作の道に入ったの?


ダンジャクソン

すべて、父のJohn Nez Begayから習い、始めた。父は106歳まで生きたんだ!故トーマスカーティスやウィルソンジムも彼からジュエリーの基本を教わったんだよ。


アメリカ駐在

106歳!っていうと何年生まれ?


ダンジャクソン

たしか一番最後の娘が35歳の時に亡くなったから・・(電卓を手にして計算するダン氏)・・・・1877年!!


ダンジャクソン

その頃は、道具、銀のシートとか何にもなかったから、スクラップシルバーや銀貨を溶かして作る、今でいう本当のオールドスタイル。そこから学んだんだ。


アメリカ駐在

ダンも最初からラグパターンの今のスタイルだったの?


ダンジャクソン

いや、最初はシャドーボックスやカウボーイスタイルのエングレービングっていう表面に削ってデザインを描くジュエリーを作っていた。
今のラグパターンでエングレービングしている技術はそこから来てるんだ。


アメリカ駐在

じゃいつからラグパターンのスタイルになったの?


ダンジャクソン

父が亡くなる前。母はナバホラグのウィーバーだった。そこから、父がラグパターンを作るようになった。父が亡くなる前に、自分にそのスタイルを継いでほしいと言われたんだ。

ナバホラグ
ナバホラグ

ダンジャクソン

実はラグパターンって簡単なようですべて自然が由来の深い意味があって、ここのラインははみ出てはいけない、とか、この形はこうでなければいけない、っていう決まりがある。母にそれを教わり、父にそれをシルバーに描く技術を教わった。


アメリカ駐在

そうなんだ、お父さん、偉大ですね。


ダンジャクソン

私の両親は本当にすごい人たちだった。父はモカシンを作る人でもあって、とても伝統的な暮らしをして、母はラグを織って、ものが必要だったらそのラグをトレーディングポストにもっていって食料とトレードしたし、羊を飼ってトウモロコシを育てていたから食べるものはあった。


アメリカ駐在

ザ、ナバホの生活ですね。他にお父さんの教えで引き継いでいることはありますか?


ダンジャクソン

父がジュエリーに関していつも言っていたことが二つある。
「Never Go Light」軽いほうに逃げるな。と、「Never make too much」多く作りすぎてはいけない。ということ。


ダンジャクソン

軽いほうに逃げるな、というのは銀(シルバー)を銅にしたり、ゲージを下げて薄くするということ。私は一番最初にジュエリーを作り始めたときから、シルバーとゴールド以外触ったことがない。ニッケルや銅では絶対に仕事をしない。そしてシルバーの値段が上がっても下がっても、同じ厚みで作り続けている。それは父の教えがあるからで、だからこそ長年使い続けることができる作品になると自分も信じている。薄いシルバーで価値の低いものものを作るのではなく、厚みを確保して家宝になるジュエリーを作る。


アメリカ駐在

なるほどー!すごい深い。


ダンジャクソン

多く作りすぎてはいけない。と言うのは、ジュエリーを作ってお金に換えるというのはあくまでも家族を養うための手段だということを忘れてはいけないという意味。多く作りすぎて、必要以上に多くのお金を手にする必要はない。私は毎年、インディアンマーケットに行くときは自分でたくさんの在庫を作って持っていこうと思うのだけど、どういうわけか、自分では例年19個、以上作れないんだ。これは父がどこかで操作しているに違いない(笑) 
なんて冗談だけど、「作りすぎると自分に返ってくるから気をつけろ。」とよく言われたんだ。


アメリカ駐在

作りすぎると市場にあふれちゃって価値がなくなるってことを言いたかったんですかね?


ダンジャクソン

そうかもしれない、当時は今みたいに作家の名前とかが重要視される時代じゃなかったけど、「自分に必要な分を必要なだけ作る」っていうことだと思う。


アメリカ駐在

余計な欲を出しちゃいけないってこと?


ダンジャクソン

そうだね、それはナバホ族の伝統的な信仰でもある。お金を持つことは目的じゃなくて、本来はお金はただ家族を養うための手段であるべきなんだ。なかなかそれができないけどね。


アメリカ駐在

なんかすごい話が聞けました。このお父さんは、トーマスカーティスやウィルソンジムにもシルバースミスの道へのきっかけを作った人なんですよね?


ダンジャクソン

そう、アリゾナ州のDelconにいた唯一の腕のいいシルバースミスは僕の父だったからね。彼しかいなかったっていうのもある。彼らはその後独自のスタイルを作り上げているから、僕の「父に習った」っていうとどういう反応をするかは分からないけど、彼らはみんな僕の家族だし、少なくとも彼からの影響は受けている。


アメリカ駐在

そうなんだぁ。すごい、その後エディソンスミスとかジェニファーカーティスとかもすべてそこからスタートしているんですね。 ダンは自分のジュエリーの継承についてはどう考えてるの?


ダンジャクソン

娘二人はチャレンジしたことが何回かあるけど、根気がないからね。

ダンジャクソンのシルバーのカット前
ダンジャクソンのシルバーのカット前

アメリカ駐在

確かに、このジュエリーはモノスゴイ根気がいりますよね。。。でもぜひぜひ誰かに継いでもらいたいです!!


ダンジャクソン

僕はもともと父のラグデザインを継承したいから、このラグデザインにコピーライトをつけたんだ。甥っ子のトミージャクソンも本当はまねできない。でも時々してるけど(笑) それは家族を守るという意味でそうしたんだよ。僕のマネをしているジュエリーを見かけることがあるけど、ラグデザインの本当の意味を分かっていなくて、変なデザインになっているのを何回か見たことがあるよ。


アメリカ駐在

そうなんだ、ラグデザインの出どころはすごい深い話だったんですね。ダンの奥さんは今も伝統的衣装を作っているし、次回はDelconに行ってレポートしたいです。


ダンジャクソン

うん、雪が解けたらね(笑)

インディアンジュエリーのアーティストが「ブランド化」していく中で、「自分の必要な分を必要なだけ作る」を続けていくのは実は結構難しい時代に来ています。そんな真髄を聞くことができたインタビューでした。

ダンジャクソンの商品ページこちら

ダンジャクソンの作品
ダンジャクソンの作品
ダンジャクソンの仕事
ダンジャクソン