アーティストインタビュー カルヴィンロバト スピリット編

アーティストインタビュー カルヴィンロバト 歴史編

↑前編はこちらです。

 

アメ駐:ヒシのジュエリーというのは伝統的な細工でたくさんの作家がいるけれど、カルヴィンはそういう意味では自分自身のジュエリーについてどう思いますか?

カルヴィン:ショーに出したりして、売れないときもオーダーが少ない時もあるけれど、僕のジュエリーが他の人と違うとすれば、それはすべて商品に現れていると思う。

アメ駐:どういう意味?

カルヴィン:僕は最低限の材料の説明はするけど、他の人と比べてここはこんな風にこだわっているとか、そういったことはなるべく言わないようにしている。それは商品を見ればわかると思うし、他の人を批判したりすることになるからね。作家どうしはけなし合うのではなく、褒め合いたいから

技術的に言うなら、たくさんの色々な素材を使っているというところかな。新しい素材を試すのは楽しいし、デザインするピーラーの腕がいいからね(笑)

アメ駐:私からすると、カルヴィンは「ジュエリーを商品というよりも道具としてみている」ような感じがします。

カルヴィン:そう、僕の作品は、「神様の祝福や幸運を運ぶ道具」なんだよ。僕の刻印は四角のメロンシェル。四角は、ネイティブアメリカンにとっての神聖な4つの方向を表しているから、これは僕の作品から絶対に外せないものなんだ。一回、何が目的かはわからないけどその刻印を外してくれと言われたことがある。その人とは僕はビジネスをしないけど、その時目先のお金だけを目的としていたら何も考えずに刻印を外して売っているだろうね。

売る前に祭壇にすべての商品を置いて、祈りをささげる。この商品たちには、「目に見えない神様からの祝福」がのっている。僕は商品としてそれを届けているだけなんだ。

 

アメ駐:なるほど、だから多くを語らなくても「商品が語りかける」っていつも言うんですね。

カルヴィン:そうだね、作り始めるときも一緒で、「日本に行きたいのは誰かな?」なんて素材に話しかけるときもあるよ。(笑)

アメ駐:あと聞きたかったことは、「伝統工芸品」ということについて。若い人たちはこういった時間がかかる手作業の工芸品というのをやりたがらないですよね?そのことについてはどう思いますか?

カルヴィン:うーん、コンピューターでデザインして、コンピューターが作ったヒシっていうのもあるけど、、、、。歴史的に見れば、ヒシネックレスを作る過程というのも昔より格段に進化している。

昔は木の道具を使って穴をあけて、磨きも革を使ってひたすら磨いていた。

↑昔使っていた道具。

 

ぼくの意見としては、ただテクノロジーが変えているだけで、それは若者が「新しいアートワークを見つけ出した」だけだと思うよ。

アメ駐:なるほど。

カルヴィン:ういう形であれ、僕は新しいアーティストをいつも励ましている。飛行機と同じように、離陸の時が一番大変で一番エネルギーがいるんだ。一回飛び立ったら後はメンテナンスをしていけばいいんだからね。色々なスタイルがあって一人ひとり違うスタイルを持っているから、どんな始まりでもいいんだよ。僕も最初は本当に大変だった。一つ一つ解決していかなきゃいけないから。

アメ駐:どういうところが一番大変でしたか?

カルヴィン:僕のネックレスは、他の人のヒシネックレスより高い。だから売っているときに、「あなたのは300ドルだけどそこの人のは80ドルだから80ドルにして?」って言われたりするよ。そのときは「そこの人の所で3本買ったら僕のと同じ価値になるよ」って言ったけど(笑)

そういう風に、「自分の価値を分かってもらえない人には売らない」と決めるところが大変だったかな。それは前の「商品が語る」というところにつながってくるけど、質は絶対に落とさないで、技術を向上させているなら値段は下げられないからね。

アメ駐:なるほどー。カルヴィンの話は本当にいつも心に響きます。

カルヴィン:そうそう、心がクリーンじゃないといいジュエリーは作れないんだよ。

だからいつも勤めてHappyになっている。ジュエリーが心を移すんだ。いつもHappyで、自分がやっていることを心から好きじゃなければいけない。

心が曇っていたり、他人と比べていたりしていたら、それが出来上がったジュエリーに出るんだよ。

アメ駐:そうなんですか、仕事と生活がそういう部分で直結してくるんですね。

本当に深い、ためになる、心が洗われる話でした。本当にありがとうございました!

カルヴィン:じゃあご飯を食べよう!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつもいつも、ご飯を作って待っていてくれる優しいロバト家。

「ジュエリーが心を移す」

本当にステキな言葉です。

技術や仕上げの細かさも、カルヴィンロバトの本当にすごいと思うところ。彼の作品には技術だけではなく、こういった信仰や思いがジュエリーに込められています。

カルヴィンの作品はこちらから。

アーティストインタビュー カルヴィンロバト 歴史編

先日の記事に続き、マライカでもたくさんの特集をさせていただいていて個人的にもとても仲良くしていただいている、サントドミンゴ族のカルヴィンロバトに、彼の作業場にてインタビューをしてきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

カルヴィンロバト(以下カルヴィン):何から話そうか?

アメリカ駐在(以下アメ駐):カルヴィンにはたくさん聞きたいことがあります!(カルヴィンはサントドミンゴ族の政府の仕事をしていたことがあり、思想的なことも聞きたいと思っていました。)

まず、「ヒシ」というのは何かについて聞きたいです。

(↑カルヴィンのヒシネックレス)

カルヴィン:ヒシっていう言葉は、もともと貝の名前のことなんだよ。そこから、貝殻や石を使った「削り」の仕事というもの自体が「ヒシ」と呼ばれるようになったんだ。

 

アメ駐:そうなんですか!知らなかった。

カルヴィン:シルバーワークでも、「スタンプワーク」「オーバーレイ」と別れているのと同じで、シェルを使った伝統的な仕事でも、「モザイク」「ヒシ」という風に製法としてその言葉が使われるようになったんだよ。

アメ駐:貝を使った伝統的なジュエリーというのは歴史的にありますよね。

カルヴィン:そうだね、ネイティブアメリカンが先祖とするアナサジ族の遺跡から貝とターコイズのジュエリーがたくさん見つかっている

今ではメキシコの領土となったメキシコのネイティブの人々が貝殻をもってきて、今ではアメリカの領土となったニューメキシコやアリゾナのネイティブの人たちとターコイズや羽根と交換していたという証拠が遺跡から出てるんだよ。だから貝殻のジュエリーの歴史というのはとても古いんだ。アナサジ族がいたのは西暦で言うと850年から1250年ごろと言われている。

 

アメ駐:そうなんですね。それでもモザイクやヒシのジュエリーで知られているのはサントドミンゴ族だけですよね?他の部族の人々もみんな貝のジュエリーというのは儀式で使うものなのに伝統的に作られているのはサントドミンゴ族だけ、というのが前からとても疑問だったんですけど、どうしてなんでしょうか?

カルヴィン:クリエイター(創始者)がそういう風にそれぞれの部族の役割を決めたからだよ。

「ナバホ族だったら、シルバー細工」「へメスだったら、壺」「ホピだったら、カチナとバスケット」「ズニだったらインレイジュエリー」

こういう風に、クリエイターが決めてそれぞれに役割を与えたんだ。今では部族間の交流がたくさんあるけど、昔はその工芸品や作品をトレードすることで交流をしていた。だから今でも部族間でのトレードというのが行われるようになっているんだ。

アメ駐:それはとてもとても深い話ですね。でもそういう風に考えたらつじつまが合うような気もします。

カルヴィン:そうだね、僕たちはそう信じているんだ。

アメ駐:もともとカルヴィンがジュエリーを始めるきっかけというのは何だったんですか?

カルヴィン:お父さんの手伝いを中学生の時からしていたからね、その時からずっと、それでお金を稼いで、いつも働いているよ。

アメ駐:そうなんですね。

カルヴィン:父が亡くなったとき、父が持っていた工芸品やジュエリーを親族が譲ってもらいに列を作って来た。僕はただ一つ、父の弓矢をもらった。弓矢は「サイレントウェポン」静かな武器で、それがいつも僕を守ってくれているんだ。

父の手伝いをしていたから、僕はいつもお小遣いをもらっていて、少しだけお金があった。それで今の妻ピーラーを射止めることができたんだ! 結婚してみたらそんなにお金がなかったって言われるけどね(笑)

 

アメ駐:いつも共同作業で、仲がいいですよね。

カルヴィン:すべての始まりは女性からだからね、女性を敬うことは大切だよ。ピーラーはデザインも勉強していたから、色の配色や新しいデザインはピーラーが考えることが多いよ。

続く。。。。

カルヴィンロバトの作品はこちら

 

 

Aaron Anderson アーティストインタビュー

 

 

アーティストインタビュー ハーヴィーメイス

週末、ハーヴィーメイスの所へ行きインタビューをしてきました。

ハーヴィーとマライカ駐在は長い付き合いなのですが、実は作る所をしっかり見たのは初めて。改めて、ずっと変わらずに人気の作品を作る理由が分かりました。

 

アメリカ駐在(アメ駐):今回は製作風景も見せてもらいながら、色々話を聞かせてください。まず、ハーヴィーがシルバースミスになったきっかけは何ですか?

ハーヴィーメイス(以下、ハーヴィー):始めたのは・・・1972年、16歳の時だったかな。最初は兄であるTedに習って始めたんだ。一番初めに、一番難しいロウ付けの技術から教わったんだ(笑)。そこから色々なトレーディングポストに商品を作るようになった。

最初、1970年代は特に石ものがとても流行っていたし石が安かったから、今のフェザーではなくて石ものやスタンプワークを作って売ってたよ。

アメ駐:いつからフェザーのデザインを作るようになったんですか?

ハーヴィー:正確には覚えてないけど、1980年代に入ってからかな。リーフのモチーフが人気で、それをたくさん作っていたからそこからフェザーのデザインを思いついたんだ。リーフとフェザー、同じように見えて作り方が実は少し違うんだよ。それは企業秘密(笑)。

僕はその頃アート(絵を描く方の)もやっていて、それで鉛筆でフェザーやイーグルの絵を描いていて、それをそのまま小さくしてシルバーワークにしたのが始まりかな。

アメ駐:へぇーそうだったんですね。だから色々なデザインが作り出せるんですね。

ハーヴィー:絵を描いてそれを作品にしようとすると、その絵のままのカーブと質感をシルバーに描き出さなければいけないから、僕はまずその作品ごとに合うスタンプを作ることから始めた」んだ。

同じように見えても出来上がりの大きさが違うから、リング、ペンダント、ピアス、それぞれ違うカーブのスタンプを使っているんだよ。

アメ駐:そうだったんですね!だから仕上がりの時に同じようにフェザーの質感を出せるんだ、なるほど。イーグルフェザーのモチーフを作る作家は多くいると思うんですけど、「ハーヴィーにとってのイーグルフェザーの意味」というのはどう考えていますか?

ハーヴィー:うーん、イーグルフェザーの意味というのは「プロテクション(身を守るもの)とグッドラック(幸運)」ネイティブアメリカンのダンスで衣装にイーグルフェザーを使うけど、ダンス中にイーグルフェザーが落ちてしまったら、ダンス全体がストップして、そのフェザーを浄化して着け直さないといけない。それぐらいイーグルフェザーというものはネイティブアメリカンにとってパワフルな意味を持っているんだよ。

僕の作品には、必ずイーグルフェザーの「テール」がついているんだ。

アメ駐:羽根の上のぐるぐるのワイヤー部分のことですね??

ハーヴィー:そう僕はこのテールがついていると、「Alive(生きている)」、ついていなければ「Dead(死んでいる)」と解釈している。だからこのテール部分をつけるときにフェザーに命が吹き込まれてそこにお守りや幸運をもたらす力が付けられると考えてるんだ。だからワイヤーを一番最後に巻くんだよ。

アメ駐:なるほど、すごく興味深い話です。ハーヴィーは他のアーティストの比較とか何か他に考えてることはありますか?

ハーヴィー:ゴールドフィルドを使ったコンビネーションの作品は他の人と違うところかな。

アメ駐:確かに、コンビの色味はとても人気ですもんね。

そしてここから、このテーブルから、ハーヴィー一人の手からこの作品がすべて作り出されているというのがとても感慨深いですね。たくさんオーダーを受けて市場に出ると、作家による「ハンドメイド」というところがあいまいになりがちですからね。

ハーヴィー:そうだね。オーダーをたくさん受けて値段を落とさないで作るには効率化しなきゃいけないけど、質を落とさないためには細かいところに気を配らなければいけない。

アメ駐:なるほど。

ハーヴィー:フェザーのデザインはたくさんの人がコピーして作っているけど、その細かいこだわりがない作品はやっぱり魅力的じゃないと思うよ。

アメ駐:確かに、そういったこだわりがあるから長い間人気でいられるんですね。

ハーヴィー:もうでも僕も歳だから、娘と息子たちに技術を教えてるんだ。

アメ駐:そうなんですね、とても楽しみです。私も今後に向けて色々新しいアイディアがわきました。ありがとうございました。

 

「信念とこだわり」というのはどの作家にも共通することだなと思いました。

ハーヴィーメイスの作品はこちらから。

ジェラルドお宅訪問

昨夜は雷雨で、作物たちが喜んでおります。

先週末、ホピの村でダンスが行われるとのことで久々にホピの村へ。

ホピコーンボーイズというダンスを見てきました。

ジェラルドロマベンテマのスタジオにも久々にお邪魔。ジェラルドのおうちはホピの他アーティストの人たちの家よりもとても分かりやすいのですが、久々すぎて迷いました。というか探すのをあきらめ、カルチャーセンターにいるから迎えに来て~!とヘルプ。こうやって甘えられるのもジェラルドの優しい性格ならではです。

カルチャーセンターの中のショップ。他にもレストラン、ホテルがあります。この日はダンスとは関係がなかったみたいですが多数のツアー客の人たちがいらっしゃいました。

現在作っているものなどを見せてもらいました。やはり作家のスタジオを訪ねると色々アイディアも湧いてきて楽しいです。

ジェラルドは世界中の美術館などのプロジェクトも手伝っていて、日本のミュージアムのお手伝いなどもしています。歴史を後々の世代に正確に伝えていく手伝いができると言っていました。

ホピのシチュー。このトウモロコシはジェラルドの畑からとれたもの。

歴史の話や色々夢中になって、結局ダンスは30分も見られませんでしたが、広いホピの大地を拝めて貴重な話を聞けたなかなかない機会。

不毛の地と思われるところで、天頼みのドライファーミング。灌漑施設もまったくないところでトウモロコシが育つ、儀式の力を信じずにはいられませんね。

メイキングレポート

アーヴィンツォーシー氏、エングレービング中。本日のアーティストです。

風の強い毎日です。

前からお知らせしようとしていて忘れていた、メイキングレポートのまとめがインディアンジュエリーのページに完成させていただきました!

ブログだと流動的でちょっと読みづらかったので、少しずつ増やしていければと思います!

こちらはというと、、カチナたちを出荷し、ジュエリーの出荷準備の真っ最中であります!

 

伝統の継承

まだ寒い日が続いているニューメキシコ。相変わらず泥んこのリザベーションロードにハマり、抜けられなくなっている車が多数です。

さて、こちらはホピ族ジェイソンタカラ氏の息子、ジェイソンタカラ。ややこしい!

父ジェイソンタカラは名前にSr.(シニア)がついていて、息子ジェイソンタカラにはJr.(ジュニア)がついていますので同じ名前ではないのです。アメリカではよくあるこのシステム。シニア、ジュニア、サードⅢなんてつくときもあります。来客があったときとか呼び名が同じで面倒じゃないのだろうか・・・なんて考えちゃいます。

ちなみに私たちは、シニアの父の方はジェイソンタカラ、息子の方はジェイソンジュニアと呼んでいます。

今まであまりジュエリーには興味を示さなかったというジェイソンジュニア、チェーンを作るのは好きでよく手伝っていたそうです。そこから、カッティングも始めて少しずつオーバーレイも作っています。

カッティングの細かさ、正確さで知られる父ジェイソンタカラの名前があるので、買う方もやはりつい比べてしまいます。ハードルがすでにかなり上がってますよね。

伝統の継承は難しい、と思う瞬間です。それでもこれを誰かが続けていかないとこのスタイルはだれにも継承されることなく、父ジェイソンタカラが作るのをやめてしまったらそこがピリオドになってしまう。

BoReeves、John Michael Lister,などマライカで世代を通して取引できることは、誰かが継承しているということ、作り手の年齢が上がっていき、ビジネスも難しいこの景気の中では子供世代が継承して作り続けているのはほんの一握り。とても大事なことだと思います。

作家として技術を上げていくのと同時に、デザイン力を身につけさせているという父ジェイソン。こちらは父ジェイソンのデッサンとともに仕上げられたペンダント。こういう父を持った息子というのは、よっぽどの精神力が必要なんだろうなぁと思った一日でした。

 

ジェシーロビンズ工房訪問 2

ブログの更新が遅れています、すみません!

インディアンマーケットを挟みましたが、ジェシーの工房訪問続きです。

とにもかくにも、この作風の味をどうやって出しているのか知りたかったのでお願いしてバングルを製作してもらうことに。
IMG_6983
インゴットのコインシルバーの塊を、ひたすら叩いてなめし、作りたい作品の形にしていく。

IMG_6941
IMG_6940

なめしながらひたすらハンマーでたたいていく。
音がすごいから気を付けてというジェシー。
IMG_6983

IMG_7000
IMG_7005
チゼルワークであっという間に出来上がっていくデザイン。
IMG_7029
IMG_7027

IMG_7034

IMG_6995

若手ながら多くのアーティストと交流があり、この日も一人のアーティストが訪ねてきていました。
こうやってアーティスト仲間でつくり方などの情報を交換し合うのはあまり見ることがない光景で、ジェシーの人柄ならではだと感じました。

1/4クリーク族のジェシー、インディアンの血が4分の1入っていれば法律的にはネイティブアメリカンとして認められますが、他のネイティブと違い見た目は白人さん、そのジェシーが南西部のネイティブアメリカンのジュエリーを作るということに100パーセントネイティブのアーティストからすると色々な意見があるようです。

が、本人からしたら昔からなじんできたジュエリーであり、シルバースミスとなるのは至って自然なことだったようです。

家族から受け継がれて自然となるシルバースミスとはまた違い、ちょっとオタク気質ともいえるターコイズへの愛とインディアンジュエリーに対する熱意が現在のスタイルを築いてきたことが分かります。

ジェシーロビンズの作品

ジェシーロビンズ工房訪問 1

最初に彼のジュエリーを見たときは、60歳を超えたベテランの作品かと思いました。

1982年生まれの33歳、シルバースミスの中ではかなり若手、見た目はまさに白人さんというジェシーロビンズ

0000000065813

彼がどうやってこういう作風にたどり着き、なぜインディアンジュエリーを作ろうと思ったかは彼の生い立ちにあります。

「アメリカ南東部に先住するクリーク族(4分の1クリーク族)で、母がインディアンジュエリーの熱狂的なファンであったこと、周りにシルバースミスが多くいたことから子供のころからインディアンジュエリーに強い影響を受けて育ちました。大学では考古学を学びインディアンの歴史的背景を勉強し、その知識からターコイズについてもとても詳しいです。彼の師匠であるランディ「ババ」シャッケルフォードジョックフェーバーとの出会いにより、インディアンジュエリーの伝統的な手法を身につけ、1920年代から40年代の初期の時代のような作品を作っています。」

IMG_6980

今回工房にどうしても訪れたかったのは、この雰囲気ある作品をどうやって作るかを生で見たかったのです。

まず圧巻された、彼のターコイズコレクションの量。IMG_6931
私の知る限り、こんなにターコイズを持っているアーティストに会うのは初めてです。

IMG_7038 IMG_7037 IMG_7036

IMG_6958 IMG_6954

このターコイズの量には本当に驚きました。

ジュエリーを作り始める前から、考古学で稼いだお給料をつぎ込んでターコイズを買っていたそうです。ほとんどのお給料をターコイズにつぎ込んだとか。ターコイズは自分にとって「投資」だと言っていました。

去年インディアンジュエリー好きの父とともに、鉱山の採掘権を買い、年に2回、ネバダ州の鉱山に出かけています。これも、投資。いい石は簡単には見つからないというのを身をもって学んだそうです。

長くなるので、続きはまた次回・・・。

 

石にこだわるアーティスト!Steve Arviso

アーティスト工房訪問!今回はSteve Arviso
スティーブと言えば・・・ヘビーゲージのシルバーに
ハイグレードターコイズの組み合わせが魅力!!
今回は石にこだわるスティーブならでは
ターコイズの研磨を見せてもらいました。

初めて見ました!この状態・・・
こちらはターコイズのスライスにバッキンを付けた状態です。

ここから研磨に入ります。
目の粗さの異なるホイールで形を整えながら研磨します。

研磨するときは石が熱を帯び、熱くなって割れてしまうため
常に水を流しながらの作業です!
だいたいの研磨が終わったら・・・次はこちら!

研磨剤をつけてレザー・コットンのローラーで仕上げの磨きをします。
そして完成・・・

仕上げはもう少し磨かなきゃいけないみたいですが・・・
今回はデモンストレーションと言うことで、ここまで!
ラフの状態からターコイズの表情を想像して石を磨く。
ターコイズがジュエリーにセットされたイメージをして、
ジュエリーを作る・・・
改めて、すごいなぁ・・と感動した瞬間でした。
そんなスティーブのジュエリー^^

ハイグレードなキャンデラリアを贅沢にセットしたバングル!!
仕入れることができました。
発送までもう少し!日本に届くのをお待ちください。

Harrison Jim 工房探訪③

さて、いよいよ最終段階。
磨きに入ります。
ちょっと準備が・・・・と息子君がホーガンの裏へ。
ブオーンと発電機をスタートさせました。
ハリソンはでっかいジャケットを羽織って外へ。
磨きのバフマシーンは外にあります。電気がなければ使えないので、いつも発電機を使うんだそうです。
バフをかけて、

できました。

ハリソンのトゥファの作品は、どこかメタリックな、鉄や他の鉱物を連想させるような力づよさがあります。かといって、ナジャなど丸みを帯びたデザインになるととても優しくて、でもすごくきっちりしている、そんな印象です。

ハリソンがバングルなどを作るときにつかう、インゴッドシルバーを伸ばす時のローラー。

古いタイヤのパーツなどと接続させて、自分の使いやすいようにカスタムしたんだそうです。

厚みを変えて何回もローリングすることで、目が詰まった、でもスタンプが深く入るシルバーができるので、インゴットにこだわるんだとか。
その時ちょうどネックレスの製作途中でした。

手間のかかるハンドメイドビーズ、ハリソンはこういった地道な作業も得意です。
しっかりとした重さのあるハンドメイドのビーズをつくる、数少ないアーティストです。
それに合わせられるのがこの豪華なクロスたち。

こんな風に作られました。

簡単そうに見えますが、こうやって細かいところまで均等にシルバーを流していくのってすごく難しいんです。このやり方にはびっくりでした。
この朝も、いろいろな人が訪ねてきてたわいもない話をし、ザ、ナバホというライフスタイルを送るハリソン。そんな中から彼のデザインも出てくるんだなと感じました。夏には毎年トウモロコシを育てているそうですよ。