ハイグレード石&ゴールドもの

ご無沙汰しております。

こちらニューメキシコ州も寒くなってきて、冬支度を始めている人も多々。アメリカは相変わらずの毎日ですが、日本からの旅行で帰国時の陰性証明が要らなくなったので、ワクチン接種さえ終わっていればアメリカに来ることができるようになりました。

とはいえ、円安とアメリカ国内のインフレはまだまだ続いてますのでなかなかアメリカに行くにはかなりの気力と体力が必要ですね。

手の込んだズニの作品、ハイグレードの石もの、ゴールドの作品など、日本に流れていっているたくさんの作品はどれを取っても「今後はこの金額では絶対に出せません」と断言できる程、刻々とジュエリーの価格が上がっているのをここニューメキシコ州でもひしひしと感じています。

少しずつ集めていたハイグレードの石を作品にしてもらったものが、続々オンラインショップに掲載されています。

以前日本の雑誌でも、「インディアンジュエリーに投資する」という特集が組まれていましたが、本当にハイグレードの石を使ったインディアンジュエリーはレアで高価になっています。

ハワードネルソンのビズビーリング。

ビズビーの価格も信じられないぐらいに高騰してます。

こちらは鉱山主から買ったキャンデラリアをロンべドニーにセットしてもらいました。ロンべドニーのハンドメイドベゼルとスタンプ、そしてスパイダーウェブのバランスが素晴らしい作品。

 

こちらも鉱山主から買ったハイグレードアパッチブルー。このリングの作家、キーヤジーはハイグレードターコイズを使うことでも知られていますが、今回は特別にこちらからターコイズをお願いして作ってもらいました。

 

こちらは総14金リングシリーズ。

ゴールドの要望もとてもとても多いですが、財産として考えるぐらいの価格にはなってしまいます。石はというと、、、、長年金庫で保管していたまさしく「財産」となるターコイズの王様を大切にセットしてもらいました。

 

ほとんど見ることのできなかったゴールド作品を、ホピの作品でもお願いして数点作ってもらっています。ゴールド作品を特別オーダーしたからこそこの価格で出せますが、カスタムで一点、とかだともっともっと金額が高くなります。

 

こちらはまた珍しい作品。作家は エディソンサンディスミスです。

この石は70年代からエディソンがクッキーの缶の中に忍ばせていたものだそうです。自らカットし、大きな石のリングに仕上げてくれました。

エディソンはこちらからお願いしない限り、石ものはこういったグリーンのカラーが好きでよく使っています。「アーティストの石の好み」というのは長年バイヤーをやっていないと分からないとても大切な情報でもありまして、いくら売れるからと言って「アーティストが好きじゃなさそうな石」はなるべく渡さず、テンションが上がりそうな好みの石でお願いするように実は心がけていたりします。

 

 

8月はアメリカもジュエリーの季節

お久しぶりです!アメリカ駐在員ブログ、久々の投稿になってしまいましたがこちらアメリカニューメキシコ州は8月は大盛り上がりしております。

先週、ギャラップインタートライバルセレモニアルというお祭りが行われました。

この夏、アメリカでは色々なイベントがパンデミック前の規模に戻っていて、このセレモニアルも大きく開催されました。

アメリカ駐在R、実はこのセレモニアルのジュエリーの審査員をさせて頂いてまして、今年もジュエリーの審査をしました。

丸一日ジュエリーを眺め、審査員同士で意見を言い合いながら決めていきます。

こちらはバスケットの大賞。

この後審査員が全員集まって、どれを賞全体の一位にするか議論をしていきます。

そして、賞全体の一位となったのが、レイモンドヤジーのインレイのバングルでした。その名も、「遺産」と呼ばれる作品。

 

その下には、リンドンツォーシーのシルバーセットが並んでいます。

今年は100周年ということで、賞金も1万ドルという大金。新聞にも大きく取り上げられています。

そして、今週末はサンタフェのインディアンマーケットが開催されます。

こちらも100周年で、ようやく今年はコロナになる前の大きな規模に戻って開催されます。

そんな中でアメリカの高ぶりを感じ、日本でも猛暑に負けず、ジュエリーを眺めて気持ちを高めて頂けたらと思います。

突然の訃報

アーティストはご高齢の方が多いとは常日頃から発信していますが、やはり訃報を伝えるのは心が重いです。

ダンジャクソンが5月18日に他界されました。

ジュエリーの細かさや独特のデザインももちろんながら、身につけた人が長く使えるように絶対に厚みのあるシルバーを使うなど、ジュエリーに対する哲学や信念がありました。

年齢を重ねたネイティブアメリカンの方はとても知恵深くて懐深いところがあるのですが、ダンジャクソンは本当にその知恵と懐の深さを惜しみなく表現してくれる人でした。いつも私たちを気にかけてくれ、羊を捌いた日には連絡をくれてお昼ご飯にと差し入れてくれたり、私たちの家族のことまで心配してくれる。この仕事を通してこのような方に出会えたことに、本当に感謝します。

アーティストインタビュー「ダンジャクソン」

「全てはハンドメイドで、作家が一点一点作っているものなのですよ」といつも言っているフレーズですが、アーティストが作ることができなくなればもう作られることはなくなる、それがインディアンジュエリーです。

デザインやスタイル以上に、皆さんが持っている作品たちを通してアーティストたちの生活や作っている様子などを想像していただけるともっともっとインディアンジュエリーの奥深さが感じられるかと思います。

明けましておめでとうございます

ご挨拶が遅れましたが、明けましておめでとうございます。2022年もアメリカ駐在ブログをよろしくお願いいたします。

こちらニューメキシコ州、大晦日の夜に大雪が降りました。東京でも積雪があったとのことですが、白い雪が降り積もる様子はいつでも美しいですよね。

さて年末年始も新しい商品が続々とウェブサイトにアップされています。

 

ネットには続々とアップしているのですが、ここ現地ニューメキシコ州ではアーティストたちのジュエリー作製のペースがとても落ちていて、制作をやめてしまう人も非常に多いです。何回かこのブログにも書いていますが、「ネイティブアメリカンアートが手に入りにくくなった」というのが地方テレビのトップニュースでやっているぐらいです。現地トレーダー同士の話も、どれだけジュエリーを確保するのに苦労しているかという話になりがちです。

なぜジュエリーやクラフト作りをやめちゃうの?とよく聞かれるのですが、人により色々な理由があると思いますがまぁコロナの影響がとても大きいです。

高齢になっていたし、コロナをきっかけに年金をもらうことにして作るのをやめた。とか

政府からの支援金を受けているから作る必要があまりなくなった。とか

銀の価格が高くて作っても利益にならないから作るのをやめた。とか

そんな中アーティストは簡単にすぐ作れるものを作りがちで、ターコイズを使ったものをなかなか作ってくれません!ハイグレードターコイズの一生ものの作品というのがとても手に入りにくくなっている中、見ても着けても幸せになるようなターコイズものを数点オーダーしたものがネットショップにアップされています。

 

スティーブアルビソにオーダーした作品達は原点に戻ったようなシンプルかつオールドスタイルの作品が出来上がりました。

アンディキャドマンも精力的に石ものを作ってくれました。

プリッとした艶のあるアパッチブルー。いつでも見ていられるターコイズです。

 

こちらはダレルキャドマンの作品達。

バングルにはサイドに弓矢をアップリケしたもの。弓矢、矢尻のモチーフはお守りの意味があるので、今とても需要があるモチーフだったりします。

 

そしてアメリカでは定番の人気の大きなターコイズのついたリング。日本だと着けやすい細身が人気ですが、アメリカでは年々「大きくて目立つもの」の需要が増えている気がします。

大きなターコイズのついたリングはそれなりに値段も張りますが、「自分のトレードマークのジュエリー」として毎日いつも身につけるというネイティブアメリカンの人も多いです。特にメンズの大きい石のついたリングはこのリングといえば!というアイデンティティとして身につけている男性が多いと思います。

有名なトレーダーはいつも大きなランダーブルーのターコイズを身につけていたり、アーティストも自分の作った大きなターコイズのリングを身につけていたり、「ターコイズに守られている」感覚もあるのかもしれません。

 

クリスマスにまだ間に合う新入荷

今朝は雪のニューメキシコ州。例年11月、12月には数回雪が降るものなのですが、今年はようやく雪が降ったという感じでクリスマス一週間前にしてようやく冬らしさを感じています。

こちらアメリカもクリスマスギフトを探すお客様で連日忙しいです。

やはりギフトの人気は、女性向けにはピアス、男性向けにはペンダントですね。

サイズがあるリングやバングルは少し内緒で買うにはハードルが高いかもしれませんが、寝てる間にこっそりと指のサイズや腕のサイズを測ったといって来店するお客様も多いです。さすがアメリカ人、サプライズが好きな人が多いです。

さて、少し新入荷を紹介しそびれている間にたくさんのアイテムがネットにアップされていますので、紹介します。

まだクリスマスにも間に合いますし、2021年頑張った自分へのご褒美にもぜひ。

例年年末にはたくさんのジュエリーが旅立っていきますが、歳納めの自分への贅沢、そして新年を新しいジュエリーとともに迎えるというお客様も多くて本当に嬉しいです。

ではまずはサンシャインの入荷から。

サンシャインのジュエリーはまだ店頭にはあるものもありますが、ウェブでは即品切れになってしまうものが多いです。

(ということは、ショーケースの中に眠っていてウェブサイトには載せていない掘り出し物もたくさんあるということ。年末にはマライカの店舗巡りをするのもお勧めです。。)

というわけで新しい商品もありますが、結構前に作った商品も価格はそのままで掲載されています。

このshadowボックスペンダントは結構前に入れたものが奇跡的に残っていたもの。

 

さらに、ギフトにもオススメのシルバー物も多数入荷しています。

ジェニファーカーティスはギフトの定番。重ね付けにも使えるので、ピンキーリングに、サムリングにと色々な形を持っていても飽きずに使えます。

 

こちらはレアアイテム。レイアダカイの変わり種。

コンチョと小さめのバックルです。

レイアダカイはヘヴィーゲージの2枚がさねバングルが一番人気ですが、こういったレアなアイテムもしっかりとした存在感で「実はレイアダカイです」と言えるのがたまらない作品です。

クリスマスまで10日、2022年まで16日。

クリスマス、年末は気になっていた商品を自分のものにする「いい口実」です。

インディアンジュエリーの限定福袋も数個まだあるそうですよ!

ダレルキャドマンのこだわり

早くもクリスマスが迫ってきましたが皆様ギフトなどのぬかりはないでしょうか?

今年はインディアンジュエリーの福袋が出るとのこと!中身はTwitterの方でチラ見せしていますが、めちゃ豪華。ファン必見です。。。

さて今日はダレルキャドマンと長々と話をしていました。

 

今日はこんな感じの半円ワイヤーのバングルや三角ワイヤーのバングルを持ってきてくれたのですが、その流れで「このリングの周りに全てコンチョを全部つけるのを次回は作るよ」と言ってくれました。

実はダレルキャドマンのスゴいところは、デザインのためなら面倒くさいことをたくさんやってくれるというところ。

いつも、「人と違うものを作る」ということを考えながら作ってくれているので、同じバンプアウトでもトップ部分を変えてくれたり、

 

そしてこれシリーズが人気だと肌で感じてくれると、それを何も言わずにピアスにしてくれたり。

ダレルへのオーダーが増えるということはお客様に気に入ってもらえているということなので、そのお客様の感度に敏感に反応してくれるのがダレル。

 

ちなみに今日、私もこのピアスをつけています。。。

 

最初はエッジの部分をスタンプに合わせて切り込みを入れていた作品が多かったのですが、エッジが丸いとどうしてもレディース向けになってしまってメンズのお客様が残念がっているというのを知り、今では「メンズの感じ」というとしっかりとダレルらしさのある手間をかけたデザインを残しながらも、シンプルでヘヴィーな仕上げにしてくれるようになりました。

 

スタンプワーク一つをとっても、全てきっちりと、そして一つ一つが微妙に違う。それは他の人とは違うものを作るというスタンスがいつも一致しているからで、それだからたくさんの作風を作って、私たちにいつも驚きを与えてくれます。

シルバースミスは自分の仕事でもあるけど、プライベートなことでもあると語ってくれたダレルは、残念ながら仕事場に人を呼んだり自分の作品を作っているところを人に見せることはほとんどありません。だからこそ、こうやって話しながらダレルの考えを聞くのはとても貴重な機会。いつも次はどういう作風にしようか、このワイヤーは丸ワイヤーじゃなくて四角ワイヤーにしてみたんだ、とか細かいこだわりや企画を話しながら作品を作ってもらっています。

これぞインディアンジュエリーの楽しみ。

同じ作家が作っていると思えないほどたくさんのレパートリーができるのは技術があってこそです。

 

インレイバングル入荷

インディアンジュエリーの手法といえば、スタンプワーク、インレイ、ヒシ、オーバーレイ、ニードルポイントというのが王道の手法ですが、そのうちのインレイワークに従事する作家は本当に減ったなという印象があります。

マライカでも人気のストーンウィーバー社のジュエリー。

 

コロナでのロックダウンにより、この会社もロックダウンして1年弱作品を作ることができませんでした。インレイの作業は一つの場所にたくさんのインレイヤーと呼ばれる職人が作業台を並べてやるものだったので、そういった人が密になる作業はできなくなってしまいました。

その後再開したものの、40人近くいたインレイヤーのうち戻ってきたのは一人。現在はインレイのジュエリーはほとんど作ることができていません。

これはストーンウィーバー社に限らずの話です。コロナの他にもたくさんの理由があるとは思うのですが、手間ひまのかかる手作業の仕事をそれなりの価格で提供することができるという時代は終わりつつあるのかもしません。

今まではどのインディアンジュエリー店にいっても見ることができたインレイジュエリーは、どんどん貴重なものになっています。

こちらは新入荷で、ウェインマスキットというナバホ族のアーティストから直接仕入れているものです。「ターコイズだけ」「マルチカラー」とか色を相談しながら一本一本作ってもらっています。石の選び方がしっかりしているのはもちろんのこと、シルバーの厚みがしっかりしているのも彼の作品の特徴です。

 

 

その他今後はなかなか見られなくなるであろうインレイの作品、オンラインショップにたくさんアップしています。

マライカの店頭にもまだインレイの作品はたくさんあるかと思いますが、ターコイズものやシックなカラーのものはスタイルを選ばずに付けやすいのでオススメです。

一つ一つ石をカットして合わせていくインレイワーク。見た目だけ見ると簡単なように見えますが、よく見てその手間を想像してみると鳥肌が立つぐらいです。

 


 

 

年末に向けての新入荷

ニューメキシコ州はサマータイムが終わり、本格的な冬へと突入していきます。薪をいっぱいに詰んだトラックを見ながら、我が家も早く薪割りをしなければと焦っている今です。

今はというと、ギフトのお問い合わせやその出荷準備に追われています。

アメリカ国内の物価高騰はニュースでも見ることがあるかもしれませんが、ガソリン代だけならずナバホネーションの屋台のメニューまで総値上げするぐらいにネイティブアメリカンの地もインフレが進んでいます。

労働者不足により時給も軒並み上がり、材料も軒並み値上げし、その中で「インディアンジュエリーを作る意味」を確保していくのが本当に大変になってきています。ジュエリー店では在庫がどんどんなくなっていく店が多く、この先にどういう未来が待っているのか少し不安を抱えているインディアンジュエリー界といった感じです。今は本当に、日本のインディアンジュエリーの在庫量と価格にはアメリカも勝てないのかもと思うぐらいです。

そんな中ネットショップでは、ここ現地ニューメキシコ州にいても今ではほとんど手に入れられることができなくなってきたズ二のインレイものが新着です。

今後このような価格帯では絶対に仕入れることはできないと言い切れる作品たち。

こちらはハーランandモニカ コーンシス夫婦の作品ですが、最近はこういった凝ったインレイはほとんど作ることがなく、シンプルな2色とかのものが多いです。年齢を重ねて視力が衰えてくると、やはり細かいものがだんだんと作れなくなっていきます。

「象嵌」

というと伝統工芸感が増しますが、インレイはまさに手間ひまのかかる伝統工芸です。それをオシャレに身につけられるというのがインディアンジュエリーの一番の魅力。

個人的に最近は、あえてズニやホピのジュエリーをコーディネートに取り入れるようにしています。身につけてみると改めていいなーと思い、こういったジュエリーを残していかないとと思えたりします。

引き続き人気のネックレス

こちらニューメキシコ州、今朝はマイナス3度、昨日は初雪が降りました。

例年寒さ自慢になってますが、今年は「夏の間多かったから寒い冬になる」と多くの人が言っています。そこに根拠はないみたいですが、ネイティブアメリカンの間ではそういう風に言われているそうです。

早くも雪が降り、薪を売る人が増え、今月末のハロウィンを飛び越えてすでに店頭ではクリスマスデコレーションが始まっていて、パンデミック禍から少しずつ回復しているアメリカではクリスマスの商戦がすでに開始しています。

今日は再びたくさんのジュエリーを送り出しました。

この頃メンズもレディースも限らずネックレスが人気です。もちろんペンダントにチェーンでネックレスにするというのも定番ですが、インディアンジュエリーのネックレスはやはりインパクトがあって、これからの季節に一本着けるのに重宝します。

ハーマンスミスのネックカフ。見ているだけではわかりにくいですが、着けてみるととても首周りにしっくりきて、病みつきになる作品。

最近は大きいものや細かい作品を作る人がどんどん減る中、「昔はあったけど今は全然見ない」という作品をもう一度作ることも伝統工芸を守る使命であったりします。

こちらもその一つ。

大振りのコンチョネックレス。アメリカではこういう作品をつけていると、「ステキだね」と地元のスーパーのレジのおばちゃんとかに声をかけられます。

大振りだけど、重すぎないのがポイント。シルバーの厚みをどのぐらいにするか、デザインをどうするか、石をどれにするか、全てアーティストと相談しながら出来上がった作品です。

 

Zuniのニードルポイント、クラスター作品は顕著に少なくなっているアイテムの一つ。作っている人のほとんどが、おばあちゃん世代。

アメリカではすでにどんどんと価格が高騰していますので、日本にある作品の方が安いんじゃないかと思うものもたくさんあります。

いつでもあるように見えますが、全てが一点もので「財産としてのジュエリー」だということを時代が変わっていく中で改めて感じることができます。

 

こういったターコイズのシンプルなネックレスというのも敢えて作らないとないという今。こちらは今まで見向きもされなかった緑色のスリーピングビューティのナゲットだけを集めて作ったもの。スリーピングビューティはもう閉山していますので、「安くていつでもある」というイメージのスリーピングビューティの姿はもうアメリカにはありません。

 

メンズにもネックレスは人気です。ナジャ、ハンドメイドビーズのもの、一本でネイティブ感、ビンテージ感の出るロングネックレスなど、夏の間は短めにつけていた方は一本長めのネックレスを試してみることをお勧めします。

最近の買い付け裏話

こちらNM州は連日雨が降っています。急激に寒くなってきて、明日から10月というのをしっかりと肌でも実感できるような気候。

コロナと共生しながらもジュエリーを見に来られるお客様も増え、アーティストも少しずつペースを取り戻しつつありますが、やはりインレイやニードルポイント、クラスターなどの手の込んだジュエリーの作り手はみるみると減ったなと思います。

お店やネットショップに到着する商品のほとんどにどうして買うことになったかというストーリーがあるわけですが、売れるだろうというよりもパンデミック禍でのアーティストとの付き合いの中で買う流れになったという作品もたくさんあります。

こちらは先日、ダレルキャドマンが持ってきたリングたち。

こんな風にサイズを表記してることに感心して思わず写真を撮りましたが、これはこれからハンティング(狩り)に行くための資金稼ぎとして急いで仕上げる!と持ってきたもの。オーダーではないのですが、このリングはとても人気があるのでよしとしました。狩りでエルク(大鹿)がとれたらエルクのジャーキーも持ってきてあげるというおまけ付きです。

先週も弓での狩りに行ってきたところでしたが、残念ながら仕留めることはできなかったそうです。来月は銃を使った狩りのライセンスが取れたということで(こちらは抽選です)来月も半分ぐらいは家にいないそうです。

出来上がりはこの作品になります。

シルバーのものが人気なのでシルバーばかりオーダーしてしまうのですが、「たまには石付きももっと作りたい」とダレル自身が言っていたので、石付きのスタイルもオーダーしようかと思っています。

同じくハンティングシーズンになると、そのために作品を作るアーティストはこちら。

大体いつでもハンティング用の服を着ているハーマンスミス。

伝統的な弓矢を使ったハンティングをするハーマンスミス。そう考えるとハーマンが作っているこれらの作品の見方が変わってきますよね。

ハーマンの家に行くと、いつも奥さんがエルクで作ったシチューを出してくれます。(というかいつもリクエストしてます。)

冬の間の食べ物を確保するための狩り。そのためのジュエリー作りです。

 

そして最後はベラタワホングバ。

一つ一つのカットの細かさは、個人的にはホピのオーバーレイアーティストの中でNo. 1だと思っています。その分お値段は高いけれど、同じものは二つはなく、全てフリーハンドでカッティングされているその技術と込められている祈りにお金を払っているという感じ。

モチーフは本当に独特だけれど、それこそがホピの伝統であり、家族とは全てホピ語で会話してカチナのモチーフや伝統的なモチーフを刻み続ける姿はいつも圧巻ささせられています。

一体ずつ違うフルートプレーヤー。絵を描くようにカットされた作品たち。

ベラは今年の春、持病から片足を切断せざるを得なくなってしまいました。急なことでベラ自身も今でも車椅子生活に体を慣れさせているところ。ジュエリーをカットする集中力と手の力も一時期なくて、次にいつ作れるかわからないという状況でしたがここ最近はまたジュエリーを作り始めています。

状況の変化でメンタルバランスを崩し全てに気力がなさそうだったベラ。それでなくても数少ないホピアーティスト、優秀なアーティストは一人欠けたらとてもとても残念なのでずっと励まし続け、家族の支えでなんとかジュエリーを作っています。

ホピの儀式も、現在少人数制で行われているそうです。

みんなで回して使うパイプも、一回一回消毒して使うとか。それでも儀式を行わなければいけない理由は、人々の幸せを祈りたいからだそうです。