ターコイズのお守り

アメリカ、ニューメキシコでも予断を許さない状況が続いています。

感染者の拡大を受けて、地元の学校が仮設病院になる準備をしています。

ツイッターでも言っていましたが早く解決するための、#STAYHOME

今まだ働いてくれている人に感謝しかありません。

でもこの時間を楽しく過ごそう、前向きに過ごそうという人がたくさんいることに心温まります。

今日はジュエリーのまとめをして、外出禁止令が収まったときのオーダーを考え、石をセットしています。

 

昨日、残念ながら8月のインディアンマーケットのキャンセルが決まりました。

これからさらにアーティストもジュエリー店も厳しい状況になりそうですが、みんなで励まし合いながら頑張っていきます!

さて、オンラインショップではまさにその、セットしたハイグレード石の小物が入っています!

これはかなりレア。。。

ハイグレードの石の同じサイズ、同じような色味をセットしたカフスボタン。

実はこちらも要望が多い、ターコイズのシンプルなマネークリップと、ヘアバレッタも少量入荷。

本当にレアなので、早い者勝ちの作品です。

ターコイズはお守りになると昔から信じられてきました。

明るいものを身に着けたり持っているだけで気分も明るくなります。

 

 

恒例のツーソンジェムショー

ツーソンジェムショー

先週末はツーソンのジェムショーに行ってきました。

暖かいツーソンからギャラップに帰ってきたら、その日はなんと最高気温2℃!寒いです。

キャボションも少し仕入れられました!

ロイストン追加。

 

ハイグレードのレッドマウンテン。

 

こちらはまたいつもと雰囲気の違うダマリターコイズ。

 

一旦落ち着いたところでオーダー準備に入ります。

大物の作品のオーダーは石のピック、アーティスト選び、サイズ指定と選択肢がたくさんで毎回緊張する瞬間です。

小ぶりなものもいいですが、1点ものの出会うことができない大作というのにもロマンを感じるのがインディアンジュエリーのマニアの方々。

「アーティストの感性に任せ、石からのイメージを膨らませてできた作品」

にはさらにいっそう特別感があります。

 

金×ハイグレードターコイズの作品なども少しずつ揃っています。

 

 

新たにルース追加!

今年は毎週のように雪が降っているニューメキシコ州。

春、夏に向けてターコイズのオーダーを考えている毎日です。

さて、ツイッターの方は詳細を載せていますが、ハイグレードのターコイズルースがネットショップに追加されています。


 

通常はルースのみで販売する店はないであろう、「ランダーブルー」

言わずと知れたターコイズの王様であります。

この「たたずまい」はやはりただモノじゃない感じがしますよね。

 

こちらはマザーアース(母なる大地)を連想させる大粒のビズビーターコイズ。

 

 

こんな感じのシンプルなペンダントにして、石の美しさを存分に味わいたいところです。

もちろん、まずは店舗で生で見ていただきたい。

こういったシンプルなバングルでもいいですね。

石を見ながら想像をはせる、アーティストもそうやってモノづくりをしています。寒い季節、そんな時間も楽しいかもしれません!

 

キングマンターコイズの話

先日のツイートでのエジプシャンターコイズ。

古代エジプトのターコイズ、枯渇していたと言われていた時代を経て、2015年ごろから再び出回り始め、現在ではかなり高級なハイグレードのナチュラルのカボションも見かけるようになっています。

エジプトで儀式などでターコイズが使われていたというのはとても有名ですね。

ネイティブアメリカンにとって現在も儀式やお守りとして欠かせないターコイズ。

銅鉱山などが開拓される前、ネイティブアメリカンの人々が儀式に使っていたとされるターコイズは主に、ニューメキシコ州セリリョスとアリゾナ州のキングマン付近だったそうです。

 

1000年以上も前、メキシコのネイティブであるマヤの人々とターコイズやコーヒーをトレードしていたネイティブアメリカンの人々。そこでも現在のキングマン付近で採れたターコイズが使われていたそうです。

それは銅山なんかが入ってくるずっとずっと前。石でターコイズを採掘し、それを空の石、大地の石として儀式に使っていたという話です。

なんだか感慨深いものがありますよね。

 

キングマン自体は1880年代から銅山として大規模な鉱山となり街も発展していき、数々のオーナーを経て1960年代から現在のキングマン鉱山のオーナーが銅山とターコイズ採掘の契約を結ぶことで採掘を続けています。

キングマンの鉱山へのレポートは以前書いていますね↓

鉱山への旅④ キングマン

 

キングマンターコイズの特徴はなんといっても色々な表情。

ブラックスパイダーウェブ

 

同じキングマンでもターコイズマウンテンピット側から採れるもの。

グリーンのゴールデンマトリックスとか、ターコイズマウンテンと呼ばれて古いスタイルの伝統的なスタンプワークをするペリーショーティやエディソンサンディスミスはこの雰囲気の石が好きです。

 

同じキングマンでもイサカピークピット側から採れるもの。

パイライトや石英が入ることでもおなじみのイサカピーク。こういった雰囲気の真っ青なブルーのものは最近見かけることが少なくなりました。

 

ウォーターウェブと呼ばれるタイプ。

スタビライズドされたキングマンターコイズはクラスターやヒシネックレスにも多様されています。

いつも「キングマンターコイズ」一言で説明してしまいますが、採掘量が多く流通量も多いキングマンは、安定して手に入れることができる数少ないアメリカンターコイズです。

 

ターコイズから想像するアメリカの大地

ようやくネットショップに、カスタム用のルースの石が増えました!!

何年も在庫を更新していなくてすみません(汗)

早速カスタムのオーダー見積もりをいただいております。石から想像するインディアンジュエリー、至福の極みです。

カスタム用ルースのページはこちら。

 

アメリカで現在放映中の「ターコイズフィーバー」


日本のミスターターコイズ、スカイストーントレーディングの小寺さんも出演しています。ちなみに内容はというと、小寺さんにいい石を見せて買ってもらわないと!そのためにターコイズを掘る家族の奮闘やトラブルやドラマ・・・というアメリカンショーっぽい仕上がりになっています。

この動画は番宣ですが、どんな大地からターコイズを掘っているのかが少しわかる動画。

ロイストンの鉱山の様子が映っています。

ターコイズからアメリカの大地を想像し、そこに作家の姿を想像する。

ただの指輪といえども、その作品の奥には結構深い背景があって、そこがインディアンジュエリーの面白さです。

シンプルな石もの

ハリケーン、「フローレンス」が現在アメリカ南東部上陸中で、すでに停電や浸水などの被害をもたらしています。

自然災害が多いのは世界中。

これも温暖化の影響か、基本的に自然災害の少ないここ南西部も最近では山火事がとても多いです。

サボテン以外何もないような土地でも、極度に乾燥しているのでほんの少しの火花から取り返しのつかないような火事になることが多々。

キャンプファイヤーや花火は許可されたところ以外ではできないのでアリゾナなどに旅行に行かれる方、注意です!

 

さて、いつも忘れがちになってしまう石メインの作品たちがネットショップにアップされています。

その数全部で59点!!

8000円台から豪華なナチュラルストーンのクラスター10万円台まで、石のグレードや種類色々で選んでみました。

今までお店には並んでいましたがネットショップではあまり取り上げることがなかった様々な作家の、様々なスタイルの石もの。レディースのデザインも豊富です。

ターコイズを身に着けていると、「守られているような気がする」というお客様が多くいらっしゃいます。旅や新しいところに行くときのお守りという意味もあるターコイズ。その感覚をぜひ味わってください。

これからの季節に合わせたいゴールドもの

大きな台風が通過するようですね、何事もないことを祈ります!

ニューメキシコ州の今朝は15度を切り、さすがに寒く感じました。秋冬モードで衣替えの季節です。

今日はスタイルブックにも掲載された、ゴールドアイテムのご紹介。

(昨日レイバーデイで祝日だったので久々にショッピングモールへ出かけ買い物をしたんですが、ゴールドジュエリーの多さに改めてビックリ!!日本でも人気のForever21、ジュエリーラックの半分以上が金色で染まっていました。)

ファッションジュエリーとしてでも本当のターコイズを身に着けてほしいと思うマライカスタッフ一同。インディアンジュエリーで使われる14金のジュエリーと、本物の14金だと値段が高すぎる!という方のために14金のゴールドフィルドでジュエリーを展開しています。

総14金×ビスビー×Aaron Anderson

14金のセンター部分の細身オーバーレイリング。しっかりとした丁寧なカットとキュートなモチーフのルーションコインバ

結婚指輪のカスタムオーダーも多い、ジェニファーカーティスの14金。

こちらは、14金ゴールドフィルドの素材でオーダーしたもの。

ゴールドフィルド(GF)は、真鍮の周りに5%以上の純度の14金コーティングを施しているものです。金メッキ(GP)に比べて表面の層が厚いので、表面が剥がれて下地の金属が露出してしまうことがほとんどありません。 また、一般的にアレルギーを起こしやすい物質はほとんど含んでいませんのでシルバーアレルギーの方にもおススメです。

近年ではゴールドフィルドがとてもポピュラーになり様々なパーツでジュエリーが作られるようになっています。

この作品たちは通常のシルバーで作るように様々な地金を取り寄せ、Fred Petersにハンドメイドで仕上げてもらいました。

ナチュラルターコイズとゴールドの色味で一気に高級感がアップします。

 

ターコイズ物入荷

ここ最近大量に発生している、プレーリードッグ。春生まれた子供たちが今ちょうど外に出てくる時期らしく、多いところでは一メートル範囲に20匹以上はいると思われる大量っぷり。なんだか年々数が増えている気がする・・・。

道の横にたくさんの穴が開いていて、急に飛び出してくるプレーリードッグたち。(そういう時はハンドルを切ると自分の身が危ないので突進しなさいと教えられました!) ヘビやウサギも見られると、あー夏だなぁと感じます笑

砂漠地帯らしい風景です。

さてさていよいよ夏本番に近づき、ターコイズ物が入荷してます!

サンシャインリーブスの定番物、王道のコンチョペンダント。他にもサンシャインリーブスの定番物いろいろ入荷してますよ。

こちらはハイグレード石のアーティストものシリーズ。

透明感があるハイグレードのターコイズが付くと、シルバー物とはまた違い、一気に高級感が増し、これぞ一点ものといった雰囲気になります。

ターコイズのトレードはまだまだ信用で成り立っている深い深い世界。この石がどういう人から、どんなルートでアーティストの手に渡ったのか、そしてアーティストはどういうイメージをもってこの作品を作ったのか、妄想に馳せるだけでワクワクできるのがインディアンジュエリーの楽しみでもあります。

今日はワールドカップ日本戦ですね!サッカー人気は日本やヨーロッパに比べめっきり低いアメリカですが、今回は観たいと思います!

石の季節!

今週は20度越えの日が続くニューメキシコ州。

そんな中、アメリカ駐在はひたすらターコイズと格闘しています。

どれぐらいの材料が必要か確認。(ローンマウンテン、ビスビー、キャンデラリア、ダマリ、超ハイグレードたちばかり)

ハイグレードの石はどの石にどのアーティストを合わせるか、とても悩みます。

これは何でしょうか?

ブラックウェブナンバーエイト」黒網ってやつです。

周りは赤茶色なのに、切ってみたらブラックウェブ。ターコイズは鉱物なんだなぁと改めて思う、素晴らしい色味。

ターコイズは、本当に奥深い世界です。大地から掘られる石が、多額で取引される。アーティストは個人でやり取りできる時代になってきましたが、ターコイズのマーケットはまだまだバイヤーのみぞ知る信用第一の世界。たくさんの経験と失敗、努力を経て勝ち取るターコイズたちなのであります。

ターコイズが付くと、すべてが一点ものに変わります。

アメリカでもなかなかお目にかかることのできない様々な鉱山の、様々な色味のターコイズ。

 

春、これから石の季節!

4月になりましたね、新学期、新しい季節!

という感じが全くしていなかった砂漠地帯のニューメキシコ州ギャラップ。でも今日駐車場にて、桜開花を確認! お花見したい!

気分が明るくなりますね!

さて、オンラインショップにて、ターコイズデイズ開催中。

ターコイズを中心としたシンプルな作品、ヘヴィーなものからプチペンダントまで。ナチュラルターコイズの価値と温かみ、経年変化を楽しみたい作品です。

春に向けてのプロジェクト。