ホピのカチナチーフ、ベラタワホングバ

000000003814_1 000000007980

Exif_JPEG_PICTURE

この作品を見たとき、どんな印象でしょうか?ピカソのあの一部の絵を見た感じ?ちょっとヘンテコ?分かりにくい?

ホピ族のジュエリーを知っている方でも、作品だけを見ると、なんかすごい!でも一体何?なかなか分かりにくい印象があるのではないかと思います。

ホピ族のモチーフと言えば、ココペリ、トウモロコシ、レイン(雨)、などが有名でしょうか。モチーフが好きでホピのジュエリーが好きになったという方も多いと思います。

ホピ族のジュエリーの背景には、深い深いホピ族の信仰があります。

ベラの今日出来上がったジュエリーがこちら。

 

img_6891

この作品にタイトルをつけるとすれば「Being Rich」「お金持ちになること」

ホピ族にとって、「お金を持つということはリッチになることではない」のだそうです。

「リッチになることというのは、たくさんの雨を降らせ、たくさんの作物を実らせること」

雨に祈るロングヘアーカチナとフルートプレーヤー、雨、雷、そしてトウモロコシ。だからこれはホピ族にとってリッチになることの祈りが込められたペンダントということです。

すべてのジュエリーの背景には、そのための祈りがあります。

でもこの現代社会、こうやってジュエリーを売ってもっともっとお金を稼ぎたいと思わないのかと意地悪な質問をしてみました。

「家族が学校に行き、必要なものを買い、車のローンを払い、公共料金を払うのにはお金がいる。支払いのためにはお金が必要。でもそれ以上のお金は稼ぐ必要がない。ホピの信仰では、お金を稼いで貯めるように持つことは悪いこととされている。それは豊かなことではなく、トウモロコシと豆を貯めることの方が豊かなことだから。」

「お金を稼ぐというのは自分の気持ちが満足させられることでしかない。作物が実りそれが蓄えられることは、人類すべての豊かさにつながる。だからホピの祈りは4ディレクション(4方向)すべて、全世界すべてに行きわたるように行われる。」

ホピ族の神話には、「ホピ族のクリエイター(創生者)が生きていける強い精神力を身につけるために現在のホピ族の居留地である不毛な土地に住まわせた」という一説があります。

ベラは、現在村のカチナチーフという非常に重要な役割を担っています。年に何回か開催されるジュエリーショーには、儀式がいつ行われるか分からないから一回も参加することができないと言います。毎月、長い時は2週間以上もキヴァにこもり祈りをささげ、儀式の準備をしています。ホピ族の信仰に重きを置いた生活を選ぶ人は、住むところを変えたり、定職についたり先々の予定を立てたりすることはできません。

「インディアンの言葉」なんていうようなタイトルの本に出てきそうな言葉をたくさんいただいた今日の買い取りでした。ベラタワホングバの作品はこちらから。

berra

ちなみに、ベラが作品にコヨーテを使うのは、人気だから・・・という理由もありますが彼の氏族がコヨーテだからです。すべての儀式はこの「氏族」、クラン、に基づいて行われます。

0000000018012

暑い毎日!

ここの所、100F(38度)越えの毎日が続いてます!!

日本のように湿気がないからいいんですが、日差しが痛い。。。
実はインディアンの人って焼けやすいのですぐ黒くなってしまうみたいで、男の人でも真っ黒にはなりたくないといって日焼け止めを塗っている人を結構見かけます。
さてさて、先週末はホピの村で大きなレインダンスがありました。
このレインダンスは一般的にも公開されているもので、たくさんのアーティストからお誘いを受けたし、なんといっても大好きなロングヘアーのダンスなので久々に行ってきました。
ダンスやセレモニーだけでなくホピの村が、写真、イラスト描写などが禁止されています。
まずはBerraTawahongvaのおうちで腹ごしらえ。
写真を撮っちゃいけないと思ってカメラを持ってこず、Berra家が撮れずにしくじりましたが、実はBerraさん、数年前に自宅が火事で全焼してしまったんです。
小さなトレーラーハウスに移った今はキッチンの横の2メートル四方ぐらいのスペースで作業をして、それにはびっくりしました。
やはり、才能のあるアーティストってすばらしいです。
トウモロコシとポークのシチュー&手作りパンをいただき、ダンスを見に行きました。
レインダンス、雨を祈り、作物の恵みに感謝する儀式。
カチナは本当は数を数えてはいけないそうなんですが、(Clifton Mowaが言うには150体ぐらい)のロングヘアーカチナが踊っていました。
圧巻!
たくさんのアーティストも参加していたようです。
ダンスが終わった後、カチナ達に供えられた果物や食べ物などがお年寄りや家族に振り分けられるのですが、屋根にのぼっていた我々に降りてくるように言っているカチナがいて、Berraの言うままについていくと、カチナからありがたいおすそ分けをいただきました。
こうやって人と繋がってこられてよかったなと思う瞬間でした。

カチナチーフ(カチナダンスの儀式の中でのリーダー)も務めることがあるBerra、改めてカチナとホピライフに刺激を受けました。
たくさんのアーティストが参加していた今回のダンス、実はマライカでも扱っているあるアーティストがカチナチーフだったんです。老若男女問わず参加する儀式は、(意味は全然違いますが)日本の盆踊りを思い出させました。
ロングヘアーが踊って、キヴァに戻った後は道化師役のマッドヘッドが余興!?みたいのをやって人々を笑わせていました。

ジュエリーに刻まれたマッドヘッド。

ロングヘアーカチナの話

ホピ族のモチーフとしてお馴染みのロングヘアーカチナ
こんな感じで、ジュエリーにも様々使われています。個人的にも大好きな、ホピ、ズニで一年中様々な儀式に登場する代表的なカチナです。

カチナ作家に、ロングヘアーカチナについて教えてもらいました。
長いあごひげと髪の毛が天まで届き、雨を降らせる雨の神様でもあり、雨=作物が育つ=生命の源ということでとても重要な役割をもつカチナ。
儀式に登場するときは、いつも1対ではなく、何体かの団体様で登場します。

顔の青は、ブルースカイ、顔の下の色はレインボー、虹の象徴。
ひげに付く3つの羽は、ジュエリーにも出てくる、祈りの羽です。

髪には、絶対に4つの白い羽と1つの大きい羽が付いているんだそうです。
4つの羽は、4ディレクション(東西南北、季節、命などを表した4方向)を表すとともに、とうもろこしも表していて、トップについている大きい羽はトウモロコシの先の花粉のついたふわふわした部分を表しているそうです。
カチナのドレスには、雨雲が刻まれた手織りのドレスが用いられます。
このカチナが手に持っているのは、豆のスプラウト。
作物を育てることができない冬の間、なんと地下のキヴァの中で豆が育てられているんだそうです!
そして、キヴァはホピの儀式をおこなう場所として有名ですが、地下から外の世界に出るキヴァは

実はグランドキャニオンの底の第三の世界から出てきたと言われるホピの人々が第四の世界である現在にたどり着いたことを意味しているそうです。
カチナ達は、キヴァを出入りするときは絶対に梯子をつかって出入りするとか。
壮大なお話です。
カチナで検索するといろんなカチナのジュエリーが出てきますよ。

やっぱりホピの話はつきません…②

前回はRubenのジュエリーの特徴についてお話しましたが、
今日はホピのジュエリーによく見られる〝メイズ〟についてのお話です!

Jason Takala作 260000円
メイズ(迷路)はホピの人生哲学を表しています。
上部に描かれているのは〝ヒューマン〟であり、中央の〝グッドライフ〟を目指し人はチャレンジし人生を歩んで行くというもの。そして一つずつの選択にはちゃんと答えが用意されていて、メイズの中央はその選択よってたどり着いた結果を表しているというものです。
これもなかなか〝おぉー!〟という話なのですが、Ruben Saufkie曰く、実はメイズには裏ストーリーがあるんだとか。
これからお話しするのはピマ族に伝わるメイズの解釈らしいです。
上部に描かれているのは〝Itoi(イトーイ)〟というメディスンマンで、この人がメイズを創造したのだとか。
このメディスンマンはとても力があった為、悪魔たちはこのメディスンマンを殺そうとしたそうです。
ですが一度この迷路に入ってしまうと迷い、イトーイのいる中央には辿りつけず、外に出る事も出来ず、その内に我を失った悪魔は自滅してしまうそうです。
どんな時にも我を失ってはいけないという事ですね。。
そしてこの裏ストーリーが実はメイズのオリジナルストーリーらしいのです。
日常の中で怒ったりネガティブに感じてしまう出来事はどうしてもありますが、
〝いい事も悪い事もすべてに感謝すればネガティブな感情は消える〟とルーベンはいいます。例え嫌な事をした人にも『ありがとう反面教師になってくれて…』と発想の転換をするんだとか。なんて仏のような人、ルーベン!!!!!
なかなかルーベンの様にはできないですが、このルーベン式ホピの信仰、結構習得したらHopi(Happy)になれるかもです。
メイズの作品はこちらから→★★★

やっぱりホピの話はつきません…①

しばらくぶりです、ご無沙汰です!
最近パタパタとあちこち仕入れをしてまして…
〝あちこち〟の一つ…HOPI★

Hってところが梯子なのが可愛い!と思わずパチリ。
この梯子、儀式を行うキバという建物に立て掛けられている梯子をイメージしたもの。
久々のHOPI村訪問なのでRuben Saufkieの工房にお邪魔しました。
作ってる姿は真剣そのもの、まさに職人の顔です。

ルーベンのジュエリーには一つ一つに彼の哲学や、祈りが込められています。
また、ホピの教えが表現されており、ストーリーに沿って伝統的なモチーフが組み合わされているので、ホピのジュエリーでよく使われるモチーフですがどこかユニークです。
↓ロングヘアとコーンが合わさったデザイン。ロングヘアが雨をもたらし、コーンが実るというストーリーです。
45000円
さらに…
彼の作品と言えば上面のシルバーがトゥーファキャストで作ったシルバープレートを使っているという事!
※トゥーファキャスト…石の型に溶かしたシルバーを流して作る製法
39000円

通常こうした質感はキャトルフィッシュ(巨大コウイカ)の甲のざらざらした面を使って作るのですが、
ルーベンのはすべて手掘りなんです!!!
これはホピのトップアーティストRoy Talahaftewaに習ったのだとか!

さらにさらに…
この〝マデリング〟と呼ばれる下面のシルバーに入れる線にもこだわりが!
この線入れはスタンプするのが通常ですが、ルーベンの場合は彫刻刀のような工具を使って一線一線刻み込んでいます。
スタンプを使うとスタンプの幅の入るところまでしか模様を入れられないので、この彫刻刀を使うのだとか。
左が通常使われるスタンプ、右がルーベンの彫刻刀

なんとなしに感じる重厚感、こうしたちょっとしたこだわりで全然見栄えが違ってくるんですね。
彼の作品はジュエリーというより、まさにアート!
シルバーだけで魅せるホピのジュエリーはシンプルにみえて実は奥が深い!
ルーベンの作品をもっとご覧になりたい方はこちらから→★★★
つづく…

ホピの世界

昨日は雪が降って、高速道路が凍結して閉鎖されました!
昼間も氷点下の本日・・・・。
そんな中、半そででやってきたRuben Saufkie
12月は、ホピの人々にとってとても大切な月。
現在様々な人が、12年12月12日や新しい世界がくるとされる12月22日を心の片隅でどこか気にしているようです。
ホピ族もマヤ暦と同じで、12月22日から新しい世界が来ると告げられています。
そのため、今様々な祈りの儀式がホピ族の村のキヴァの中で行われているそうです。
こちらが、今まさに行われている祈りの儀式を表したもの。

ホピの男性が、キヴァの中でパイプ&タバコの煙をくゆらせ、それに祈りをこめている様子。タバコは日本のタバコ(シガレット)のようなものではなく、英語でもタバコと呼ばれもっと神聖で特別なものです。
キヴァの中には祈りに欠かせない羽が描かれ、祈りはキヴァのはしごを通って天まで届き、雨や太陽の恵みをもたらします。
作物の恵みだけではなく、宇宙全般まで届くとされるその祈りは、環境問題や世界平和までもを含むそうです。
そして、カチナの話も教えてもらいました。
こちらはルービンの仲間、ベネットの作品、ブロードフェイスカチナ。

「なまはげのような存在」として認識していましたが、本当はプロテクター(守り神)であり癒しの神なのだそうです。
手に持ったヤッカと呼ばれる植物でできたムチは、悪いところを癒すためのもの。
悪いところがある人々は、このカチナにコーンの粉をまいてムチで触ってもらうのだそうです。
チベット仏教にもこんなお面がありまして、

Rubenは以前、ダライラマにブロードフェイスカチナを渡したことがあるとか!!
マライカにもこのお面、あったようなー。
すべてはつながっているんだよと語ってくれました。

そしてこちら、イーグルダンサーはメッセンジャー(神の使い)
ワシはとても神聖なもの。昔はカチナや祈りのために使われていたワシの羽。今は儀式のときにカチナの使う分だけしかとることができないんだそうです。
祈りを神に届け、守ってくれるのだそうです。
深い深いホピの世界。