たまには癒し、ABQ Bio Parkへ

昨日はニューメキシコ州の空港都市、アルバカーキで少しジュエリーショーをのぞいた後、
動物園に行ってみました。
なんとなく行ってみたものの、
警察も出動し何事かと思うほどの渋滞。

どうやら母の日のイベントが行われている様子で、クーラーボックスやイス持参で歩いている家族連れがたっくさん!
こちら、アルバカーキ Albuquerque 略してABQ Bio Park です。

一般は$15、他に水族館と庭園もあり、それの共通チケットは$20です!
以前も一回行ったことがあるのですが、テレビで見たことのある旭山動物園さながら?の感じですごくおススメなのでご紹介。
今回はジュエリー全く関係なしです・・・。

“たまには癒し、ABQ Bio Parkへ” の続きを読む

El Morro National Park

連休、いかがお過ごしでしたか??
日本はゴールデンウィークなのに、私もどこか行きたい!!!
と、フェイスブックなどで友達がいろいろなところで楽しんでいるのを見て思い、
ズニの近くにあるEl Morro という国立公園に行ってきました。



数々の有名なスペイン人たちが、ここにサインを刻んでいきました。


ものすごい上手なものもありまして、それが見ものです。
二つのトレイルがあり、1時間ぐらいで回れるのでお勧めです。
ペトログリフや頂上に上ると昔の住居跡なんかもあります。

今回は自然の中でぼーっとしてきました。
というわけで仕事、がんばりましょー!

冬です・・・。

商品の発送準備に追われてがんばっております!
そんななか、土曜の朝起きると・・・。

雪!!!
毎日朝は氷点下だったり、11月に雪が降るというのは当たり前なのですが、どうも日本人の感覚からしたらもう!?と思ってしまいますね。
ホピのジュエリーなどにも出てくるように水や雪は、乾燥地帯のニューメキシコ、アリゾナにとって恵みのもの。
日本に来日したJason Takalaは、雪の氏族で雪の刻印を使っていますね。
ナバホ族では、初雪が降ると雪で顔を洗い、体を清めるという伝統があるそうです。
他にも雪にまつわる話、いろいろありそうです。


紅葉や落ち葉、木の種類なのか日本のもみじのように真っ赤には染まりませんが、秋という感じです。
日曜は、退役兵士の日で、アメリカは祝日でした。
様々なところでパレードや兵士をねぎらうイベントが行われていました。



退役兵士、現役の軍に所属する若者がパレードし、民衆が感謝の気持ちを込めて激励します。
大手スーパーウォルマートでは、こんな光景が!

チリで作られたクリスマスツリー!!
日本では鍋の季節、こちらではシチュー(野菜やお肉をチリなどで煮込んだもの)の季節です★
そんなクリスマスにオススメのジュエリー、入ってますよー。

14金が使われていて渋いです。
ブルースモーガンのシンプルスタンプがステキ。
時計もありますよ!

Baby Baby Baby

日本は残暑がまだ厳しいと聞きますが、こちらは日に日に日が短くなって肌寒い日が続いています。
もう夏の終わりも近いようです。
ところで最近周りがBabyラッシュ!
ネイティブにとって赤ちゃんは幸福そのもの、みんな赤ちゃんを見るだけで〝あ~ん〟と幸せのため息です。
そんな赤ちゃんに関係する面白い伝統がこちらにはあります。
まずはこちら、Steve Arvisoが作ったBaby Bracelet!
むちむちの腕にこの豪華なバングル。かなりかわいいです。

こちらでは赤ちゃんに持たせる〝お守り〟としてベイビーブレスレットを結構見かけます。
大人になって赤ちゃんだった頃の自分のサイズがわかるのも面白いし、はたまたリングなどにカスタムしてもいいですよね。
そしてナバホ族には赤ちゃんの初笑いパーティがあります。
生後数カ月で赤ちゃんはSmile(微笑み)をするのですが、3カ月程経つと声をだして笑うLaughになります。
この初めてのLaughを作った人が赤ちゃんの為にパーティを開くんだそう。もちろん親と限らず、誰でもが対象になります。
このパーティでは親族、友人を呼んで御馳走を作り赤ちゃんの初笑いを祝います。
もしこのお祝いをしないと赤ちゃんは何でも一人占めする子になってしまうんだとか!
初笑いパーティのお土産。お菓子に混ざって塩の袋が入ってるのがなんだか儀式的!

そしてこちらがJason Takalaがデレデレになる7人目のお孫さん。目がぱっちり!かわいい!!

この日はこの赤ちゃんのBaby Showerの行きしなだったよう。
アメリカ式だと赤ちゃんの誕生を祝って、ゲストがオムツやらおもちゃやら子供服をギフトとして持ち寄り、ホストは簡単な食事を振舞うののが一般的なBaby Showerです。
しかし今回の赤ちゃんはHOPI BABY!!という事でBaby ShowerもHOPI式。
HOPIのBaby Showerは生後20日を過ぎると行うそうです。
内容としては…
HOPIの名前をつける。
初めて頭を洗う。
ホピ伝統のシチューを食べさせる(真似)。
儀式用のプディングを食べさせる(真似)。

その他にも〝初雪が降ったら髪を切る〟なんて面白い話も聞きます。
そして最後にこの紹介。
なんだと思います?

実はこれ〝cradle〟クレイドルと呼ばれる揺り籠です。
この揺り籠に赤ちゃんを縛り付け、それを天井から吊るして揺らすんです。今でもこのクレイドルを使ってる家庭はまだあるようです。
ちなみにこれは父親が子供の為に作るものなんだとか。
しかし縛り付けられている赤ちゃんをみるとなんだか窮屈そう。
このクレイドル、ヨーロッパより白人は入植し始めた時代に使われ始めたのだそう。当時ネイティブの女性、子供、老人が虐殺される事がよくあった話だったそうです。
そこでネイティブは自分達の血を守るためにも、赤ちゃんをクレイドルに入れ、いつでもすぐに逃げられるように、また時に岩の隙間に入れ隠したりもしたんだとか。
なんとも血なまぐさい歴史ですが、ネイティブの知恵を感じます。

メディスンマンとリング

今日はアメリカ独立記念日!!!
あらゆる所に…

アメリカ国旗!!

夜になると、たくさんの花火もあがり
スペシャルな祝日のようです!!
話が変わりますが…
先日DanJacksonがきました!

彼は、私が人差し指にリングをしているのを見て少し顔を歪めていたので、
気になって、色々な人に話を聞いてみました…
メディスンマンと人差し指のリングの話を聞く事ができました!
メディスンマンは、利き手の人差し指の第一関節がうまる程の
大きなリングをつけているらしく、
そのリングをつけた人差し指で魂と対話し、指示をだしたりするそうです。
なので人差し指のリングはとても大切…
メディスンマンは暗黙の了解でどの人がメディスンマンかという事を秘密にされており、
自らもメディスンマンと名乗ることはありませんが、人によってはずっとそのリングをつけているそうです。
また、伝統的なやりかたでは、ナバホ族の人が亡くなったら…
リングの石を割るか、内側を切るかして人差し指につけて送るそうです。
ナバホの伝統を重んじる人からしたら、
メディスンマンでない人が人差し指にリングをしているのは、奇妙だという
貴重な話を聞く事ができました。
個人的にファッションで人差し指にリングをつけるのが、好きで
よくつける私からしたら、
衝撃的な話でした!

ニューメキシコの動物たち…

こちらの町は車を運転中に色々な動物に出会えます。
この標識は、鹿に注意!!
この標識の鹿が大きくなると、大鹿に注意!!らしい…
分ける意味があるのかは、さておき…
まだ鹿には出会った事はありませんが…

ロバさんに出くわしました!
ムシャムシャとを食べてました!

そしてこちらは、
牛さん待ち!!
道路を牛さん親子が横断中…

わっ!
こっち見た~

プチ、サファリーパーク!!

この広~い、道路から突然
動物たちが出でくる事もあるので
視野をかなり広めて運転しないと危険です!!
夜になるともっと危ないらしく、地元の人にも
気をつけるよう言われます。
本当に気をつけよっと…

チャコキャ二オンにいってきました~!!

1987年に世界遺産に登録されたと聞き、ドキドキ、ワクワク気分で向かいました。
車の状態が心配になるほどの険しい砂利道を通過し、たどり着きました!

こんなにも遺跡が残ってる事に驚きました!
紀元後900年から1150年にかけてプエブロ文化の中心地だったそうですよ!

チャコキャニオンの人々は砂岩を切り出し材木を遠方から運んできて19世紀になるまで遺跡を築いたといわれています。
この石畳を積み上げる作業はとてつもなく大変だったはず!
全てがこの石畳!めちゃくちゃスゴイです!
結構な高さまで積まれてます!

内部はこんな感じでした…


チャコキャニオンの遺跡群はプエブロ族にとって神聖な先祖の地だそうです。
こちらは、神聖な場所キバです。

このキバで色々な儀式が行われていたのか~
1130年から50年間、
雨が降らず水不足状態になり気候の変化によってチャコキャニオンの人々はこの地を離れたみたいです。
チャコキャニオンに行ってみて…
プエブロ族の人々が強く生きた証を直接、肌で感じる事ができました!
プエブロ族ホピのジュエリーにはキバがよく描かれています。
ロングヘアカチナの左に描かれた、地面からはしごの出てるものです!

Kevin Takala作バングル 68000円

ホピのジュエリーはこちらから→★★★

Congtars!!

卒業シーズンはまだまだ続いていますー。
5月、6月が卒業シーズンでそこから夏休み・・・という感覚が日本人だとなかなかつかめませんねー。
Arnold Goodluck家の3女の卒業パーティに呼ばれて行ってきましたー。
高校卒業という大イベント、両親は朝からせっせと準備。
お母さん、前日の夢でも料理を作っていたとか・・・。
家庭によっては、100人ぐらい集まる大きなパーティを開いてDJを呼んで・・・とか超豪華です。

アーノルド家の4姉妹☆主役自ら配給してくれました。
家族、親戚が集まってご飯を一緒に食べて、そのあとは。。。


こんなかわいいケーキたち。
アメリカのケーキは基本的に色がものすごいですが、こちらはまだ控えめな方。
色つきのクリームの部分をたべると、くちびるがすごい色になったりします。
この時期になると様々な日用品屋さんにでまわる卒業グッズ。
プレートやナプキンなども、2012とか、Congrats!(おめでとう)とかプリントしたものが使われます。

テーブルにも2012と、帽子の形のキラキラがちらばっていました。
こんなに大きくなりましたよという子供のころからの写真もありました。
高校を卒業=ひとり立ちという文化なんですね。
さてここのところ急に暑くなってきて、ニューメキシコらしさが出てきました。
が、先週の強風でニューメキシコ至上最大の火事が南の方で発生していて、大ニュースです。少しずつ納まってきているそうな・・・。
あまり暑くなりすぎないうちに、この前馬に乗せてもらいました☆

この空の色、ニューメキシコ!!!って感じです。

遅くなりましたが、受賞者の発表!

先週末はアリゾナ州で行われたジュエリーショーに行ってきました!
各アーティストたちが気合を入れて作る大作、さて今年は誰が受賞したんでしょうか??
こちら、相変わらずの活躍を見せるSunshine Reevesのコンチョベルト

部門1位を獲得!
そして写真はないんですが、Tony and Ola Eriacho 部門第二位!
Raymond Yazzie 部門第二位!
様々なアーティストがこの日のために大作を作っていたのですが、
前日に終わったからエントリーできなかった・・・・。という声を多々聞きました。
ジャッジする時間が必要なので、エントリーする作品はショーの二日前に会場に持っていかないといけないという内部事情がありまして、
遠くからくるアーティストは最後の2日間追い上げの時間をとられてしまうというわけで、
今回は作品のエントリー自体をしている人が少なかったかなーという印象でした。
でもたくさんのいいものが仕入れられて、オーダーもできて、
充実したショーでした☆
すこしだけ収穫のご紹介。




それにしても砂漠のニューメキシコからすると南国のアリゾナの町は、
暑かった!!!
日差しが強くて肌がガサガサ・・・。
メキシコ出張に行った駐在員、多忙&何かのウイルスに感染?したらしくダウンしてましたが本日なんとか復活しました。
そのうちご報告ができるかと・・・・。
海外出張、いろいろ問題はつき物ですね-。