コレクターの石を使ったジュエリー入荷しています!!

先日ナバホのリザベーションに遊びに行って、きれいな二重の虹をみました。

この日は何度もサンダーストームがきた為、その度に虹が姿を現しました。
障害物のないここニューメキシコでは半円の虹をみる事ができます。
そして初めて虹の出来る瞬間をみて興奮しました。

今日はそんな空から盗んだ青といわれる、ターコイズのお話です。
ここ最近マライカではコレクター物のターコイズが続々登場しています。
タイロンブルーウィドウブルーダイヤモンドセリリョスなどなど!
鉱脈の数だけ石のストーリーがあります。
今日はその中でも“ブルーウィドウ”に焦点を当てたいと思います。

この石にどんなストーリーがあるかというと…
ブルーウィドウの鉱山は別名“ブラックヒルズ”の名前で知られています。
そうです、あのスー族とアメリカ政府が半世紀を越えて今もなお争っている鉱山です。
もともとこの地域には複数のインディアンの部族が点在しました。18世紀になると、ミネソタからやってきたスー族がここを精霊の宿る丘として崇拝し、占領し始めました。
ところが1874年、ジョージ・アームストロング・カスター将軍がこの土地に豊かな金脈があると発表したのです。それによってたちまちゴールドラッシュが起こり、白人達が押し寄せました。
ですがこの土地、既に1868年にアメリカ政府は“ララミー条約”でスー族の権利を認めていました。これは明白な条約違反でしたが、その時の文章が詩的であいまいな物だった為、都合よく解釈をして、聖なる土地を強引に差し押さえて破壊したのでした。
1980年にアメリカは非を認め賠償金として土地価格とそのおよそ100年の間の利子を提示しましたが、結局話しはつかず、現在もなお利子が増え続けています。
黒く細かいウェブがきれいなブルーウィドウですが、そんな背景があるんですね。
この石、現在とても入手困難になっています。なんせ、採掘されたのが3年足らずに非常に寿命に短い鉱脈でした。そして現在も採掘の目処はたっていないそうです。

ターコイズ鉱山

6月にしては異常に寒く、朝方はまだ暖房に頼っているニューメキシコです。
本日は、ターコイズの鉱山についてご紹介。

ターコイズは、こんな何にもない岩山に眠っています。
ホントに一見ターコイズが取れるなんて思いませんが、この下に数々の鉱脈が眠っているんですね・・・。写真はネバダ州ロイストン鉱山です。
たまたま歩いていたらキレイなターコイズが落ちていて、ちょっと掘ってみたら素晴らしい鉱脈を見つけた、なんてランダーブルーの話も有名ですが、本当に広大な大地からその鉱脈を見つけるのは至難の業です。
未だに眠っている鉱山もたくさんあるのかもしれません。
ロイストン鉱山は一つの家族によって今でも採掘作業が行われ、まだ美しいターコイズが採掘され続けています。鉱山は非常に広く鉱脈もたくさんあるため、手作業で掘っていくと非常に効率が悪いので、ダイナマイトを地中に埋め、岩盤を砕いてからブルドーザーでターコイズを集める事が多いとか。ダイナマイトで爆発させると、原石がごろごろ出てきます。
こちらはその原石を、ブルドーザーで集めている様子。

その原石をジュエリーにできるサイズにカットし、表面を磨くとこんな感じになりました。

原石は磨く前よりも色味が薄く見えたり、どんなウェブが入っているか分からないので、どこで石をカットするかが職人の技の見せ所。カットの仕方によって、せっかくの美しい部分を切り捨ててしまう事もあります。
一方で以前もご紹介しましたが、このようなターコイズの採掘作業は経費と時間をかけて採掘しても、ハイグレードの石がほんの一握りしか取れなかったりすることもあり、採算に合わないことも多い為、多くの鉱山主が鉱山を手放したり、鉱山を持っていても作業を進めるお金がなかったりして鉱山の作業が進んでいなかったりする現状もあります。
当たると大きい銅やシルバーの鉱山と同じですね。
広大な大地で、長い時間をかけて作られたターコイズ、それをこうやって掘り起こした一粒がジュエリーになったと考えると、本当にすごいです。
そんな一粒一粒、様々な人たちの手が加えられて今マライカまでたどり着いた、素晴らしいターコイズジュエリーたちをぜひこちらからご覧ください。

貴重価値大!!ローンマウンテン入荷!

ここ最近、ビズビーモレンシローンマウンテンと現地でも入手困難になってきたレアターコイズに新入荷が続いております。石好きのお客様、お見逃しなく!
上記の石は現地でもだいぶ見かけなくなってきており、私達駐在員も手に入れる為日々あくせくしております。いろんな石屋さんに頼んでますが、なかなか市場に出回らないらしく、最近ではグレードの低いものでも結構な値段で売られているのをみかけたりします。
今回はその中でも、3大ターコイズとも呼ばれているLone Mountainをオススメしたいと思います。
ローンマウンテンはネバダ州の中南部エメラルダ郡に鉱山があります。
元々、銅を発掘する目的で掘られた鉱山でしたが、そこから美しいターコイズが発見されたのでした。まさに棚からぼたもち!ですね。
ターコイズの価値を左右するポイントでもある硬度がローンマウンテンは非常に硬く、長年ご愛用頂いても変色しないのが大きな特徴です。
鉱山の歴史は1920年から1960年まで盛んに発掘されたと言われています。
現在は細々と取れる程度なので、なかなか鉱山主もコレクションを手放そうとしません。当初鉱山はBLUE JAYの名前で親しまれていました。
今回マライカで入荷したものはいずれも鉱山主から直接仕入れたものになります。
この濃いブルーの地と染み出すような細かいウェブをご覧ください。このような濃いブルーの物はここ最近本当に見なくなりました。

少々高めの石になりますが、色あせる事なく輝きを保ちますので、一生の財産になります。
希少価値No,1のランダーブルーに次ぐローンマウンテンは現在も高騰し続けています、手に入れるなら今です!

ターキートラックターコイズ

珍しいターキートラックターコイズが入荷しています。
ターキートラックターコイズは、ロイストンイースターブルーなどの鉱山があるネバダ州トノパから東に約100kmのところにある鉱山からとれたターコイズの名前です。
1950年後半に渓谷で発見されたとても小さい鉱山で、発見された際その鉱山の下にあった鳥の足跡が七面鳥の足跡に似ていた為この名前が付けられました。小さい鉱山のため産出量も少なく市場で見かけることはほとんどありません。
ネバダ州、トノパはターコイズ鉱山がたくさんあり、以前はシルバーや銅山としても非常に有名な地域でした。現在はターコイズと銅の産出が産業ですが、以前よりも産出量は激減しており、ブルドーザーを使って掘り起こして選別してもほんの一握りしか採れないことも多いため産業として採算をとるには難しく、以前に比べると規模がかなり縮小しています。
鉱山を持っていても、その鉱山からの採算だけで生活している人はかなり減り、他の仕事をしながら時間があるときに鉱山に行き採掘作業をするという人が増えています。
もちろんその中でもまだターコイズに情熱をかけてトノパに住み続ける鉱山主もいます。
次にいいターコイズがいつ採れるか分からないので、鉱山主たちはハイグレードの石が採掘されても保存していることも多く、少しずつ信頼できるディーラーに売っていくことが多いです。
今回のターキートラックは、そんな鉱山主が放出してくれた石を購入したものです。
深い透明感のある水色に、赤~茶色のマトリックスが入っています。
非常に珍しい石なので、一見の価値ありです。

Red Mountain入荷!

レッドマウンテンのペンダントが大量に入荷しました。
ネバダ州ランダー郡に位置し、ランダーブルーに近いような細かく濃いウェブが入ることで知られるレッドマウンテン。言うまでもなく入手困難な石で、アメリカのコレクターの人気も高いです。
今回入荷したものはコレクターから直接購入したもので、レッドマウンテンの中でも深く赤茶色のような色のウェブが美しく入っており、非常にグレードがいいです。
一見の価値アリですよ。

Bisbeeペンダント入荷してます☆

人気、入手困難度ともにトップクラスのビズビーターコイズ。
ここアメリカでも、普通に市場に出回っているものはほとんどなく、あってもグレードがかなり低いものばかり。どこの石屋さんも、ビズビーは入手困難だといっています。
お客様からのお問い合わせも多い人気ターコイズ。
そんなビズビーターコイズのペンダントが入荷しました!
シンプルなデザインで作ってもらいましたので、合わせやすいですよ。

女性に合わせやすいターコイズ!

ターコイズジュエリーは男性を中心に人気がありますが、女性の方にもぜひハイグレードのターコイズを身につけていただきたい!という思いで、華奢なチェーンにも合わせやすい小さめのペンダントや細めのリングも作ってもらっています。
特にナンバーエイトローンマウンテンを使用した、シンプルなペンダントヘッドはさりげなく本物を身につけられるサイズでオススメです。年齢問わず使っていただけて、石の美しさが分かるシンプルなデザインにしてもらいました。
ターコイズしてます!というアピールをしないので、普段でも使っていただけるハイグレードターコイズの作品です☆
結婚式の「Something blue」、何か青いものを身につけるといいという言い伝えもありますよね。
ゴールドのチェーンなんかに合わせてもステキです。
こちらはハイグレードローンマウンテンのペンダント。