「基本用語説明 作り方編①」

今日は、私たちがよくブログやオンラインショップの商品説明で使う、インディアンジュエリーの用語についてちょこっとご説明しようかと・・・。
自分たちでは当たり前と思っている用語も、実はかなりマニアックな単語だったりして、オンラインショップの説明など、これってどういう意味?と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
今さら・・・な方もいらっしゃるかと思いますが、道具の写真なども載せてみますので少しでもジュエリーを選ぶ際の参考にしてください★
①「スタンプ」
先端が削られ、模様が彫られている、シルバーの板に模様を打ち込むための工具。
シルバーの板にあてがい、ハンマーでたたいて模様を刻んでいく。
スタンプの起源は鉄道や車などに使われていた金属を使ったことから始まります。
スタンプの模様や作りには作家のこだわりが現れます。既製品もたくさんありますが、自分で作るアーティストもいれば、あえて自分の車に使われていた金属を使ったりする人もいます。

スティーブアルビソのたくさんのスタンプ
「スタンプワーク」は、このスタンプの模様をシルバーにたたき出していく作業のこと。

②「たがね」
厳密には、鉄材の仕上げや切断に使うものだそうで、シルバーの形自体を整えるのに使う「のみ」のような道具。インゴッドシルバー(シルバーの塊)を切ったり、成形したりするのに使う。

すみませんこちら、道具の写真がありませんでした。
こちらはインゴッドシルバーと呼ばれる、形成前の銀の塊。
この材料がコインになると、コインシルバーと呼ばれます。
③「べゼル」
石枠のこと。ターコイズなどの石がセットされた周りの部分。シルバーの薄い板をセットする人もいれば、厚みのあるシルバーに細工をしてセットする人もいる。

↑石の周りにシンプルなベゼルをセットしています。
④「やすり(ファイル)」

成形や模様つけのために使う、金属でできた道具。
シルバーの端や丸みを出すためにつかうやすりと、べゼルの横などのギザギザのラインを出すための線が刻まれたやすりなどがある。

↑こちらはギザギザのタイプ。

ジェニファーカーティストーマスカーティスのジュエリーは仕上げのヤスリがけが特徴。
スタンプの周りをヤスリをかけ滑らかにする事でスタンプのもようを引き立たせています。
⑤「シャンク」
リングの足(指にあてがわれる部分)のこと。

⑥「ワイヤー」
インディアンジュエリーでは、通常シルバーを指して、ツイストワイヤー(2本のねじられたワイヤー)や、スクエアワイヤー(四角い形をしたワイヤー)などがある。

↑このくるくるした部分。この作品にはツイストワイヤーが使われています。
ただ一つのワイヤーですが、そのツイストワイヤーを作るにもこの太さじゃなきゃダメ!といったアーティストのこだわりがあったりします。
なんだか長くなりそうなので、続きはまた次回!
こういった細かい細工の違いをアーティストの作品で比べてみるのもなかなか楽しいですよ!

最近のNM。

このところ新着情報が立て込んでいたため、ここらへんでちょっと息抜きをしてニューメキシコの近況でもご報告します。
ようやく暖かくなり、夏が来そうな予感を感じさせるこの頃。

ホピの人々がバスケットに使う、このヤッカ(ユッカ)と呼ばれる植物は何回かブログでも登場しています。
根っこはシャンプーに、葉っぱはバスケットに、そして種はつぶして壺の絵を描くのに用いられます。

花の少ないニューメキシコで、一段と目を引くサボテンの花。
この鮮やかさから、カクタスローズ(サボテンのバラ)とも呼ばれています。
花を岩の上でコロコロ転がして細かいとげをとると、食べられるとか・・・。
子供のころ花の蜜を吸うのと同じ感覚でしょうかね~。

こちらはアリゾナの大火事の煙の影響で、赤く染まった夕焼け。肉眼では本当に燃えるように赤くなっていました。
暖かくなってくると日差しも強くなり、よりいっそう空の青さが増します。


おまけ。チャーリージョンの孫たち。

昔々・・・。

みなさま、連休は満喫できましたでしょうか??
こちらは相変わらず風が強く、今日は風速50メートル!!
雪が降っているかのように、チリが舞っています。
こんなときに外に出て、家に帰ってきたときは顔がざらざら、髪は砂を含んでかぴかぴ、耳の中はごそごそ・・・と一目散にシャワーへ駆け込む日々です。
さて、連日異常なまでに高騰していた銀の価格が、ビンラディンをとらえた!というニュースから、一気に暴落・・・。過去に例がないほどの急激な値下がりをしました。といっても2,3年前に比べるとまだまだ2倍ほどと価格は高いのですが・・・。このまま下がり続けることを、銀加工業界としては切実に願っております。
ドルや紙幣に対する信頼感が高まったから、金や銀への依存が減ったとか。
さて、以前お年寄りのシルバースミスに会ったときに、とても興味深いお話を聞きました。
昔々、何の道具もなかった時代。
シルバーを、まきストーブの火で溶かし、石の上に流し、それを鉄や金属の塊で伸ばしてバングルを成型していたそうです。道具は、鉄道で使われていた使用済みのもの。
現在では、銀のシートは豊富にサイズがそろえられていて、スタンプも好きな形をオーダーでき、型で鋳造された土台がたくさん売っており、ジュエリーを作るための道具はすべて簡単に手に入ります。
そんな中、あえて伝統を守り続け現代的な道具を使わずに作られたジュエリーが、日本ではずっと不変の人気です。
「インゴッド」と呼ばれる銀の塊から作り出される作品。
溶かしたシルバーをローラーで伸ばしながら板にするため、銀のやわらかさが現れます。

このハリソンジム、数々の巨匠からのインスピレーション、直接指導によりどんどんと技を磨いています。自らを「計測に狂っている」というほど、デザインする際のマーキングは細かく正確に測り、すべてを完璧にしておくそうです。
だからこそ出るこの「狂いのない」精密なジュエリー。
以前、「このバングルにスタンプを何個打つか数えてみたんだけど、730個だったよ」なんて言っていました。しかも、スタンプの深みを出すためにすべてのスタンプを2回打つとのこと。「だから1500回スタンプ打っていることになるね」と。聞くだけでも疲れちゃいます。
ハリソンジムは、あまりジュエリーショーなどに出店しないアーティストなので、名前はそこまで有名ではありませんが、現地ではすでに名を知らしめているアーティスト。
この作風はすべてインゴットシルバーから作品を作り出す、彼にしか出せない!と思います。

「コインシルバー」
昔の、銀貨を溶かした銀を使用した作品。
銀の純度は低いものの(通常は92.5パーセント、コインの場合は90%ほど)、コインシルバーでしか出ない味は何物にも代えがたいものです。
銀の塊を伸ばした時にできる、表面の傷も年月を経ると非常にいい味を出します。

ジュエリーを身につける理由。

昨日、たくさんのナバホ族のお年寄り方々に会う機会がありました。
おじさん、おばさん、おじいさん、おばあさん、すべての方が素晴らしいジュエリーを身につけていて、思わず見入ってしまいました・・・。真剣なミーティングの席だったので、写真を撮れなかったことがとても残念!
ジュエリーを身に付けるというのは、インディアンの人々にとって、服を着るのと同じなのだそうです。
その部族やインディアンの作ったジュエリーを身に付けることで、ご先祖様に自分がインディアンであることを示し、そうすることでご先祖様が自分の身を守ってくれるのだとか。
いつもいつも素敵なジュエリーを身につけていて、思わず毎回それ誰の?と聞いてしまうナバホの女性。
そういえば出会った日はジュエリーを一つもつけていなかった!という話になり、聞いてみたら、あの日は裸で歩いているような気分だった(笑)と。
「ジュエリーを身につけないと自分が自分じゃないみたいな気分になるのよ。」
と言っていました~。
「どんなに急いでいる日でも、ジュエリーを忘れてはいけない。」
だから特に部族の儀式、卒業式、家族の集まり、などなどハレの日や特別な日は、ありったけのジュエリーを身につけていくのだとか。特にお年寄りの方はその信仰心が非常に強く、たくさんの豪華なジュエリーをつけているおじいさん、おばあさんをよく見かけます。
特に現地ではこのクラスタースタイルが人気で、鮮やかなのでいつも見入ってしまいます。

本当に、身を守るための大切なジュエリーなのですね★

インディアンジュエリー、人気アイテム。

日本のお天気はいかがでしょうか??せっかくの連休、お出かけ日和だといいですね★
こちらはこの二日間、極寒。ニューメキシコでも北の方は雪が降っていました。
今日からは暖かくなるそうですが・・・、乾燥地帯の天気は読めない!
連日報道されているビンラディンのニュース、新聞の見出しは「We got him!」われらは彼を捕えた!でした。
オバマ大統領は、会見後後ろを向いてガッツポーズ!軽く踊ったりして、アメリカらしいなーなんて思いました。
そのビンラディン、暗号名が「ジェロニモ」だったそうで(白人に抵抗して最後まで戦ったアパッチ族のインディンの名前)、なんだか複雑。
現地新聞の見出しは、「What’s in the name?」でした。その名前の意味は?とでも訳しましょうか。
さて話は変わりまして、先日ターコイズ向けのおススメをご紹介したのですが、ターコイズにこだわらず何かインディアンを感じるものがほしいという方も多いのではないでしょうか??
インディアンジュエリーの入りは実はバッファローの形をしたシルバーのペンダントだったとか、シンプルなインレイのジュエリーだったとかいう話もよく聞きます。
というわけで、また個人的な統計からのおススメ。夏はインディアンジュエリーがよりいっそう輝く季節ですからね★
インディアンを感じる何かがほしい!男性→ザ!インディアンを求めている。→ごつめバックル


現地メンズには一番人気のバックル、ザ!インディアン。
インディアンを感じる何かがほしい!男性→でもシンプルなものがいい。→ホピ!


ハマると抜けられないホピのジュエリー。そのバングルって?と聞かれ、「太陽はね、インディアンの世界では命の源なんだよ。」なんて説明してみたりして、そんな魂の込められているジュエリーを身に付けている男性、とってもステキ!・・・。
インディアンを感じる何かがほしい!女性→インパクトのあるものがいい。→ズニインレイ


女性に非常に人気のある、ズニのインレイジュエリー
手間暇かかったジュエリー、身近なモチーフでカラフルな動物やカチナを刻んだジュエリーは、ズニ族ならではです。
インディアンを感じる何かがほしい!女性→さりげないものがいい。→細めインレイ



シンプルなインレイは、贈り物にも喜ばれるアイテムです。
気になるものがありましたら、カテゴリーやアーティストで絞って検索してみるとずらずらーっと色々出てきますよ。

ターコイズのアイテム、迷った時は。

みなさま、連休はいかがお過ごしでしょうか??
こちらはいたって普通の平日ですが、朝からビンラディンのニュースがひっきりなしに流れてます。
ガソリンの値段急上昇、シルバーの値段も高騰・・・という暗いニュースが多かったので、9年半越しのニュースにアメリカ国民はちょっと大騒ぎです。
オバマ大統領の支持率もきっとあがるでしょう。
さて、現在たくさんのご注文を頂き、店舗にも多数のお客さまにご来店頂いているようで、在庫も結構動いております。
気になっているオンラインの商品はぜひこまめにチェックしてくださいね!!
先を越されて悔しい思いをした事のある方も、たくさんいるはず。インディアンジュエリーは、出会いと縁ですからね~。
新入荷も続々入っていますので、連休、のんびり派の人はネットで商品チェック~!アクティブ派の人は、マライカに足をお運びいただいてチェック~!仕事の人も、休憩時間にケータイをいじりながら商品チェック~!
お休みの方は、ぜひ東西南北、消費生活をして日本の経済を明るくして頂きたい!と願っております。
さて、今日は個人的なおススメをご紹介してみようかと。
日本に帰り、お店でお話をしていると、ターコイズを身につけてみたいけどどんなアイテムを選んでいいかよくわからない・・・・という声をよくききました。
この夏、インディアンジュエリーを買ってみたい。ターコイズがほしい!という第一歩を踏み出す方の為に、私の頭の中の個人的な統計を・・・。
今のあなたはどれに当てはまりますか??
ターコイズを身につけたい!男性→ごつめ好き。
石たくさんのバングル、スタンプワーク×ターコイズ


ターコイズを身につけたい!男性→キレイめがお好き。
シンプルなペンダント、リング


ターコイズを身につけたい!女性→インパクトがほしい!→石一個ドーンのバングル、クラスター


ターコイズを身につけたい!女性→シンプルに身につけたい。→華奢めペンダント


あくまでも、個人的な統計なので参考までに。
この夏、素敵な一歩を踏み出して、鮮やかで歴史のあるジュエリーを身につけてみてくださいね☆
マライカの販売員たちのお話しするインディアンジュエリーに関するエピソードやストーリーを聞いてしまったら、
あれもこれも・・・とインディアンジュエリーの魅力にとりつかれること間違いなしです。

4月5日より、愛をこめて日本のために。

本日は少しまじめなご報告。
震災から早くも半月たちました。カリフォルニアでも牛乳から放射能が検出されたとのこと。今日本で何が起きているのか、ニュースだけでは本当にはかり知れません。
この震災で、人的被害はもちろんのこと、今後どれだけの損失がでるのでしょうか。
「日本は強い国。素晴らしい国民性のある国。」
ニューヨークタイムズ紙でも賞賛されていたという記事を読みました。
ニューメキシコでもナバホの地に帰ってきた日本人の記事が、一面に掲載されていました。
何かしなきゃいけない!!と誰もが思い、様々な人が日本のために祈ってくれている毎日。
アメリカにいる私は本当に無力ですが、アーティストたちとはじめた募金が、30万円近く集まりました。
そして震災直後から、とても大きなムーブメントが動き出していました。
多くのアメリカ人シンガーが、日本のために曲を提供している「Song for Japan」
それと同じく、多くのネイティブアメリカンアーティストがはじめたムーブメント、「Native American Artist For Japan」
そうそうたるトップアーティスト&ネイティブアメリカンアーティストが作品を提供し、オークションに出し、その売り上げをすべて日本に寄付するというものです。
震災のあった3日後、Raymond Yazzie氏からこの話を聞いたとき、本当に胸が詰まり、何と言っていいか言葉にならなかったのを覚えています。
日本人として、少しの募金しかできない自分、そしてこんなに日本のことを考えてくれているアーティストたち。
自分のジュエリー制作の時間を削り、ミーティングを開き、たくさんのアーティストに連絡をとり、本当にどんどん大きな輪になって、多くのアーティストが協力してくれています。
いちバイヤーとして、あらためて日本がいかにアーティストにとって大事な国であるか、実感させられています。
というわけで、本題です。
4月5日から、ebayでのオークションが開始されます。日本からの入札もできます。
詳しくは、こちらのHPを随時チェックしてください→→
大物アーティストぞろい、そしてみんな日本のために特別な作品を寄付する!とはりきっていますので、スペシャルな逸品ばかりがずらりと並ぶこと間違いなしです。
アーティストがどんなに日本を愛しているか、愛をこめて作っている作品たちは一見の価値ありです。
1週間に1回、すべてのアイテムが更新される予定ですので、大物アーティストの作品がいつ出品されるかも見ものです。
オークションに関してのお問い合わせは、マライカでは承っておりませんのでご了承ください。
「愛と希望。このオークションは一回きりではなく、できるかぎり続けていきたい。一時的な援助ではなくきっと日本はもっと長期的なプランが必要。」
と、この「ムーブメント」のメインパーソン、リンドンツォーシー氏。
ちなみに彼の作品、先日入荷してます。
現代的なジュエリーを作るリンドンですが、たまにオールドスタイルを作るのが好きなのだとか。

こちら10万円。

ナチュラルキングマン使用、18万円。
近々日本に届けられるかと・・・。
マライカでお預かりしているアーティスト達からの募金も、こちらのオークションに協力させていただくことにしています。
協力していただいたアーティスト。
Ernie Lister
Aaron Anderson
Don Dewa
Steve Arviso
Herman Smith
Octevious and Irma Seoutewa
Sunshine Reeves
Calvin Lovato
Harison Jim
Ola Eriacho
Calvin Lovatoは、はるばる3時間かけて募金をしにきてくれました。
オーダーができたのかと思ったら、なんと募金をしに(涙)
本当に1日も早く日本が復旧しますように。

ホピのモチーフ②

さてさて、本日はホピのモチーフのお話の続き。
こちら。

「ロングヘアーカチナ」
たくさんいるホピ、ズニのカチナの中では人気ナンバーワンではないでしょうか。
私も大好きなカチナだったりします。
このロングヘアーも、前回同様、命の恵みの雨を降らせてくれるカチナ。

こちらはケビンタカラのロングヘアーカチナ。


色々なバージョンがいます。
同じモチーフでも作者によって雰囲気が違うので、モチーフでジュエリーを集めてみてもおもしろいですよ。

↑これはかなりレア!真正面のロングヘアーカチナ。
長いあごひげと長い髪が天から地まで届き、雨がそこを伝って流れてくる。
そんな水をもたらすロングヘアーカチナは、ホピやズニ族の様々な儀式に登場します。
なので水やコーン、雨雲のデザインと一緒に刻まれることも多いのです。
さてこちらはマッドヘッド。

その名も泥の顔のカチナ。このカチナ、赤茶色い顔と飛び出た目&口、そしてサザエさんみたいな頭が特徴です。
こちらも有名で人気のカチナです。
百何種類と言われるカチナは、それぞれのカチナが色々な役割を持っています。
子供を叱るカチナ、おどかすカチナ、笑わせるカチナ、時にはムチでたたくカチナ・・・などなど。
マッドヘッドは3枚目のカチナ。お笑い系です。
儀式のときには面白いことをやって場を和ませてくれるカチナです。

暖かくなってきて、春の訪れを感じる今日この頃。
ホピの神話は、冬の間に語り継がれて、夏の間には通常かたられることはありません。
伝統を大事に守り続ける、そんなホピの人たちの神聖な気持ちに思いをはせてみたり。

ホピのモチーフ①

風にも負けず、冬の寒さにも負けず・・・・。
がんばれ東北!!
今日はそんな厳しいホピの村に住む人々のお話。
ホピには、様々なモチーフが使われていますよね。
自分たちの願い、祈り、神話を刻む道具でもあるジュエリー。
なんとなくかわいい!と思ったそのホピのモチーフにも、すべてホピの人々の魂が刻まれています。
すべてが、ホピ族人々の命をはぐくんでいるものなんですよ。
こちら、とうもろこし。

よく見るデザインですね。上には、雨をもたらす雨雲が刻まれています。
とうもろこしは、唯一ホピの村で育てることができる食糧。
ホピ族の人たちを生かしている、ホピ族のお母さんです。

その命のとうもろこしを育てるために必要な、太陽。
そして、水がもっともよくジュエリーに刻まれるモチーフ。

ホピの村ではとうもろこしや他の植物を育てるとき、人工的に水を与えないドライファーミングという農業をおこなっています。
水が少ないため、自然に降る雨にたよる作物の育て方をしています。
水は、ホピの命のとうもろこしを育ててくれるもの。
雨が降りますように、雪が降りますように、とジュエリーに刻みます。

ココペリも豊穣の精霊として親しまれています。
ココペリが笛を吹くと雨がふり、コーンが実る。
そんな願いを込めてジュエリーを刻んでいきます。


そんなホピの魂が込められたジュエリーは、ジュエリー以上の価値があります。
色々なことが起こって、身を守る「ターコイズ」を探している方が増えていると聞きました。空の石、海の石、大地の石・・・。
その石の価値ももちろんですが、願いや思いが込められているということがネイティブアメリカン、インディアンジュエリーのお守りとしての価値を作り上げていると思います。
熱く語ってしまいました。
続きは次回。。。
トップ画面からも、ホピのモチーフごとに分かれてみられるようになってますよ。
→→

祈りのチカラ

インディアンも、白人の方々も、祈るということが日常に根づいています。
たくさんの人々が日本に向けて祈ってくれている、その祈りのチカラが何とか届いてほしいと思う日々です。
本当に一日も早い復旧を願っています。
日本なら大丈夫。
本日はそんな祈りの一環、ナバホ族のサンドペイントのご紹介。
以前ブログでも御紹介したサンドペイント。
「サンドペイントとは、ナバホ族のメディスンマンが非常に神聖な儀式のときに地面に描く砂絵のこと。
通常は、儀式が終わったらすべて消されなければいけないものです。
このようなアートは観光客用に儀式とは関係なく書かれているものですが、ホピやズ二のカチナドール作家と同じく、誰でもが書けるわけではなく、メディスンマンから許された
数すくないアーティストしか書くことが出来ないそうです。」
というとても神聖なもの。
以前デモンストレーションしている所を撮影させて頂きました。

細かい砂をしきつめた上に、カラーの砂で描いていきます。

息をのむ細かさ。

祈りを込めて、時間をかけて。
魂のこもったアートです。