4月5日より、愛をこめて日本のために。

本日は少しまじめなご報告。
震災から早くも半月たちました。カリフォルニアでも牛乳から放射能が検出されたとのこと。今日本で何が起きているのか、ニュースだけでは本当にはかり知れません。
この震災で、人的被害はもちろんのこと、今後どれだけの損失がでるのでしょうか。
「日本は強い国。素晴らしい国民性のある国。」
ニューヨークタイムズ紙でも賞賛されていたという記事を読みました。
ニューメキシコでもナバホの地に帰ってきた日本人の記事が、一面に掲載されていました。
何かしなきゃいけない!!と誰もが思い、様々な人が日本のために祈ってくれている毎日。
アメリカにいる私は本当に無力ですが、アーティストたちとはじめた募金が、30万円近く集まりました。
そして震災直後から、とても大きなムーブメントが動き出していました。
多くのアメリカ人シンガーが、日本のために曲を提供している「Song for Japan」
それと同じく、多くのネイティブアメリカンアーティストがはじめたムーブメント、「Native American Artist For Japan」
そうそうたるトップアーティスト&ネイティブアメリカンアーティストが作品を提供し、オークションに出し、その売り上げをすべて日本に寄付するというものです。
震災のあった3日後、Raymond Yazzie氏からこの話を聞いたとき、本当に胸が詰まり、何と言っていいか言葉にならなかったのを覚えています。
日本人として、少しの募金しかできない自分、そしてこんなに日本のことを考えてくれているアーティストたち。
自分のジュエリー制作の時間を削り、ミーティングを開き、たくさんのアーティストに連絡をとり、本当にどんどん大きな輪になって、多くのアーティストが協力してくれています。
いちバイヤーとして、あらためて日本がいかにアーティストにとって大事な国であるか、実感させられています。
というわけで、本題です。
4月5日から、ebayでのオークションが開始されます。日本からの入札もできます。
詳しくは、こちらのHPを随時チェックしてください→→
大物アーティストぞろい、そしてみんな日本のために特別な作品を寄付する!とはりきっていますので、スペシャルな逸品ばかりがずらりと並ぶこと間違いなしです。
アーティストがどんなに日本を愛しているか、愛をこめて作っている作品たちは一見の価値ありです。
1週間に1回、すべてのアイテムが更新される予定ですので、大物アーティストの作品がいつ出品されるかも見ものです。
オークションに関してのお問い合わせは、マライカでは承っておりませんのでご了承ください。
「愛と希望。このオークションは一回きりではなく、できるかぎり続けていきたい。一時的な援助ではなくきっと日本はもっと長期的なプランが必要。」
と、この「ムーブメント」のメインパーソン、リンドンツォーシー氏。
ちなみに彼の作品、先日入荷してます。
現代的なジュエリーを作るリンドンですが、たまにオールドスタイルを作るのが好きなのだとか。

こちら10万円。

ナチュラルキングマン使用、18万円。
近々日本に届けられるかと・・・。
マライカでお預かりしているアーティスト達からの募金も、こちらのオークションに協力させていただくことにしています。
協力していただいたアーティスト。
Ernie Lister
Aaron Anderson
Don Dewa
Steve Arviso
Herman Smith
Octevious and Irma Seoutewa
Sunshine Reeves
Calvin Lovato
Harison Jim
Ola Eriacho
Calvin Lovatoは、はるばる3時間かけて募金をしにきてくれました。
オーダーができたのかと思ったら、なんと募金をしに(涙)
本当に1日も早く日本が復旧しますように。

ホピのモチーフ②

さてさて、本日はホピのモチーフのお話の続き。
こちら。

「ロングヘアーカチナ」
たくさんいるホピ、ズニのカチナの中では人気ナンバーワンではないでしょうか。
私も大好きなカチナだったりします。
このロングヘアーも、前回同様、命の恵みの雨を降らせてくれるカチナ。

こちらはケビンタカラのロングヘアーカチナ。


色々なバージョンがいます。
同じモチーフでも作者によって雰囲気が違うので、モチーフでジュエリーを集めてみてもおもしろいですよ。

↑これはかなりレア!真正面のロングヘアーカチナ。
長いあごひげと長い髪が天から地まで届き、雨がそこを伝って流れてくる。
そんな水をもたらすロングヘアーカチナは、ホピやズニ族の様々な儀式に登場します。
なので水やコーン、雨雲のデザインと一緒に刻まれることも多いのです。
さてこちらはマッドヘッド。

その名も泥の顔のカチナ。このカチナ、赤茶色い顔と飛び出た目&口、そしてサザエさんみたいな頭が特徴です。
こちらも有名で人気のカチナです。
百何種類と言われるカチナは、それぞれのカチナが色々な役割を持っています。
子供を叱るカチナ、おどかすカチナ、笑わせるカチナ、時にはムチでたたくカチナ・・・などなど。
マッドヘッドは3枚目のカチナ。お笑い系です。
儀式のときには面白いことをやって場を和ませてくれるカチナです。

暖かくなってきて、春の訪れを感じる今日この頃。
ホピの神話は、冬の間に語り継がれて、夏の間には通常かたられることはありません。
伝統を大事に守り続ける、そんなホピの人たちの神聖な気持ちに思いをはせてみたり。

ホピのモチーフ①

風にも負けず、冬の寒さにも負けず・・・・。
がんばれ東北!!
今日はそんな厳しいホピの村に住む人々のお話。
ホピには、様々なモチーフが使われていますよね。
自分たちの願い、祈り、神話を刻む道具でもあるジュエリー。
なんとなくかわいい!と思ったそのホピのモチーフにも、すべてホピの人々の魂が刻まれています。
すべてが、ホピ族人々の命をはぐくんでいるものなんですよ。
こちら、とうもろこし。

よく見るデザインですね。上には、雨をもたらす雨雲が刻まれています。
とうもろこしは、唯一ホピの村で育てることができる食糧。
ホピ族の人たちを生かしている、ホピ族のお母さんです。

その命のとうもろこしを育てるために必要な、太陽。
そして、水がもっともよくジュエリーに刻まれるモチーフ。

ホピの村ではとうもろこしや他の植物を育てるとき、人工的に水を与えないドライファーミングという農業をおこなっています。
水が少ないため、自然に降る雨にたよる作物の育て方をしています。
水は、ホピの命のとうもろこしを育ててくれるもの。
雨が降りますように、雪が降りますように、とジュエリーに刻みます。

ココペリも豊穣の精霊として親しまれています。
ココペリが笛を吹くと雨がふり、コーンが実る。
そんな願いを込めてジュエリーを刻んでいきます。


そんなホピの魂が込められたジュエリーは、ジュエリー以上の価値があります。
色々なことが起こって、身を守る「ターコイズ」を探している方が増えていると聞きました。空の石、海の石、大地の石・・・。
その石の価値ももちろんですが、願いや思いが込められているということがネイティブアメリカン、インディアンジュエリーのお守りとしての価値を作り上げていると思います。
熱く語ってしまいました。
続きは次回。。。
トップ画面からも、ホピのモチーフごとに分かれてみられるようになってますよ。
→→

祈りのチカラ

インディアンも、白人の方々も、祈るということが日常に根づいています。
たくさんの人々が日本に向けて祈ってくれている、その祈りのチカラが何とか届いてほしいと思う日々です。
本当に一日も早い復旧を願っています。
日本なら大丈夫。
本日はそんな祈りの一環、ナバホ族のサンドペイントのご紹介。
以前ブログでも御紹介したサンドペイント。
「サンドペイントとは、ナバホ族のメディスンマンが非常に神聖な儀式のときに地面に描く砂絵のこと。
通常は、儀式が終わったらすべて消されなければいけないものです。
このようなアートは観光客用に儀式とは関係なく書かれているものですが、ホピやズ二のカチナドール作家と同じく、誰でもが書けるわけではなく、メディスンマンから許された
数すくないアーティストしか書くことが出来ないそうです。」
というとても神聖なもの。
以前デモンストレーションしている所を撮影させて頂きました。

細かい砂をしきつめた上に、カラーの砂で描いていきます。

息をのむ細かさ。

祈りを込めて、時間をかけて。
魂のこもったアートです。

お祈り

日本の皆様が無事であるよう、被害ができるだけ少なくなるようお祈り申し上げます。
本日は早朝にサンシャインから電話があり、「地震で日本が大変だ!」と。
寝ぼけながらもとりあえず電話を手にとりました。
家族は、映画「アルマゲドン」を見ているようだと。
こちらでも続々とたくさんのアーティストから電話をもらっています。
たくさんのアーティストが、日本の為に祈ってくれています。
「日本は強い国だから大丈夫」
「世界で3番目に大きい経済力を持っている国、すぐに復旧できる」
と前向きな言葉をいただいています。
世界中の祈りが届きますように。

殿堂入り!?サンシャイン氏

さて、今年のショーの受賞者は・・・・・。
ドーン。

サンシャインリーブス氏。
彼のコンチョベルトがカテゴリーでトップの賞を受賞していました。
毎年毎年、新たなアイディアで斬新な作品を生み出すサンシャイン。
さすがですね~。
このシリーズ、実はマライカでも扱っているバングルやリングのモチーフをコンチョベルトにしたものなんです。

こちら品切れになっています~。
同シリーズ、ペンダント編。


残念ながらこちらも品切れ。
こちらがまだ在庫ありの、リング。

受賞したことをしらないサンシャインに、発表会場でさっそく電話してみると・・・。
Really?Thats GOOD!!と冷静な返事。
おごらないところがサンシャインのいいところです。
いつも短パンのサンシャイン、ショー開けの今日は長いパンツをはいている!!
「今日は仕事しないで一日洗濯だから」とそんなおちゃめなこぼれ話でした。

待ち遠しい!!!

こちらは段々暖かくなってきています。
肌を刺すような熱い太陽光も間近でしょうか?!
もうすぐハードミュージアムというインディアン・アートショーでも最大のイベントが3月あたまに控えています。
なので業者さんで賑わう今日この頃のリザベーション。
このショーのレポートは過去に何回か書きましたが、
(過去のレポはこちら→2009版2010版)
いつもはショーに参加しないトップアーティストも参加するかなり大きなショーです。
出展も半年以上前から審査が始まり、それを通過した者のみ!という敷居の高さ。
そして…
ご存知トップカリスマアーティスト…
Perry shortyもこのショーには参加です。

…といってもペリー狙いで世界各地からバイヤーも来るので、
開場と同時に店じまいしてるのがペリーですが…
ペリー以外にもいいアーティストが集まるので、世界各地の
〝おされ〟なバイヤーやコレクターが大集合です。
(そんな会場で石の話が動いたり…なんて噂も聞きます!)
みなさん自慢のジュエリーを身に着けてくるので、
それをみてるだけでも楽しい会場なのです。
個人的にはフェニックスってヤシの木並ぶ街並みもテンションが上がる一因です、笑

今年はどんなアーティストが参加するのでしょう…
ほんと楽しみです!!
最近はシルバーが信じられない高騰し(いつまで上がり続けるのやら…)、
ジュエリー業界もなんだか重い空気が流れてます。
ですが、この日ばかりはそんな事もフッ飛ぶくらい、盛り上がるといいです♪
取引先のアーティストも気合いを入れてジュエリー作っているようです!
最後まで頑張れー!!

ニュース速報!

世界で相次ぐ異常気象…
なんだかちょっと不安な今日この頃ですね。
思い出せば去年の秋にサントドミンゴでは〝ひょう〟が降りました。
これはサントドミンゴでは前例のなかった事で、その為、村では大きなダメージを受けていました。
車のガラスが割れたり、屋根に穴が開いたり。。。
あちこちで屋根に上がって修復作業をする人を見かけました。
〝雨を祈り、その恵みで命をつなぐ〟
そんなインディアンのシンプルな考え方を、今こそ見直したいところです。
(↓インディアンのテント、ティピ)

さて、話はガラッと変わって今日はサイトがリニューアルしたお知らせです!
『ホピ族のモチーフ検索が出来るようになりました!!』
ぱちぱち…♪
オンラインショップのTOP画面からインディアンジュエリーの写真をクリック…

こんなモチーフ検索画面が下の方に出てきます…

〝ホピはアーティストがいっぱいで見切れないわー!!〟
というあなた。モチーフから探してみてはいかがでしょう??
ちなみにこのモチーフ検索の画面の近くには〝今月の逸品〟など、〝バイヤーセレクト〟なんかのコーナーもやってますので、よかったら覗いてみてくださいませ♪
そして…
そろそろ皆様に発表させて頂きます…
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
名古屋に本格インディアンジュエリーのブースを持った
お店ができます!!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
わーん!!!ついに中部進出!(涙)
今まで遠方で実物が見れないわー…と嘆いていた中部&近郊のお客様。お待たせいたしました。
名古屋のお店には
トップアーティストやハイグレードストーンも用意してますので、
ぜひこの機会にお越しくださいませ。
オープンは3月中旬頃を予定しています!!
駐在バイヤーと共にスタッフ一同お待ちしております。
名古屋・大須店のマップはこちらから→ ★★★
詳しい情報は追ってお知らせ致します!

Happy Valentines Day!

月曜はバレンタインデーですね★
日本はさぞかし盛り上がってる事かと・・・。
こちらのスーパーもかなり盛り上がってます。
バラとか、チョコとか、バルーンとか・・・。一面ハートとピンクで埋め尽くされたコーナーができあがってます。
昨日ニュースでやってましたが、アメリカではバレンタインデーに、男性の方が女性の3倍お金をかけるそうですよ・・・。バレンタインデーに彼女や奥さんにバラを贈らないと、かなりまずいことになるとか・・・。
おもしろいですね★
アメリカでもやはり人気のプレゼントはジュエリーです!!
おススメはやっぱり、For Giftコーナー。ちょっとしたプレゼントに最適ですよ。
みなさんもマライカのジュエリーでHappy Valentine’s Day★
私はお先に、バレンタインディナーを頂きました。。。

↑ステーキを焼いてます。
相変わらずでかい!!!

インディアンアートの旅

こちらは昨日の風景。

インディアンの生活は色々なアートにあふれていますが、そんなアートをマライカでも少しずつお取り扱い始めています。
こちらは吉祥寺店のサンドペイント。

ナバホ族のアートです。
サンドペイントとは、ナバホ族のメディスンマンが非常に神聖な儀式のときに地面に描く砂絵のこと。
通常は、儀式が終わったらすべて消されなければいけないものです。
このようなアートは観光客用に儀式とは関係なく書かれているものですが、ホピやズ二のカチナドール作家と同じく、誰でもが書けるわけではなく、メディスンマンから許された
数すくないアーティストしか書くことが出来ないそうです。
様々な民族の先住民の岩絵を思い起こさせる、非常に魂のこもった作品です。
そしてこちらは人気のチマヨのベスト。こちらも吉祥寺店の商品。

ニューメキシコ州、チマヨ地方で作られた、手織りのラグ。
自然の色で染められた羊毛で一本一本丁寧に織られたラグで作られたベストは、様々な有名ブランドでも取り扱われている非常に価値のある品です。
その他、店舗にはカチナドールなども入荷していますよ。
ぜひぜひご覧になってみて下さいね。
先日も、非常に素敵なカチナを仕入れました!
ナバホ族のアーティストが作ったナバホのカチナ。
かなりレアです。

細かいところまで再現されたカチナは、ホントに動きだしそうな精巧さ。
インディアンアートは、非常に奥が深いです。