Micheal Kirk入荷しています。

Artistもののジュエリー、続々入荷しています!
ホピ、ナバホ、いずれも新しいアーティストたちが増えましたので、ぜひご覧ください。
本日は、いわずと知れたフェザーの巨匠、Micheak Kirkの商品をご紹介。
ペンダントや、リング、ピアスも入荷しました。

本当に、本物の羽さながらの彫りが入っていて美しいです。
シルバーはもちろん、ゴールドアイテムやインレイとコンビになった商品も入荷しています。

非常に美しいですね。
↓こちらは、14金のピアス。

もちろん、本人から直接購入した作品です。
マイケルカークは、作る専門。本当に職人さんです。
本人に値段を聞くと、えーっと・・・といっていつも娘さんが登場します。しっかりした娘さんと2人で全国のショーに出かけています。
普段使いでき、スタイルを選ばないので男性にも女性にも人気があります。
イスレタ族の数少ないジュエリーアーティストの作品、ぜひご覧ください。

ホピのアーティスト、Greg Naseyowma

本日はホピの新しいアーティストGreg Naseyowmaについてご紹介します。
日本ではほとんど見ることができない彼のジュエリー、ホピの神話を表現したジュエリーがたくさん入荷しました。
彼のカットの細かさと、ところどころに使われた14金、たまらなくそそられますよ。
こちらは、「4th world」シリーズのリング。

ホピの神話では、現在の世界は第4番目の世界と言われています。
ホピの人々が生きてきた、第1、第2、第3番目の世界と現在の世界を、同じモチーフを4回使うことによって表しています。
グレッグのすばらしいところは、シンプルで使いやすいペンダントから、アートのように細かくカットされた神話モチーフのバックルまで作品の範囲が非常に広いところです。
4th worldシリーズや、フェザー、バタフライなどは普段使いで使っていただけますが、やはりグレッグのものはシンプルでも非常にカットが細かく美しいです。
そしてホピの神話を刻んだジュエリーは、グレッグのホピのスピリットがこめられており、他の人には誰も作ることのできない芸術品です。
こちらが、神話を刻んだバックル。

ジュエリーをオーダーした季節が冬だったので、ジュエリーにまつわる神話を聞かせてもらうことができました。夏の間は、農業などが忙しいのであまり話さないことになっているとか。
冬の間、家族で集まって夜を過ごすときに、そんなホピの神話を語り継いでいくというのが伝統のようです。
そろそろ暖かくなってきたので、ホピでもダンスが始まる季節です。
一つ一つ魂を込めて作られた作品をぜひご覧ください。
こちらから→

Hopiアーティスト多数入荷!

ご要望の多かったHopiのアーティストジュエリーが続々入荷しています。
本日ご紹介するのは、ご存知ジェイソンタカラ
マンインザメイズのカットの細かさが非常に有名ですが、カチナを使ったデザインも本当に美しいです。
14金を使ったペンダントやバングルも多数入荷しています。

彼のジュエリーには、パターン(型)がありません。
頭の中に湧き上がってきたイメージをデッサンし、それをシルバープレートの上に書いてカットしていきます。たとえ同じカチナを使っていても、周りのデザインがそのときによって違かったりします。それだけに、ジュエリーを作るのにも時間がかかりますし、オーダーもたくさん抱えています。多忙のため、年に1.2回しかショーに行かないそうです。
ホピの色々な儀式にも参加していて、本当にいつも忙しそうです。
↓マンインザメイズの作り始め。
穴を開けて、そこに糸鋸を入れてカットを始めます。

↓こちらは、バングルのカットが終わったところ。

彼のジュエリーはカットの精巧さはもちろん、磨きやハンダづけもすばらしく、微妙な加減でドーム上になっているペンダントなども必見です。
もちろん、すべてのモチーフに水の流れやカチナ、祈りの羽などホピならではの深い意味があります。
芸術家ジェイソンタカラの作った重量感のある作品、ぜひ一生の宝物にしてください。

Howard Nelson入荷しました!!!

ご無沙汰してます。
しばらくごぶさたしている間に、新しいジュエリーがかなり入荷してます!
今日ご紹介するのは、Howard Nelson
彼の定番である、サンバーストデザインのジュエリーもたくさん入荷しました。

彼のカットの美しさは、まさに職人!
磨き上げられたその表面は、本当に鏡のように輝いています。
様々な国からのオーダーをかかえるハワードは、いつでも忙しそうです。
自宅の横にあるスタジオでは、その大量のオーダーを一つ一つファイルして、ジュエリーの道具をきちっと整理し、そんな非常に几帳面な性格がジュエリーにも表れていると思います。
彼のジュエリーは色々なスタイルに非常に合わせやすく、人気があります。
Tシャツに皮ひもを合わせてさりげなく着けたり、長めのシルバーチェーンと合わせたりしても合いますよ。
ワイヤーやスタンプワークの作品も入荷しています。
特にオススメは、トップグレードのローンマウンテンと組み合わせた作品たち。
1年作業をしてもほんの一にぎり、いやほんの何グラムしか採掘されないローンマウンテン。
鉱山主から直接購入したものを、ハワードネルソンのジュエリーに使用しました。
ぜひご覧ください。 こちらから。

New artist ダレルキャドマン。

Darrell Cadmanのジュエリーが入荷しました!
ゲーリーリーブスサンシャインリーブスアンディキャドマンドノバンキャドマンの兄弟としてよく知られるダレルキャドマン。
彼はジュエリー作りが本当に好きで、いつも何か新しいデザインを持ってきてくれます。
スーパーで買い物をしているときにふとデザインが思い浮かんだりするので、いつでもメモ帳を手放さないと語っていました。
スタンプワークはもちろん、ワイヤーを使った細工と、裏から打ち出す細かいスタンプを使ったエンボス加工も非常に美しいです。
↓仕上げの磨きが非常に美しく、鏡面のような輝きを放っています。

近年白人トレーダーを中心とするインディアンジュエリー界では、いぶしのかかったオールドスタイルのジュエリーよりも、キラキラと鏡のように磨かれた現代的なジュエリーが人気になってきています。
でもでも、日本ではまだまだオールドスタイルの方が圧倒的に人気のようです。
彼の作品は、仕上げの美しさで白人トレーダーにも大人気。いろいろなところからのオーダーで大忙しです。
彼のジュエリーはオーダーを受け取るたびに、毎回新しい発見があります。「ここが新しいデザインなんだ!」「この仕上がりはどうか?」「このスタンプでピアス作ってみようと思うんだけどどうかな?」などといつも前向きで、本当にジュエリー作りが好きなんだなというのが伝わってきます。
今回の入荷はバングル2点。
これからも色々なアイテムが入荷しますので、ぜひチェックしてください!

Gary Reeves クロスペンダント!

Gary Reevesのクロスペンダントが入荷しています。
ゲーリーのクロスは一つ一つデザインやスタンプの配置が違い、とても魅力的。
大きさもちょうどよく、石の感じもすごくよく出来上がりました。
スタンプの感じが違うので、男性にも女性にも使っていただけますよ。
シルバーのチェーンと合わせてTシャツの上にでもいいですし、長めの皮ひもと合わせてみると、ワンピースなんかにも合わせられます!

スタンプの組み合わせが一つずつ違うのは、その時のゲーリーのセンスでスタンプを押しているから、そして同じものだと飽きるからと本人は言っていましたが、毎日ジュエリーを作り続けているゲーリーにとって、新しい組み合わせをどんどん生み出して使っていくのが楽しんでジュエリーを作っていける理由なのかもしれません。
そんなゲーリーの趣味は、ゴルフとカジノ。最近、近くにカジノができたのでしょっちゅう行っています。もうVIP会員なんだとか。インディアンは本当にカジノが好きです。

Gary Custer作サンドキャストのバングル

ゲーリーカスター作、サンドキャスティングのバングルが入荷しています。
砂で型を取り、その中にシルバーを流し込んでつくるサンドキャスト。
このゲーリーカスターのバングルは完成して磨きをかけた後、さらにスタンプを押してもらい、ターコイズとドロップをデザインしてもらいました。
コーンのモチーフを使うことが多いゲーリーカスター、ペンダントやピアスも同じくサンドキャストです。非常に意欲的で色々なショーにも出展しています。彼の作品は仕上げの美しさと、モチーフの個性で白人のトレーダーにも人気です。

新入荷!Delbert Gordonの作品。

オールドスタイルの巨匠デルバートゴードンの作品が大量に入荷しました!
美しいハイグレードのキングマンターコイズと合わせてもらいました。

この美しい細部に注目。
特に石のサイドのベゼルは、デルバートならでは。
洋服などが引っかからないようにスムーズにベゼルをカットしていきます。この厚いベゼルで石を囲むのはかなりのテクニックを必要とします。
そして、こんなエンボス加工のバングルも入荷しています。
こちらもキングマンターコイズ。

オールドスタイルの特徴である裏から打ち出すエンボス加工が非常に美しいです。
リングやペンダントにも、エンボスの作品をたくさん入荷しています。
デルバートはワイヤーワークもすばらしいです。
こちらは、パイロットマウンテンを使ったペンダント。

シルバーの厚みが十分にあり、仕上げのオールド感も他のアーティストにはない風合いですね。
一生の財産になる作品です。

Donovan Cadman入荷しました。

ゲーリーリーブスやサンシャインリーブスの兄弟であるドノバンキャドマンのジュエリーが入荷しました!
非常に温厚で、笑顔がステキなドノバン。リーブス兄弟、キャドマン兄弟の作品は似ているようで一人一人得意分野や仕上げの風合いが違います。
ドノバンキャドマンの作品は、細かいスタンプを並べていき仕上げに美しく磨かれるのが特徴です。特に、エンボスやリポウズと呼ばれる裏から打ち出した細かいスタンプが非常に美しいと思います。バングルやリングのサイドに使われる星のような細かいスタンプは、スタンプをして、カットして、つけるという非常に手間のかかる作業で作られています。
ドノバンキャドマンの作品は男性はもちろん女性にも合うデザインが多いので、プレゼントなどにもオススメです!
今後も続々入荷予定です★