ぜひ実物をご覧ください!

ようやく夏らしくなってきたニューメキシコです。
先月からバケーションシーズンに入り、観光地には全米から家族連れが多く見られるようになって来ました。夏になると観光客が訪れたり、ショーが増えたりでジュエラーたちも大忙しになります。
そんな今日は、入荷している数々のジュエリーが、マライカ各店でご覧になれる!というお知らせです。
オンラインショップの商品が、お近くのマライカでご覧になれるようになりました。
デザインやターコイズの色味など、実物をご覧になりたい商品がありましたら、注文画面にご希望の店舗名をご記入いただき、ご注文ください。(※店舗からもご注文できます。スタッフにお伝えください。)
写真では伝わらない細かいところの美しさを、ぜひ実物でご覧になってください!
重みや着用した時の感じなどもお確かめください。
オンラインショップには、クラスタージュエリーも入荷しています。

クラスターは、写真のような細かい石を花のようにデザインしたジュエリーのことで、ナバホ族の人たちが普段よく身につけています。スーパーやフリーマーケット、マクドナルドなどでもよくクラスターのバングルやナジャをつけたナバホの人々を見かけます。クラスターは代々受け継がれることが多く、質屋には多くの古いクラスターがずらりと並べられています。
こちらはある質屋ジュエリーショップでの一枚。

特に儀式の時や記念写真を撮る時は、リング、バングル、ナジャ、コンチョベルトなどすべてクラスターでそろえて着飾るのが伝統的なナバホ族のスタイルです。ナジャは女性が着用することが多いですが、バングル、バックルなどは男性もよくつけています。

写りが悪いですが、インディアンのお祭りでの写真。若い人たちも普通につけています。
シンプルな黒や白のTシャツにナジャを合わせている女性が、コマーシャルに出ていたりもしました。日本でも桃井かおりさんがテレビでナジャをつけていたという話も聞きましたよ。
一つでインパクト大で大活躍のクラスター、ぜひご覧ください。

隠れた凄腕アーティストSteve Wikviya LaRanceの商品入荷!

意外と日本に出回っていないSteve Wikviya LaRanceの作品ですが、現地ではショーの常連でもあり、数々の受賞歴もあります。私達が最初に出会ったのもサンタフェのショーでした。
“伝統的なトゥーファキャストという製法とコンテンポラリーなデザイのミックス”
彼の頭の中で絶妙な融合をとげた作品は、もはやアートと言っても過言ではありません。
最近では白人のコレクターの需要のせいか、だいぶショーもコンテンポラリーの作品に偏ってきていますが、彼の作品はその中でも抵抗なく日本人が取り入れやすいコンテンポラリーなのではないでしょうか。


表面は勿論の事、是非見ていただきたいのが裏面のこだわりです。

全ての作品の裏面に、自身のサインの他、彼の氏族であるサンフェイス、伝説の羊ビッグホーンシープなどが刻まれています。そして表面の燻した表情とは違って、裏面はサンフェイスやサインから放たれているかのような光沢があります。裏面にまで気を遣う、ここにスティーブの作品への気持ちが込められているように思います。
モチーフはシンプルながらも洗練されたデザインと愛らしさは、つけた人を虜にして事でしょう。
是非、店舗で直接質感を確かめて頂きたいスティーブの作品です。
余談ですが、あのGerald Lomaventemaにトゥーファキャストを教えたのも彼になります。

マライカ一押しDarrell Cadman!

今回はナバホのシルバースミス、ダレル キャドマンをご紹介します。
現在40歳のダレルですが、シルバースミスになったのは割かし最近の事であり、92’から本格的に製作を始めました。
ですが、彼の製作意欲は兄弟の中でも1,2を争うほど積極的であり、毎回なんかしらの新しい試みが見られ、私達駐在員も楽しみにしています。
一言でダレルを表すなら”進化し続けるシルバースミス”ではないでしょうか。
数年前の作品をみてみると、今では見られないサンフェイスなどカチナのモチーフなどがあしらわれていたりします。
最近はこのベル(チェーンを通す穴)に使われている小さなスタンプがお気に入りのようで、いろんなアイテムに登場しています。

勿論!彼の手作りのスタンプになります。
同じようで、他ではマネできない風合いがダレルのセンスの良さです。
スタンプは現地で$5位からの値段で、シルバーサプライと呼ばれるシルバーなど材料を取り扱うお店で購入できますが、こだわり派のアーティストは自分でお気に入りを作ります。
そしてこのダレルの刻印の羊の角のようなワイヤーワークをご覧ください。

このタイプのワイヤーワークはなかなか手間のかかる作業らしく、他のシルバースミスはしたがりません。そしてこのワイヤーワークはなかなか腕の差が出るところでもあるです。
ダレルのジュエリーはボリューム感もありつつ、細部まで丁寧に作られています。なので見栄えだけでなく、御着用頂いてる方自身も眺めてうっとりしてしまうジュエリーなのではないかと思います。
最近ではトレーディングポストにコーナーが設けられたりと、売れっ子のダレルですが、天狗になる事なく、日々自分の作品の市場での反応のチェックをしたり、新しい挑戦しています。
“どうだい、これ?”
そういって持ってくる次回作が楽しみです。

可愛い!Alvin Talor入荷しました!

どこのSHOPでも売り切れが目立つ、大人気Alvin Talorの商品がマライカにも並びました。
HOPIのアイテムは普段使いでもいやみがなく取り入れて頂けるのが魅力ですが、現実問題“お高い”のが悩み…
ですがAlvinの商品は、可愛いのにもかかわらずこのお値段!
HOPI入門にはもってこいです。入門といっても、作りは大変丁寧であり長くご愛顧いただけます。
彼の作品はマッドヘッドからココペリ、そして動物などの自然のモチーフが織り込まれています。そしてなんといっても穏やかなこのサンフェイス!

ステキですね、彼自身の性格が現れているかのような穏やかな表情です。
いずれも可愛い雰囲気のアイテムなので、マライカでは贈り物にもできるように小さめの女性サイズも取り揃えております。ぜひ大切な人にどうぞ!
一つ一つ丁寧に作っている為、早い回転ではありませんが、マライカでは今後も彼の作品を取り扱っていきたいと思います。乞う期待ください!

美しい!Ivan Howard入荷です。

マライカ一押しアーティスト、Ivan Howardのジュエリーがたくさん入荷しました!
先日のペリーショーティに続き、彼もオールドスタイルにこだわってジュエリーを作っています。シルバーこそコインではないものの、使うスタンプやワイヤー、ドロップなど細部に至るまですべてハンドメイドで作られています。

このサイドのドロップがすべてハンドメイドなんです!
普通のジュエラーはもうつながっているドロップのワイヤーを買ってつけているんですが(いわばお風呂の栓みたいな感じになっているワイヤーですね)、
彼はシルバーを一個一個丸く溶かして、それをつなげてワイヤーを作るところから始めるんです・・・。恐ろしい手間がかかっています。。。


こちらは超ハイグレードキャリコレイクと組み合わせたペンダント。
ため息ものです。こんなグレードのキャリコレイク、かなりレアですね。
大きさも大きすぎず、ステキです。
他の仕事をしながらジュエリーを副業として続けているだけに、本当にジュエリーに対しての愛情とこだわりが人一倍感じられます。
最近彼の中でバングルにこっているらしく、色々なデザインのバングルを見せてくれます。

他にも色々なスタンプを使って、シンプルなバングルを作ってもらいました。
こちらから。

Perry Shortyコインバングル

インディアンジュエリー好きなら一度は聞いたことのあるペリーショーティ
先日ジュエリーを持ってきてくれました。
新しいバングル入荷していますのでご覧ください。→こちらから
伝説のようになりつつあるペリーですが、ごくごく普通のアーティスト。もちろんジュエリーに対するこだわりは強く、徹底的なオールドスタイルを貫いています。
教会で仕事をしているため、普段はジュエリーをあまり作っていないというのは有名な話です。週に1,2回、一回に1時間ぐらいしか作業をしないそうです。それだけ教会がものすごく忙しい様子。土日もないんだと嘆いていました。
彼がこだわり続けるのは、バングル。
ペンダントやリングは、インディアンジュエリーの中では比較的新しいアイテムです。白人バイヤーがやってきて、こんなのを作ってみたらどうかと提案したり、他の国の人々の好みに合わせて変化して今のインディアンジュエリーがあります。
ペリーは、ナバホがどこの文化からも影響されていない時代のジュエリー作りを貫き通す為、コインシルバーを使い、最小限のスタンプだけでジュエリーを作っていきます。このモチーフはもう作っていないとか、そんな色々な伝説もありますが、彼の芯はシンプルなバングル。なので他のアイテムもたまに作りますが、それは本当にまれだとか。
そんなペリーのこだわりから作られているバングル、完璧なスタンプワークと着けた時のたまらない重量感、ぜひ本物をご覧になってみてください。

本当に彼にしかできない作品ですね。うっとりです。

Navajoのオーバーレイジュエリー

連休真っ只中ですね。こちらアメリカは、連休というものがほとんどありません・・・。それだけバケーションがとりやすいようで、時期に限らず色々なところに皆さん出かけています。
さて、今日はナバホのオーバーレイジュエリーのご紹介。
ホピのオーバーレイジュエリーがたくさん入荷していますが、それに負けない美しいナバホのオーバーレイも入荷しました。
ナバホのオーバーレイとして有名なSteven J Begay。彼のジュエリー、とても有名ですね。彼の作品も揃っています。
今日はそのSJBの甥っ子にあたるCharlie Johnのジュエリーをご紹介します。
チャーリーのジュエリーは、マライカの店舗に入荷するやいなや、大反響でした!!
彼のバングルは、のこぎりを入れてから、その時の気分によってデザインされます。一つ一つ違うというのは魅力的ですよね。
カットの美しさはもちろん、磨きもすばらしく、着用した時のフィット感が心地よく、重さも感じません。重さを感じないので、普段仕事をしていても疲れないですし、女の方にもつけやすいです。
そんな彼のバングル、こちら。

今までは少し作ってはギャラリーなんかに持っていっていましたが、ショーに出展することはあまりなく知名度が低かったため、あまり取り扱っているお店がありません。もちろん日本もです。
そんなCharlie Johnのジュエリーの美しさをぜひぜひ日本の方にも知ってもらいたい!!
というわけでこちらぜひご覧ください。
ターコイズと組み合わせたジュエリーも作ってもらいました。彼は個人的に、ロイストンが好きです。たしかに、このオーバーレイの感じと美しい緑が合う気がします。

今後、ハイグレードターコイズと組み合わせたペンダントも入荷予定です。
お楽しみに!

Micheal Kirk入荷しています。

Artistもののジュエリー、続々入荷しています!
ホピ、ナバホ、いずれも新しいアーティストたちが増えましたので、ぜひご覧ください。
本日は、いわずと知れたフェザーの巨匠、Micheak Kirkの商品をご紹介。
ペンダントや、リング、ピアスも入荷しました。

本当に、本物の羽さながらの彫りが入っていて美しいです。
シルバーはもちろん、ゴールドアイテムやインレイとコンビになった商品も入荷しています。

非常に美しいですね。
↓こちらは、14金のピアス。

もちろん、本人から直接購入した作品です。
マイケルカークは、作る専門。本当に職人さんです。
本人に値段を聞くと、えーっと・・・といっていつも娘さんが登場します。しっかりした娘さんと2人で全国のショーに出かけています。
普段使いでき、スタイルを選ばないので男性にも女性にも人気があります。
イスレタ族の数少ないジュエリーアーティストの作品、ぜひご覧ください。

ホピのアーティスト、Greg Naseyowma

本日はホピの新しいアーティストGreg Naseyowmaについてご紹介します。
日本ではほとんど見ることができない彼のジュエリー、ホピの神話を表現したジュエリーがたくさん入荷しました。
彼のカットの細かさと、ところどころに使われた14金、たまらなくそそられますよ。
こちらは、「4th world」シリーズのリング。

ホピの神話では、現在の世界は第4番目の世界と言われています。
ホピの人々が生きてきた、第1、第2、第3番目の世界と現在の世界を、同じモチーフを4回使うことによって表しています。
グレッグのすばらしいところは、シンプルで使いやすいペンダントから、アートのように細かくカットされた神話モチーフのバックルまで作品の範囲が非常に広いところです。
4th worldシリーズや、フェザー、バタフライなどは普段使いで使っていただけますが、やはりグレッグのものはシンプルでも非常にカットが細かく美しいです。
そしてホピの神話を刻んだジュエリーは、グレッグのホピのスピリットがこめられており、他の人には誰も作ることのできない芸術品です。
こちらが、神話を刻んだバックル。

ジュエリーをオーダーした季節が冬だったので、ジュエリーにまつわる神話を聞かせてもらうことができました。夏の間は、農業などが忙しいのであまり話さないことになっているとか。
冬の間、家族で集まって夜を過ごすときに、そんなホピの神話を語り継いでいくというのが伝統のようです。
そろそろ暖かくなってきたので、ホピでもダンスが始まる季節です。
一つ一つ魂を込めて作られた作品をぜひご覧ください。
こちらから→

Hopiアーティスト多数入荷!

ご要望の多かったHopiのアーティストジュエリーが続々入荷しています。
本日ご紹介するのは、ご存知ジェイソンタカラ
マンインザメイズのカットの細かさが非常に有名ですが、カチナを使ったデザインも本当に美しいです。
14金を使ったペンダントやバングルも多数入荷しています。

彼のジュエリーには、パターン(型)がありません。
頭の中に湧き上がってきたイメージをデッサンし、それをシルバープレートの上に書いてカットしていきます。たとえ同じカチナを使っていても、周りのデザインがそのときによって違かったりします。それだけに、ジュエリーを作るのにも時間がかかりますし、オーダーもたくさん抱えています。多忙のため、年に1.2回しかショーに行かないそうです。
ホピの色々な儀式にも参加していて、本当にいつも忙しそうです。
↓マンインザメイズの作り始め。
穴を開けて、そこに糸鋸を入れてカットを始めます。

↓こちらは、バングルのカットが終わったところ。

彼のジュエリーはカットの精巧さはもちろん、磨きやハンダづけもすばらしく、微妙な加減でドーム上になっているペンダントなども必見です。
もちろん、すべてのモチーフに水の流れやカチナ、祈りの羽などホピならではの深い意味があります。
芸術家ジェイソンタカラの作った重量感のある作品、ぜひ一生の宝物にしてください。