本場のインディアンジュエリー製作が見れます!!

来月、マライカでもお馴染みのナバホのシルバースミス、スティーブ・アルビソ氏が来日する事になりました。
そこで、マライカの一部店舗でシルバージュエリーメーキングのデモストレーションが実現しました!!
当初は2箇所での予定でしたが、おかげ様でかなりの反響頂きましたので、三箇所での開催が決定しました。
11月21日 横浜中華街店
11月22日 青山店
11月23日 心斎橋店

参加費は無料です。
本場のシルバーメーキングと実際にネイティブアメリカンに会うチャンスです!

当日はオールドスタイルのリング、またはブレスレットのデモストレーションを予定しています。ハンドメイドならではの道具や技術が見物です!
カッティングからスタンピングに至るまで、ジュエリーが出来上がるまでの一通りの工程を披露いたしますので、ご期待ください。
私もここニューメキシコにきて初めてメーキングを見たときには
『こんなにも手間ひまかかって、ひとつのジュエリーはできているんだ。』
とかなり感心したものです。
インディアンジュエリーファンは勿論、そうでない方も是非この機会にお越しください。
きっと今まで以上にインディアンジュエリーへの興味が沸くでしょうし、好きになってもらえると思います。
本日はそのデモストレーションに向け、スティーブ宅で最終打ち合わせをしてきました。
スティーブの家は赤土の大きな山のふもとにあり、あたりには広い空、そしてセージ茂る乾いた大地が広がっています。
もう乾いてしまった川の後から地層がみえたり、先代の足跡ともいえるポタリーの破片が落ちていたりします。
このある種、贅沢な環境がアーティストを育てそれがジュエリーに表現されるんだな、と感じました。
こちらがスティーブの家から見える景色です。

スティーブは朝コーヒーを飲みながらカウチから日の出るのを静かに眺めるのが好きなんだそうです。
スティーブのデモストレーションの詳しい情報はこちらから→クリック
まだ間に合います!
お申し込みは10月31日までとなっております。

コンチョベルトに挑戦しよう!

ジュエリーショーやセレモニーの時、必ずと言っていい程ネイティブアメリカンが身につけているコンチョベルト。ここニューメキシコでは普段からよく目にする日常的なアイテムです。
コンチョベルトはナヴァホズ二によく見られるネイティブアメリカン特有の迫力あるジュエリーです。
スペイン人やメキシコ人、または中米地域に住んでいた他の部族の彫金の技術に大きな影響を受けたナヴァホは、早くからコンチョ造りに取り組み、現在のような大変素晴らしいバックルや装飾的なコンチョベルトにまで発展しました。
私たちのオフィスに来るシルバースミスたちからも、自分の娘や息子にお手製のコンチョベルトを造ってあげた、という話をよく耳にします。今度娘の為に造るコンチョベルトに使うターコイスはこんな色がいいんだと、出来上がったバングルの上に収まっているキングマンを指さしながら語ってくれたりします。
インディアンジュエリーと言えばペンダント、リング、ブレスレット。この三つがまず頭に浮かんでしまいますが、ナヴァホのシルバースミスにとってはコンチョベルトやバックルもそれらと同様、非常に身近でかつ特別な思い入れのあるものなのです。
正直、私自身バックルならまだしもコンチョベルトはやり過ぎなんじゃないか?と思っていましたが、ネイティブ達や、ジュエリーサプライで見かける白人達の上手な着こなしを見ると、欲しくて欲しくて堪らなくなりました。

写真の様にシンプルなワンピーススタイルのアクセントとしてコーディネートすると、とっても素敵です!メタルの存在感がボディラインの最もボリュームある部分をカバーしてくれ、結果シルエットも美しく決まります。
マライカスタッフの様なヒッピースタイルがお好きな方はワンピースやチュニックにあわせて良し、カッコよくデニムスタイルともあわせてもさらに良し。インディアンジュエリーを、こだわりと愛情を持って身につけてくれている人には、いつか実際手にとってお試しいただきたいです。

オンラインショップでもご覧いただけますが、先日オープンいたしましたマライカ心斎橋店では、多数のコンチョベルトを始め、バックルも豊富なバリエーションをもってご用意させていただいております。
アーティストそれぞれの魅力が見てとれるバックルは、ベルトアイテムの入門、そして王道として長くお付き合いただけるはずです。コンチョベルト同様、その時どきの装いにあわせてご自身だけのこだわりのスタイルをお楽しみください!
コンチョベルトのページにはこちら→クリック
バックルのページにはこちら→クリック

10月31日といえば!

ここインディアンの街でもハロウィンが盛り上がっています。
スーパーには様々なハロウィングッズが並び、連日盛り上がっています。

お菓子をもらいにくる子供達も、その子供達を待ち構える大人たちも本気の仮装なんだそうです。
二週間とせまったこの時期は家もハロウィンっぽくデコレーションされ、ハロウィンに馴染みのない日本の生活を送っていた私はワクワク感が抑えられません!
さて、ホピの人々にとっても10月31日は特別な日です。
この日にホピでは『バスケットダンス』という伝統的なセレモニーがあります。
各家庭の女性は一から手作りでバスケットを編んでその日にそなえます。
先日ウォーターバードで日本でも有名なウィーバー・セリナの工房を訪れました。
ウィーバーの奥さんもまた、娘の為にバスケットを編んでいました。

バスケットは水辺になどの湿地にあるユッカなどから作られます。まず葉を乾燥させ裂いてゆきます。それに自然の植物から染色し、一目一目水を含ませながら編んでゆくのです。

このわずか直径10cmほどの大きさを編むのに2日は費やしたそうです。なんという手間と時間!!
ホピには第一、第二、第三のメサと呼ばれ村が大きく3つのかたまりに分かれています。そして作るバスケットの編み方も大きく3種類あります。彼女の作るバスケットは第二メサで作られる渦巻き上のコイルスタイルです。
ホピの家庭を訪れると、幾何学やカチナなどのモチーフのバスケットがさりげなく壁に飾ってあります。こうしたバスケットの歴史は深く千年以上も前にさかのぼります。インディアンクラフトの中でも古い歴史を持ち、バスケット作りは女性の仕事とされ、それに対して男性はカチナドールを作ってきました。
バスケットは時に雨を祈ったりとセレモニーで使われたり、日常で大事な作物であるトウモロコシなどを入れるのに重宝されていました。一目一目思いを込めて編んだバスケットには一点ものの価値があり、見ているだけで幸せな気持ちになります。

冬がそこまで来ています!

最近ここニューメキシコでは朝方雨が降って本格的に冷え込む日が続いています。
10月はこんな日が続き、11月に入るといよいよ雪が降るんだそうです。
もうこちらでは朝晩はすっかり暖かなジャケットのお世話になっています。
つい最近までの肌を刺すような日差しから打って変わって、この寒さ!
ここの人たちはニューメキシコには秋がなくいきなり冬が訪れると言います。
さて、インディアン達の冬支度も始まっています。
各自木を切って薪を用意したり、馬の為に干草を蓄えたり!
日本では電気、石油やガスが一般的な暖のとり方ですが、ネイティブ達は今も薪の暖炉を愛用しています。
さて、このシーズン限定でやる事がもう一つ!
“松の実拾い”です。
日本のぎんなん拾いと一緒なのでしょう。
週末になると森のあちこちにトラックがチラホラ、家族揃って松の実拾いをしてる家族をみかけます。

お父さんが木に登って揺らし、子供達が一生懸命拾う姿はなんだかのほほんとしています。
こちらが“ピニョン”と呼ばれる松の実です。

塩と一緒に焦げない様に炒ります。しばらくするとポップコーンのように弾けだしたら出来上がりの合図です。
最近はスーパーに並ぶ果物や野菜もすっかり変わってきました。
山盛りのりんごに大きなパンプキン!
収穫祭が近づいています。

遂に!ゲーリーリーブスの…

コンチョが入荷しました!!
先日のサンシャインに引き続き、本日は兄のゲーリーリーブスのご紹介です!

革物好き、インディアンジュエリー好きの方必見です。
大きさは500円玉程の扱いやすいものをご用意しました。

写真のように、お手持ちの革バックのワンポイントに遊び感覚でつけてみてください!不思議とバックの表情も変わってきます。
また、髪の長い方でしたらゴムに通してヘアゴムにしてもいいですよ!可愛い過ぎないので、髪の長い男性にもオススメです。
力強く、ハンドメイド感のある風合いはゲーリーのスタンプならではです。光過ぎないシルバーもまた他の素材と嫌味なく溶け込みます。
あまり馴染みのないコンチョですが、気軽に楽しんでみてください☆
おじさんになっても遊び心を忘れない彼の性格は作品にもよく出ています。
『かっこいい姿を撮らせてほしい』といった所…
わざとらしいポーズをとったゲーリーのおちゃめショットです↓
 

Sunshineの新作入荷しました!!

朝晩がだいぶ冷え込むようになってきたニューメキシコです。
昼間の日差しは相変わらず強いものの、朝晩はすっかり暖房のお世話になっております。
ネイティブ達はそんな中半袖で頑張っています。
さて、本日ご紹介しますのは、こちら!

サンシャイン・リーブスのリバーシブルペンダントです!

気分に合わせて石の面を表にしてつけたり、逆にスタンプ面を表にして頂けます。
ゴロっとしたフォルムがなんともにくい雰囲気です。
こちら使用している石は“一生もの”として長くご愛顧頂ける希少ターコイズ、『ローンマウンテン』です。石は小さめながら、存在感があります。他には、人気のナンバーエイトでもご用意しております。
ペンダントの大きさも、500円玉程の大きめなものから、5円玉程の小ぶりまでありますので、お好みでどうぞ!男女問わないデザインになっておりますので、カップルで持つのもお勧めです。
チェーンに通すのもいいですが、形が面白いので革紐なんかに通すのもかっこいいです!是非お試しください、カジュアルでつけやすいですよ☆
また、こちらもチラッとご紹介!

さりげないお洒落キーホルダーとマネークリップも入荷しています。
さて、あちこちのオーダーに追われて忙しそうなサンシャインですが、最近ではインディアンマーケットに夫婦揃って参加していました。
あまりオールドスタイルの受けない白人の方向けのマーケットでしたが、彼のブースには人が集まっていました。サンシャインの迫力のあるスタンプのせいでしょう!
そんな彼の普段の生活はというと、まだ小さい息子とテレビゲームのwinで遊ぶ良きパパでもあります。息子とお揃いのマリオのTシャツを着ている姿をみると、思わず微笑んでしまいます。
友達も多く、誰にでもまっすぐで大らかな彼の性格は“サンシャイン”という名前がよく似合います。
数々のショーの受賞歴もある、凄腕スタンプワークを是非ご覧ください!
サンシャインのページはこちらから→クッリク

クラシックな品格を持つジュエリー

本日ご紹介するのはこちらの作品のアーティスト…

スティーブ・アルビソです!
日本ではまだまだ無名なスティーブですが、彼の人気に火がつくのも時間の問題でしょう。
今後、彼自身もシルバースミスとして精力的に活動していく予定で、来年はあちこちのショーに出没するそうです。
社交的で気遣いのできる彼の周りには多くの人望があり、石のコレクターが彼の人柄とジュエリーに魅せられて個人のジュエリーを注文する事も多々あります。
スティーブのジュエリーは最小限の装飾で石を最大限に引きたたせるところが魅力です。日本の禅の美意識に似ているかもしれませんね。足し算ではなく、引き算の美なのです。
“クラシック”という言葉にこだわるスティーブ。
ジュエリー然り、シャツはお決まりのカーボーイブランド、コーラはぺ○シ、厳選した自分スタイルというのを大切にしています。何に対しても誠実である、彼から受けるのはそんな印象です。
そんなスティーブですが、ジュエリー製作は1987年から始めました。
若い頃はカーボーイの新聞の編集長をしていたそうです。仕事でアメリカ、カナダ、あちこちを渡り歩きましたが、行き着いたところは自分のルーツであるナバホのホームでした。
そこでジュエリー製作を始めたわけです。
やるなら一流に、言わずと知れたオールスタイルの巨匠Harry Morgan氏に習いました。
といっても簡単には教えない職人気質のハリー氏。
口説いた末、『作り方は教えないけど、見て覚えなさい。』と言われたそうです。
そこで学んだ事を元にハリー氏のスタイルと自分のスタイルを融合させた現在のジュエリーが出来上がったわけです。結果、スティーブはハリーモーガン、唯一の継承者になりました。
いろんなアーティストの作品に触れる機会がありますが、彼ほど無名であっても自信を持って薦められるアーティストはいません。確かな価値がそこにはあるからです。
シルバーの重厚感と質感、色までもがすべて計算され、美しいです。
是非お手にとってご覧ください!マライカ一押しアーティストです。
余談ですが、スティーブはペリーショーティと同じ地元であり、高校が一緒だったそうです。
またサンシャイン・リーブスとも大変仲がいいです。類は友を呼ぶといいますが、通じるところがあるんですね。
普段は馬が大好きなカーボーイ、その彼が『巨匠』と呼ばれる日は遠くないでしょう。

マライカでは今後グレードの高い石で彼の作品を続々展開していきます!どうぞお楽しみに☆
当店で扱うスティーブアルビソジュエリーはマライカの為だけにデザインしてくれた限定品になります!!

セージとネイティブアメリカン

ニューメキシコもだいぶ日が短くなり、朝晩冷え込むようになってきました。
日本同様、秋めいてきた感じです。
季節の変わり目という事もあって、最近はサンダーストームの日が多いです。

↑空からインクを垂れ流したように見えるところでは、雨が降っています。
ここニューメキシコやアリゾナでは、カルフォルニアのホワイトセージとはちょっと違いますが、こぶりのブルーセージが荒野一面に生えています。
雨が降るとこの生い茂ったセージが雨と一緒に水蒸気となって蒸発し、あたり一面が強いセージの香りに包まれます。雨の匂いと混ざったセージの香りはとてもやさしく、癒されます。

セージはネイティブアメリカンの人にとって、重要な植物になります。
時に治療に、時に煎じてお茶に(ガンに効果があるそうです)、また儀式の際のお清めとして用いられてきました。
ネイティブの民間療法として、風邪を引いたときに水で煮出して、それをタオルに染み込ませ吸引するという方法があります。ミントのような清涼効果があるそうです。
日本でもホワイトセージでだいぶ一般的になってきたスマッジングという方法。
セージを燃やす事によって、その煙りで空間とオーラをスリーンにし、かつクリアにするそうです。
ナバホでは煮出したり、手ですりつぶして匂いを嗅ぐのが一般的ですが、ホピではこのようなスマッジングに用いられるそうです。日本でいう、神社の線香のような感じでしょうか。ホピのトレーディングポストでは紐で束にしたセージが売られているを見かけます。
セージは砂漠地帯の乾いた大地でも葉を伸ばし、厳しい冬の寒さの中でも枯れる事がなく、雪に埋もれても春には元気な姿を再び現します。そのたくましいさからも、ネイティブの人々はセージを“シークレットプラント”と呼んでいます。
現在もセージはネイティブ・アメリカンにとって神聖な存在であり、命にパワーをくれるものとして大事にされています。

Darrell Cadman宅!

本日はダレル・キャドマンのお宅を訪問してメイキングを見せてもらいました。
ダレルと言えば日本でも有名なゲーリーリーブスサンシャインの兄弟ですが、彼の作品は兄弟の中でも一際丁寧な作りで、同じスタンプワークであっても一目見ただけで彼の作品だとわかります。
正確なカッティングに、ズレのないスタンプワークは見ていて秀逸な作品でだと感じます。
そんな彼の最新作はこちら!

こちらキャンデラリアの鮮やかなブルーがマッチしています!!
確かな技術とその多彩なセンスから、いつも世界中からのオーダーに追われ忙しそうです。
オーダーが多かろうと、1個ずつ丁寧に仕上げるのは彼のシルバースミスとしての誇りでもあるようです。
本日彼には“バンプアウト”という裏からスタンプを打ち上げて表に模様を浮き上がらせる技法をみせてもらいました。今主流になっているスタイルから、昔ながらのオールドスタイルまで見せてもらいました。
なにが違うかというと、現在のやり方は鉄の型で上下はさみ打ちにして力強く模様を叩き出すのが主流のようです。
そして昔ながらやり方というのは、パターンをひいてそれに添って幾つものスタンプで一つの模様を浮き上がらせるものだそうです。
オールドスタイルは手間がかかる分、一回ずつ同じ模様でも打ち出された表情が違いますし、味わいがあると感じました。
こちらがそのオールドスタイルでバンプアウトされたものです。


このレポートは後ほどホームページに詳しくアップしますのでお楽しみに☆
ジョークの好きなダレルは冗談交じりにとても親切に教えてくれました。
面白かったのが、シルバースミスでもある父アンダーソン・キャドマンが同じく横でジュエリー製作をしているのですが、ダレルがバンプアウトの合図をだすとおもむろに専用の耳栓をするのです。

その光景が不自然なのに、二人にとってはごく自然なのが笑えました。
二人の仲の良さもまた居心地が良かったです。

ナバホとラグ

先日ナバホのアーティスト、アーノルドグッドラックのお宅にお邪魔しました。
彼の家には大きな牧場があり、ローピングの常連でもあるアーノルドが乗馬を教えてくれるというのです。
元々スペイン人がアメリカの地に持ち込んだをされる馬や牛や羊ですが、狩猟民族のナバホ族とは深い繋がりがあるようです。ズニやホピではすっかり見かけなくなった馬ですが、ナバホの居留地では今も別に大切に飼われています。
さて、乗馬が終わりお待ちかねのデイナーになりました。
アーノルドの家では料理上手な奥さんがいつもフライブレッドやナバホシチューなど伝統的な料理をご馳走してくれます。この日のメニューはマトン(子羊)のシチューでした!
夕食をとりながら、お互いの文化の違いについて話をしているうちに、すっかり話はラグになりました。
先週のインディアンマーケットにてサンシャイン・リーブスの奥さんもラグを出展していましたが、ナバホの女性にとっては編み物の様に、一つの趣味のようです。せっかくなので、アーノルドの奥さんに今製作中という織りかけのラグを見せてもらいました。
1、羊の毛から毛糸玉を作る

このような道具を使って、羊の毛を伸ばして紙縒りながら糸状にします。
こうする事で糸がとても丈夫になるんだとか。
2、毛糸を自然の染料で染める
居留地には様々な植物が生えています。その自然の色を煮出して毛糸を染めます。
3、織る
縦にピンと張った糸に毛糸を編みこみ、“ヘラ”と“くし”を使って間を積めながら模様を織り出します。

このヘラとくしは曾祖母から受け継がれたものだそうです。


年期が入っていますね!!
ラグとナバホ族には深い歴史があります。
元々綿で織物をしていたナバホですが、織物は酋長が雨乞いの儀式で厳しい自然から身を守るものとして使われてきました。
それが19世紀に入ると、ヨーロッパ系の白人に人気が出て、白人向けのラグへと姿をかえました。それに向け、綿から羊の毛に移り変わったのもこの頃です。
ですが、人気に押され生産されたラグは次第に質より量になってしましました。そこで活躍したのがトレーディングポストを営む白人達でした。
彼らは東洋の優れた技術を融合させたり、オリジナルのパターンを編み出したり、PR活動をするなどして、一度廃れてしまったラグの再び命を取り戻しました。
今日では時間がかかる為、日常で織る人はだいぶ減ってきましたが、今でもショーなどでは素晴らしいラグを見かけます。そして、子供達も織り方を親から引き継いでいるそうです。
アーノルドの奥さんのラグ、1m×1m半の大きさですが、完成は一ヶ月後だそうです。
出来上がりが楽しみです!